半年で仕事を辞めたいときにするべきことは?(辞めるべき人・辞めるべきでない人)


働き方は多様化している

「仕事を半年で辞めたい」という方に対して、一般的には批判的な意見が多いようです。「結論を出すのが早すぎる」「もう少し頑張ってみれば」「根気がない」などと、考え直すことを促されるケースが多いのではないでしょうか。

しかし、働き方の選択肢が多様化した今日、向かない仕事を続けるよりも、さっさと決断を下し、方向転換するというのも、また一つの考え方。考え抜いたうえで、覚悟を持って、出した結論なのであれば、まわりの意見に左右されず、次の一歩を踏み出してみる勇気も必要なのではないでしょうか。

ここでは「仕事を半年で辞めたい」と悩んでいる方に対して、実際に半年で仕事を辞めた経験を持つ私自身から、僭越ながら、アドバイスをさせていただきたいと思います。少しでも、迷えるみなさんのお役に立つことができれば幸いです。

仕事を半年で辞めた方がいいのか否か(辞めた方がいい人、辞めない方がいい人)

仕事を半年で辞めたいと感じた時、辞めても成功する可能性が高い人(辞めた方がいい人)、辞めると失敗する可能性が高い人(辞めない方がいい人)」とは、どんな人なのでしょうか。「辞めない方かいい人」を例に挙げて、考えてみましょう。

何度も仕事を辞めることをくり返している人は考え直すべき

当たり前のことですが、同じことをくり返しているということは、失敗をくり返しているということです。一度、しっかりと自分自身を見つめ直して、中身のない行動になっていないか、検討し直すべきです。

現実が見えておらず夢見がちな人は要注意

さしたる根拠も、将来のビジョンもなく「辞めさえすればいいことが待っている」と感じていたり、「仕事を辞める自分の行動力に酔いしれていたりする傾向がある人」は要注意です。辞めた直後は、高揚感で、充実感に満たされるかもしれませんが、すぐに平常心に戻り、後悔することも少なくありません。

「隣の芝生が青く見える」タイプの人は要注意

他の人や会社がうらやましいと強く感じるタイプの人は要注意です。このタイプの人は、求人票や転職エージェントの甘い言葉に、転職したはいいものの、いざ働いてみると、以前の会社の方がよかったと思えることが少なくありません。

他の良さを知ると同時に、現状の良さも再認識してみるべきでしょう。逆に、これらの内容を読んで、「自分は大丈夫、心配ない」と思えるのであれば、あなたは「辞めても成功する可能性が高い人」だと言えるでしょう。

仕事を半年で辞めたいときに相談するといい相手

先述したように、「仕事を半年で辞めたい」という思いに対して、一般的には、否定的な意見が多いと思います。しかし、相談する際には、なるべく多くのさまざまな意見を聞いてみるべきです。「辞める」ということには不安がつきまといますし、ついつい肯定的な意見を求めたくなりますが、「忠言耳に逆らう」ということわざにもあるように、耳の痛い意見にこそ、あなたのことを真剣に考えてくれる「思い」があります。

もちろん、人間的に信頼できる人、感情的にならない人などの人選は必要ですが、あなた自身の覚悟を確かめる意味でも、否定的な意見を聞いて、自分自身に改めて問いかけてみる必要があります。逆に、相手の否定的な意見に対して、しっかりと反論できるようであれば、あなたの覚悟と熱意は相当なものなのでしょう。胸を張って、挑戦してみればいいと思います。

半年で仕事を辞めた人に転職は可能か

半年で仕事を辞めた人に転職は可能なのでしょうか。実際には「年齢」「能力」「職種」などの個人的要素が大きく作用しますので、一概に可能だとは言い切れません。「どれだけ具体的なビジョンを持って、転職したのか」「事前の準備や情報収集がしっかりできていたのか」「本人の熱意や、やる気が十分あるのか」などの要素も、大きくかかわってきます。

しかし、「本人のやる気や仕事に対する愛情」「自分の適性をしっかり把握すること」の二点を誤らなければ、道は開けるといえるでしょう。仕事が好きであり、その仕事に熱意をもって取り組むことが出来れば、かならず仕事はみつかります。

ただし、自分の適性を見誤っており、その仕事で食べていくことができないレベルなのであれば、「趣味」には成り得ても「仕事」には成り得ません。この点をもう一度再確認し、これらを踏まえたうえで行動することが重要だと言えるでしょう。

半年で仕事を辞める前にするべきこと

半年で仕事を辞める前にするべきこととは、何なのでしょうか。いくつか挙げてみましょう。

転職先に関する情報収集や転職活動

仕事をしながら、次の転職先をみつけることは、可能ですし、効率的だと言えます。しかし、現在の仕事先にばれないように内密にことをすすめることは重要です。

今後の具体的なビジョンの確立と、対策(経済面、保険など)

仕事を失って、もっとも困るのは、経済面での損失だといえるでしょう。失業保険、傷病手当などを有効に活用し、次の仕事をみつけるまでの経済的面での安定を確保しておくことも重要です。このことが、精神面での安定にもつながり、よい転職先をみつける行動へとつながります。

仕事を辞める上での引継ぎなどの事務処理

「どうせ半年たらずで辞めてしまう仕事、もう会うこともないし、おざなりでいいや」と思ったら大間違いです。案外、世間は狭いもので、今後どこでどう、現在の職場と関わることがあるやもしれません。また、あなたという一個人の評価を貶める行為は、できれば避けたいもの。「立つ鳥跡を濁さず」の精神で、きちんと締めくくりたいものです。

人間関係を整理して見直す

先述した内容にも通じるものがありますが、現在の職場で、あえて苦言を呈してくれた信頼できる人々との交流は、今後も続けていきたいものですし、そのつながりが、転職後にもあなたのプラスになる可能性もあります。そのような方々には「半年で仕事を辞める」ことで、少なからず迷惑をかけるわけですので、誠意をもって謝罪をすることは必要です。

職種によっては、自分専用の顧客を、根こそぎ転職先に持っていってしまうなどというケースもありますが、それによって失うものもあることを覚悟して行動することも必要ですね。やはり基本は「人対人」。誰かを不幸にしたり、不快な思いをさせたりするのであれば、そこにネガティブな思いが生まれ、いつかは自分に返ってくる可能性があることも念頭に置いておくべきでしょう。

仕事を辞めたらフリーランスという選択肢もある

仕事の選択肢や、可能性が広がった現在では、フリーランスで働くことに対する抵抗感も薄れつつあり、仕事の内容の幅も格段に広がりつつあります。フリーランスという選択肢は、「時間を自由に使える」「人間関係のトラブルが少ない」「内容や仕事量によっては、高額な報酬が見込める」などのメリットがあります。

しかし一方で「すべての責任は自分で負わなければならない」「保険や確定申告などの手続きが面倒」「収入額が安定しない」などのデメリットがあるのも事実です。自分が「フリーランス」という働き方にむいている人材なのか、よく検討してみてから、行動に移した方が良さそうですね。

おすすめの方法としては、会社員を続けながら、副業としてスタートしてみること。これによって、事前に仕事内容を把握できますし、メリットとデメリットを具体的に比較検討しやすくなります。「半年で仕事を辞める」という思い切った行動に出る前に、一度トライしてみてもいいのではないでしょうか。

思い切った行動も大切

いかがでしたでしょうか?辞めることはいつでも可能ですので、十分に検討し、覚悟が決まったのであれば、ある程度の思い切った行動も必要だと思います。副業という選択肢を選んで、比較検討しつつ、夢に近づくという方法も現実的であると言えますね。

最後にモノを言うのは、あなた自身の「やる気と熱意」です。あなたの中に、これが確実に存在するのであれば、大丈夫なはずです。思い切って、次の一歩を踏み出してみてくださいね。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。