会社で嫌われてしまったときこそ大切な心構えと対処法


会社で嫌われたとき好かれるためにするべきこと

嫌われた原因について考えてみる

会社で嫌われてると感じた場合、大抵の場合は原因があります。徐々に嫌われていったのか、あるひとつの出来事や原因によって嫌われてるのかは異なって来ますが、この原因を正しく把握することによって、現状を改善し、過ごしやすい会社環境を手に入れられるかもしれません。
自分を嫌っていると思われる相手に直接理由を聞くのはなかなか難しいことも多いですから、まずは「自分のどんなところが悪いのか」「自分の弱点や悪い癖はどんなところにあるのか」を考えてみましょう。独善的な態度を取りがちなっていたり、自分勝手に行動しやすかったりしませんか?状況を読み、コミュニケーションを行ってお互いの業務をスムーズに進める努力をしているでしょうか?常に否定的な意見ばかり言ったり、些細なことですぐに機嫌が悪くなったり、誰かの悪口や陰口を頻繁に言っていたりすると、会社で嫌われてることが多くなりやすいので気を付けましょう。

自分から相手を好きになるようにする

嫌われてる相手に対しては、つい自分からも嫌ってしまいがちです。しかし、それではお互いの距離はなかなか縮みにくいですし、相手にも嫌われてるままになってしまうことが多いです。心理学的な観点から考えても、「自分を嫌っている人」と「自分を好いている人」では、後者の方が圧倒的に好かれやすいです。相手に対して好意的な態度を出すようにすると共に、相手の良いところを見つけていく努力をしてみましょう。好きな気持ちを持つだけでも、状況は改善に向かって進めやすいです。

挨拶や言葉遣いを丁寧にする

挨拶をしない人や、言葉遣いが荒っぽい人は、嫌われてることが多いです。相手から挨拶をされたのに、つい無視してしまう人は嫌われてる可能性が非常に高いです。笑顔でほがらかに、きちん挨拶をするようにしましょう。丁寧で気持ち良い挨拶と言葉遣いをするだけで、人としての印象は段違いに良くなるものです。嫌われてる相手からの印象も良くなる可能性は高いでしょう。

会社で新人が上司に嫌われた時の対処法

勤務態度を見直してみよう

実はあなたの勤務態度が、知らず知らずのうちに上司にとってマイナスの印象を抱かせているかもしれません。遅刻をしない、無断欠勤をしない、挨拶をきちんとする、丁寧な言葉遣いで接する、返事はきちんとする、真面目に仕事をするなど、当たり前のことですが、慌ただしくなってくるとつい抜け落ちてしまいがちなところでもあります。新人にとって、出来ないことがあるのは当たり前です。質問をきちんとして、フィードバックから学べることを増やしてみましょう。

受け身な姿勢を改善していこう

上司によっては、積極性のない新人を嫌う傾向にあります。仕事はとにかく積極的に動くほど評価するタイプの上司に対しては、これまでの姿勢を改善して、どんどん声をかけ、アグレッシブに働いていくと良いでしょう。嫌われてる上司からも、「最近がんばっているな」というプラスの評価をゲットしやすくなります。むしろ嫌われてるからこと出来るギャップからの信頼度アップの方法です。

新人が上司から信頼を取り戻す方法

常に素直な姿勢を持つようにする

注意や指摘を受けたとき、つい反抗的な態度を取ってしまっていないでしょうか?言葉にしなくても、表情や仕草など、態度のちょっとしたポイントに不満がにじみ出ていると、上司から嫌われてる原因になってしまうことがあります。上司からの注意や指摘は素直に受け取め、指導のお礼をきちんと言って、以降の業務に的確に反映していけるようにしましょう。

コミュニケーションを積極的にとるようにする

会社内で円満な人間関係を構築していくためには、コミュニケーションは不可欠とも言えるでしょう。特に上司の場合、新人の指導や今後の方向性について、人柄や考えを踏まえた上で決定していきます。アドバイス方法ひとつとっても、まったくコミュニケーションを取っていない相手に対しては、どうしたら良いのか迷ってしまうことも多いものです。上司からの問いかけには、出来るだけ素直かつ丁寧に答えるようにしましょう。何気ない雑談をあからさまに適当に返していたり、ぶっきらぼうな態度でいたりすると、上司からの評価はマイナスになってしまいがちです。愛想の良い笑顔や、話題に乗れる柔軟性を磨いていけるようにしましょう。

会社で嫌われたら会社を辞めるべきか

会社で嫌われてしまうと、仕事に対するモチベーションが下がってしまうことも多いでしょう。他者とコミュニケーションをするのが難しくなってしまい、嫌われてる相手とはいっしょに働きたくないと感じてしまうことも少なくありません。人間関係が良好であれば、業務もスムーズかつ楽しく進めやすいという一方で、人間関係が悪いばかりに、本来であればもっと積極的に進めていきたい仕事内容に関しても、気持ちが後ろ向きになってしまうことは少なくないのです。
もちろん、会社で嫌われてるからと言って、すぐに退職しなければいけないわけではありません。その相手に嫌われてるとしても、仕事上問題がなければ続けても良いですし、改善を図っても良いでしょう。嫌われてるという理由でクビになってしまうわけでなければ、あなたの意思を最優先事項にしましょう。

しかし、嫌われてる相手や状況によっては、現状がマイナスに働き、あなた自身の社会人としての評価を低下させてしまう可能性もあります。給与査定で良い実績を上げられず、昇給のチャンス逃してしまうこともあり得ます。コミュにムーションにおける問題があるとされれば、昇進のチャンスを失ってしまう可能性も十分あり得ますから、効果的な改善策を具体的に実施していくのはおすすめです。

会社を辞めたらフリーランスという選択肢もある

自分以外のスタッフとの関わり方は、実際の会社や、担当している仕事内容によって非常に様々です。人間関係があまり関係なく、オフィスとしてもあまり他者との関わりが存在しないようなシチュエーションであれば、誰かに嫌われてる状態であっても、問題なく仕事を進められるパターンはあるでしょう。
しかし、他のスタッフとの交流が盛んであったり、コミュニケーションを積極的に行わないと、業務そのものに支障をきたしてしまうような職場は非常に多くなっています。スタッフに嫌われてることで、接客や営業など、社外の人との関わりも難しくなってしまっては勿体ないものです。本来であれば発揮できたはずのあなたの実力や、達成できたはずの会社としての目標値まで下がってしまう可能性がありますから、無理をして会社勤めを続けるばかりが、会社内の誰かに嫌われてる状態の打開策ではないのです。

フリーランスとは、会社内の人間関係にデメリットを多く感じるようになった人にとって、重要な選択肢のひとつです。フリーランスであれば、嫌われてる相手と深く関わらなくて済みます。自分のペースで仕事をすることが出来ますし、会社の制約にとらわれずに済むため、自由度が高く働くことが出来るでしょう。会社に所属していると、どうしてもトータル的に担当しなくてはいけない業務が増えてきますが、フリーランスであれば、より自分の持ち味を活かした仕事に絞っていくことも可能です。出勤や休日に対しても、自分の都合でうまく調整しやすくなります。嫌われてる相手と働くのが嫌になってしまったら、会社に所属する以外の選択肢があることも考え、より良い進路を正しく選びとっていけるようにしましょう。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。