新卒が会社をすぐやめる理由とは?新卒が会社を辞める際の対処法


新卒がすぐ仕事を辞めてしまう理由

新卒が仕事をすぐやめる理由はギャップからくる場合が多いです。まず、高校や大学である程度自由な時間を謳歌していた学生は、時間の融通が効かない社会人生活に順応するのに時間がかかります。また、仕事というのは最初の内はうまいこといくことが難しいです。そのため、晴れやかな未来を描いていた学生にとってはネガティブな側面を想像することができなかったのです。

そしてそれだけではなく、入社した会社でやろうとしていたことが自分の想像と違っていた場合も大きなギャップを感じてしまい、自分のいるべき場所がここではないと思い始めます。そして、これらのことは新卒社会人に強いストレスを感じてしまいます。そのストレスは新卒社会人の心に重くのしかかり、会社をすぐやめるという結果に繋がるのです。

新卒の平均離職率は意外と高い!?

新卒の平均離職率は宿泊業や飲食、教育、レジャー関連、小売りなどが非常に高く、高いところで50パーセントを記録しているという現状があります。せっかく苦労して入社したのにも関わらず、多くの人が離れていってしまうのには理由があります。

そのひとつが給与への不安です。これらの業界は他のところと比べると給与が低い傾向にあります。寝る間を惜しんで働いても金銭面で納得できなければ、希望に満ちていた新卒者が失望してしまうのも致し方ないといえるのかもしれません。

また、時間外労働が多い業界としても知られているのがこれらの業界です。そのため、なかなか自分の時間をとることができずにストレスがたまっていくばかりであるといえるのです。その他にも福利厚生がしっかりとしておらず、働くことに不安がある企業が多いことなども理由として挙げられるでしょう。

とはいえ、新卒の平均離職率が低い業界もあります。製造業や金融業、鉱業などが挙げられます。これらの業界は離職率が10パーセントを切るところもあり、それだけ安定した職場が多いといえるでしょう。理由は給与面・福利厚生の充実が挙げられます。やはり経済規模の大きい、かつ大企業の多い業界というのは労働者への待遇もよくなってくるといえそうです。

新卒の離職率が高い業界ランキング

さて、ここからは業界ごとに分けた離職率の高さをランキング形式で、離職率の高いものから紹介していきます。これから就活を控えている学生の方々にとっても、業界研究の一環で目を通しておくと良いかもしれません。

宿泊業・飲食サービス

トップの離職率を記録しているのが宿泊業・飲食サービスです。新卒の離職率は50パーセント代を越しており、業界に深刻な影を落としているといえるでしょう。

教育

教育関連も高い新卒の離職率を記録しています。40パーセント強の離職率はとても高いものであるといえます。教育系全てがそうとはいえませんが、背景には営業の過酷さがあると昔から言われているようです。

レジャー

レジャーも教育関連と同じくらいの40パーセント強の離職率です。不定期な休日や肉体労働などが背景にはありそうです。

小売り

小売り業も新卒の離職率で高い数値を記録しています。30パーセント強といったところです。

医療福祉

医療福祉は新卒の離職率が30パーセント強あります。高齢者の介護や病人の世話は国家にとって必要なことであるので、離職率は非常に問題であるといえるでしょう。

不動産

不動産業も新卒の離職率が30パーセント強あります。

研究

研究分野も過酷な研究競争にさらされることと、自分の思ったような研究ができないという理由から新卒の離職率が30パーセント代あります。

建設

建設業は新卒の離職率が20パーセント強です。

卸売り

卸売り業は新卒の離職率が20パーセント強です。

情報通信

一昔前、情報通信業界がうなぎ登りに業績を伸ばしていた時代であればブラック企業も多いと言われていた業界ですが、今では給与面も福利厚生もしっかりとしてきており、新卒の離職率は20パーセント代にとどまっています。

運輸

肉体労働のイメージが強い運輸業界ですが、新卒の離職率は情報通信業と同じくらいで推移しています。

製造

製造業は割と新卒の離職率が低く、10パーセント強といったところです。

金融・保険

新卒の離職率は10パーセント強といったところで、業界全体でみても低めであるといえます。

鉱業

鉱業は離職率が非常に低く10パーセントを切る割合で推移しています。

新卒が会社を辞めるベストなタイミング

新卒が会社を辞めるベストなタイミングは二通りの考え方があります。まずひとつ目が「できるだけはやく」会社を辞める考え方です。新入社員はまだ会社に貢献することができないのが一般的です。そのため、会社に迷惑をかけないためにもできるだけ早く辞めた方がよいという考え方なのです。

ふたつ目の考え方が「とりあえず3年続けてみる」という考え方です。入社してからすぐやめるという行為は多かれ少なかれ転職活動に悪影響を及ぼす可能性があります。「この人間はうちに入っても同じようにすぐやめてしまうのではないか」と思われてしまうかもしれないからです。そのため、とりあえず3年間続けてキャリアに傷がつかないようにしてからやめるという考え方であるといえます。

どちらもベストなタイミングであるといえます。というのも、辞職するのはあなたが決めることであるからです。慎重に考えるとよいでしょう。

新卒が会社をすぐ辞めたいと思ったときはどうすればいいのか

新卒で入社してすぐやめることはあなたの人生に大きな影響を与えます。それだけ大きな決断であるということです。そのため、会社をすぐやめるという選択肢を考える前に一度リラックスして考えましょう。リラックスの方法な何でもいいです。自分の好きなことをやって落ち着いた頭で考えるのです。そうすれば、自分がやるべきことが見えてくる可能性が高まります。

また、会社をすぐやめるという気持ちが本気の場合でも色々と考えなければならないことがあります。まず、金銭的に生活できるかどうかです。すぐやめるということは失業保険もおりないことがあります。そのような状況で自分の生活を続けていくことができるでしょうか。もしできないようであれば、もう少し冷静になって考えることをおすすめします。

次に、会社をすぐやめることによって精神的につらくならないかということも考えるべきです。会社を辞めたと学生時代の友人にあって顔向けできるでしょうか?自分に自信を持つことができるでしょうか?これらのことを後悔しないと決心したのであれば会社をすぐ辞めるという選択肢をとってもよいでしょう。どういう選択肢をとったとしてもあなた自身の人生です。

人生に正解はありません。自分の人生がよりよい方向進むと思った道に舵をとるようにしましょう。そうすれば、自ずと道が開けてくる可能性が高まります。

会社をすぐ辞めるときにしなければいけないこと

会社をすぐやめるからといって、社会人のマナーはきっちりと守ることをおすすめします。まず、会社の人間にはお礼をいいましょう。受け取ってくれるかは別としてお菓子などを用意するとよいでしょう。また、自分のデスクなどは退職する前に綺麗にしておくことも忘れないようにしましょう。

そして最も大切なことの1つが、会社を辞める理由を聞かれたときの対処です。会社をやめるときに、何故かと聞かれたらごまかすのではなく、しっかりと自分の思いを伝えましょう。そうすることによって会社側が納得してくれる可能性が高まります。

会社を辞めた後のことについて

会社をすぐやめるという選択肢をとったからといって、退職してしまえば、その会社はあなたの職場ではなくなります。そのため、過去のことはあまり深く考えず、ひとつの経験として今後の人生に生かすことをおすすめします。あまりにくよくよしすぎると転職活動でもうまくいかない可能性が高まりますので要注意です。

また、転職活動ですぐやめるという選択肢をとった理由を聞かれたら、うまくはぐらかすことは必要です。決して「つまらなかった」など、社会人が聞いて呆れるようなことを言わないようにすることが賢明であるといえるでしょう。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。