システムエンジニアにおすすめの資格一覧


システムエンジニアにおすすめの資格一覧

現在プログラマーとして活動している方には、いずれはシステムエンジニアとしてキャリアアップしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。システムエンジニアは開発依頼者の要望に基づいて要求分析を行い、基本設計から詳細設計、リリース後のアフターケアにいたるまで、様々な業務をこなす職業です。プログラマーよりも上流工程を担当することが多く、システムエンジニアは一般的に、プログラマーよりも好待遇で雇用されています。

システムエンジニアになる人間には、システム構築に関してより深い知識が求められます。誰かが設計したプログラムを打ち込むだけでなく、開発依頼者の要望に沿ったシステムをイチから設計しなければならないからです。また、開発したシステムに何らかのトラブルが起きたとき、改善策を打ち出すのもシステムエンジニアの仕事です。そのためシステムエンジニアになるためには、一緒に開発を行うプログラマーから信頼を得るための膨大な知識と経験が必要になるのです。

数年間プログラマーとして実際に現場で働くことで少しづつ知識と経験を蓄えていくのも一つの道ですが、本気でシステムエンジニアを目指すならIT関連の資格取得をおすすめします。実際、システムエンジニアを擁する企業では社員にIT関連の資格取得を推奨しているところも多いです。資格取得に向けて勉強することで、通常の業務だけでは知りえなかった知識を得たり、システム構築に関してより深く理解することができるからです。

企業によっては、特定の資格を取得している社員を優遇したり、資格を持っている方にしか出来ない業務が用意されていることもあります。システムエンジニアとして活動していくためには、いくつかのIT関連資格の取得を避けて通ることはできないと言えるでしょう。

IT業界でも取得が推奨されている資格はいくつもありますが、特にシステムエンジニアが取得しておくべきおすすめの資格は以下の通りです。

  1. 基本情報技術者試験
  2. 応用情報技術者試験
  3. システムアーキテクト試験
  4. ネットワークスペシャリスト試験
  5. オラクルマスター

数あるIT関連資格の中でも、この5つはシステムエンジニアになるためには絶対とっておきたい資格です。それぞれの資格の特徴や難易度については、以下の項目で詳しくご説明していきましょう。

SEにおすすめの資格1:「基本情報技術者試験」

基本情報技術者試験は、IT関連の資格の中でも最も多くのエンジニアが取得している資格です。「基本情報」と略称で呼ばれることからも分かる通り、IT技術に関する基礎的な知識を問われます。

試験範囲は、コンピュータ科学基礎から、システムの運用、セキュリティ、情報化と経営に関わることまで幅広く、合格のためにはIT業界に関わる幅広い知識量が必要になります。

IT関連の国家資格の中では、最も基礎的なIT知識を問う試験であるため、システムエンジニアのみならずプログラマーでも取得しておくべき資格です。基本情報技術者試験の出題範囲は本職のエンジニアにとっては初歩的な知識が中心であるため、IT業界で実務を積んでいる方にとってはそう難しい資格ではありません。

ただ、試験は午前の部と午後の部に分かれており、特に午前の部は広い範囲からIT用語などの問題が多く出題されるため、暗記力が必要になります。本職のプログラマーであっても、参考書によく目を通して暗記問題対策をしておいたほうが良いでしょう。

基本情報技術者試験は全国の試験会場で年に2回実施され、毎回6万人~7万人ほどの受験生が挑戦します。この資格を持っているとIT企業への就職に有利であるため、全国の大学生や専門学生が多く受験しており、受験者の平均年齢は19歳~21歳となっています。しかし全体の合格率はおおよそ20%~30%ほどで、合格者の平均年齢は24歳~25歳と、実際に合格しているのはエンジニアとして働いている方が多いようです。

基本情報技術者試験は全てのIT関連資格の基礎とも言える資格です。この資格を取れるだけの知識が無ければ、他のIT資格を取得することは難しいでしょう。まさに、システムエンジニアの登竜門とも言うべき大切な資格です。またIT関係の資格を何も取得していないという方は、まず最初に基本情報技術者試験を狙うことをおすすめします。

SEにおすすめの資格2:「応用情報技術者試験」

応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験よりもさらに高度なIT知識を問う試験です。
2008年まで「ソフトウェア開発技術者試験(ソフ開)」と呼ばれていたので、そちらの名前に聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。
基本的に、すでにソフトウェア開発技術者試験を取得している方は応用情報技術者試験を取得し直す必要はありません。

応用情報技術者試験は、数年以上の実務経験を積んだプログラマーやシステムエンジニアが取得を目指す国家資格として知られています。
合格率は18%~22%程度で、一見すると基本情報技術者試験の合格率と大差ないように見えますが、応用情報技術者試験の受験者には実務経験を積んだプロのエンジニアが多く、学生の受験者が多い基本情報技術者試験より受験者のレベルが高くなっています。
合格率以上に難しい試験だと考えて臨みましょう。

プロのエンジニアでも気を抜くと合格できないほど難しい試験ですが、それだけに応用情報技術者試験に合格することはシステムエンジニアとしてのキャリアアップに大変役立ちます。
多くのIT企業では、応用情報技術者試験を持っている方を優遇しており、転職の際にもかなり有利になります。
システムエンジニアを目指すなら応用情報技術者試験にチャレンジしておいて損は無いでしょう。

SEにおすすめの資格3:「システムアーキテクト試験」

システムアーキテクト試験は、試験制度でスキルレベル4の高度情報処理技術者試験に含まれる難易度の高いIT資格です。
要件定義や外部設計など、システム構築の上流工程を担うシステムエンジニアを対象としています。

広い範囲の問題を少しづつ出題する傾向のある基本情報技術者試験や応用情報技術者試験に比べ、システムアーキテクト試験は狭く深く、より専門的な分野から出題されます。
主に情報システム全体の設計に関わる範囲が出題され、システムを効率的に動かす技術や、複数のシステムを連携させる方法など、とても実務的な知識が必要です。
そのため合格者のほとんどは実際にエンジニアとして活動している方で、学生の合格者は毎回数えるほどしか出ません。

プロが挑む資格にも関わらず、合格率は15%前後とかなり難しい資格ですが、この資格を取得している方はIT業界でも有能な人材として重宝されます。
上級システムエンジニアとして認められるためには、ぜひ取得しておきたい資格といえるでしょう。

SEにおすすめの資格4:「ネットワークスペシャリスト試験」

ネットワークスペシャリスト試験は、高度情報処理技術者試験に含まれる難易度の高いIT資格です。
ネットワークシステムの構築や運用に関わる範囲が出題され、ネットワークの設計担当者や管理責任者を対象としています。

難易度はシステムアーキテクト試験と同等のスキルレベル4に指定されており、合格にはネットワーク技術の高い専門性を必要とします。
合格率は15%前後と低く、プロのエンジニアでも簡単には合格できません。

しかしネットワークスペシャリスト試験を取得済みのエンジニアは、ネットワークシステムの構築と運用に携わる全ての業務で重宝されます。
インターネットの普及と共に、IT業界でもネットワークに造詣の深いエンジニアが益々必要な人材となってきました。
ネットワーク技術を専門としたシステムエンジニアを目指すなら、ネットワークスペシャリスト試験の取得をおすすめします。

SEにおすすめの資格5:「オラクルマスター」

オラクルマスターは、日本オラクル社が実施しているデータベース認定試験です。
今回ご紹介した中では唯一国家資格ではありませんが、データベースの運用管理に関わる重要な知識を問う試験であり、世界でも通用する資格として知られています。
データベース管理者、アプリケーション管理者を目指す方にはぜひ取得をおすすめしたい資格です。

オラクルマスターの試験は4つの難易度に分かれており、下からブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナとなっています。
ブロンズに合格してからシルバー、シルバーに合格してからゴールド…という具合に、下位の資格を持っていなければ、次の段階には進めない仕組みになっています。

実務経験のある方には、一番下のブロンズの取得はそう難しくありません。
しかし、シルバーからは一気に難易度が上がり、プラチナまで取得できればどの企業に行っても恥ずかしくない一流のデータベース管理者と言えるでしょう。

システムエンジニアにとって、データベース管理は絶対に必要なスキルのひとつです。
特に専門分野が無く、勉強し直して特化したジャンルを作りたいという方にはオラクルマスターをおすすめします。

システムエンジニアになるために資格は必要なのか

システムエンジニアという職業には、絶対に取っておかなければならない必須資格というものは存在しません。基本情報技術者試験や応用情報技術者試験などは国家資格ですが、これが無ければシステムエンジニアを名乗れないというわけではないのです。

しかし、システムエンジニアとして認められるためには、こうしたIT資格を取得できるだけの知識量は絶対に必要です。自分の持っている知識が実務に通用するのかどうか確かめるためにも、いくつかの資格は取得しておくことをおすすめします。

特に、現在フリーランスで活動している方や、転職を考えている方はIT関連の資格を取っておくと有利です。IT資格は初対面の方にも、システムエンジニアとしての資質を伝えるための分かりやすいバロメーターになります。高度情報処理技術者試験などの資格を持っていれば、フリーランスでも仕事を取りやすくなりますし、転職の場合にも採用されやすくなります。

また、IT業界は年々進化を続ける世界です。一度猛勉強してシステム構築に詳しくなっても、数年間サボると知識が古くなり、通用しなくなることも珍しくありません。最新の技術を学び直すためにも、数年に一度は資格取得のために勉強をし直すのがおすすめです。

システムエンジニアが資格を持っていると給料は上がるのか

IT企業の中には、特定の資格を取得した社員に資格手当を出す企業が少なくありません。どの程度の金額が支給されるのかは企業によって異なりますが、難易度が高く実用性の高いIT資格を取得することは給料にも直接影響します。企業によっては、オラクルマスターなどの資格を取得した社員に対し資格手当を支給したり、合格報奨金を出すところもあるようです。

また、ネットワークスペシャリスト試験などの専門的な資格を持っているエンジニアには、他の社員には出来ない高難易度の仕事が与えられます。そうした専門的な仕事には特別手当が出ることもあるため、専門的な資格を持っているエンジニアは給料が上がりやすくなります。専門的な知識は長い目で見て出世にも役立ちますので、給料アップを目指す方はIT資格取得を目指したほうが良いといえるでしょう。

独学で勉強する時の勉強法

システムエンジニアとして通用するような資格の取得を目指す場合、独学でイチから学ぶ方法と、スクールに通う方法が考えられます。専門的なプログラミングスクールで講師に習う方が効率的ではありますが、お金がかかるのがスクールの難点です。

そこで、出来るだけお金をかけたくないという方には独学での勉強がおすすめです。システムエンジニアの勉強には専門の機材は必要ありません。難易度は低くありませんが、独学でも十分に学習が可能です。

イチから学ぶ方は、まず基本情報技術者試験からチャレンジするのがおすすめです。基本情報技術者試験はIT技術者として最も基本的な知識を幅広くカバーした範囲から出題されるため、基本情報技術者試験の勉強をしていると、自然とIT業界の基礎が身に付きます。参考書も書店で簡単に手に入るため、システムエンジニアの入門編としてピッタリです。

独学で学ぶ場合は、スキルレベルの低い資格から順に勉強していきましょう。
基本情報技術者試験を取得したら、次は応用情報技術者試験、そして高度情報処理技術者試験と、ステップアップしていきます。それぞれ参考書を見ながら、実際にプログラミングを行って動作を確認していけば自然と身につきます。

独学ではなくスクールに通うこともできる

IT業界にまだ深い知識が無く、ほとんどイチから学ぶという方は、独学で学ぶよりもプログラミングスクールに通うのが効率的です。プログラミングスクールでは実務経験に近い形で授業を行うこともあり、参考書だけを見て勉強するより感覚的にシステム構築を学ぶことが出来ます。

学科によって教えている分野も異なり、最も基礎的な技術を教える学科では基本情報技術者試験の取得を、実践的な学科では応用情報技術者試験などの取得を目指します。また、実際にエンジニアとして実務経験を積んでいる方向けに、ネットワークスペシャリスト試験などの難しい資格取得を目指す学科もあります。プログラミングスクールに通うときには、自分のレベルに合った学科を選択しましょう。

全国に展開しているプログラミングスクールはいくつかありますが、「ヒューマンアカデミー」や「TAC」などの大手スクールがおすすめです。これらのプログラミングスクールは、初心者だけでなくキャリアアップを目指すプロに対しても講義を行っています。難易度の高い高度情報処理技術者試験についての講義があるプログラミングスクールには、それだけ優秀な講師がいることが期待できます。プログラミングスクールでは、独学で学ぶよりも効率的な学習ができるでしょう。

フリーランスとしてスキルを活かすという選択肢も

システムエンジニアになるためには、なにも必ず企業に属していなければならないわけではありません。知識がものを言うIT業界だからこそ、フリーランスでスキルを活かすという選択肢もあります。

フリーランスは社員よりも不利、というイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。システムエンジニアはフリーランスでも十分活躍できますし、フリーランスだからこその強みも多くあります。

優秀なシステムエンジニアであれば社員としてIT企業にいた時よりも収入がアップすることも珍しくありません。ただし、社員に比べると収入が不安定になりますし、実力がなければ食べていけません。フリーランスは自分の本当の実力が評価される厳しい世界ですが、きっとやりがいはあるはずです。

企業にとっても、仕事量に応じて人材を確保できるフリーランスの存在は貴重です。システムエンジニアの需要がますます増えていくと言われている昨今、腕に自信のある方はフリーランスのシステムエンジニアを目指すのも悪くない選択なのではないでしょうか。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。