フリーランスに向いている人と向いていない人の特徴・メリットとデメリット


フリーランスに向いている人の特徴って?

オンオフの切り替えがうまい人

フリーランスの仕事は、自分の裁量で仕事を進めることが出来る分、オンオフの切り替えが出来ないと、仕事とプライベートが混ざってしまいがちです。
常にオンモードで仕事をしていたい人にも向いていますが、家族がいれば共同生活もしなくてはいけませんし、常にオンモードしていることで疲れやストレスがたまってしまい、仕事そのものにも悪影響が生まれてしまう可能性があります。

自宅で仕事をしている人も多いため、退勤によって切り替えることが難しかったりすると、オンオフの切り替えを意図的に行える人ほど、より効率の良い仕事が実現しやすくなるのです。

スケジュール能力が高い人

フリーランスの仕事は、自分の裁量で仕事の量を調整していくことになります。所定の職場に勤めているときと違い、給与の支払いなども不定期になってしまいやすいです。
そのため、毎月の収入や仕事量を自分で考え、休日や体力などのバランスを意識し、安定したワークスタイルを導ける人ほど活躍しやすいのです。そのため、先を見通し、セルフコントロールを徹底して、スケジュールをうまく立てられる人ほど、フリーランスには向いていることが多いです。
「この時間まではこの仕事をする」「この日は休みなので、この日までの仕事はこのくらい取る」といった調整が出来る人ほど活躍しやすいでしょう。

金銭管理能力が高い人

フリーランスで働くと、給与の計算や各種必要な経費の計算まで、基本的には自分の仕事になります。
会社に勤めていれば、総務や経理が担当していた仕事も、すべて自分のタスクとなるわけです。そのため、毎月の収支を考え、どのくらいの収入が必要なのか、どの仕事をどういったスタイルでこなしていくことが出来れば、自分の理想の収入を実現できるのかを正しく判断できる人ほどフリーランスには向いている傾向にあります。
更に、経費や収入を計算し、節約や費用計算を的確に行うことが出来る人でなければ、フリーランスのスタイルを成立させることは難しいのです。

安定性よりも変化を求める人

フリーランスの仕事は、会社勤めをするより安定性はありません。毎月の収入も仕事量も、自分の裁量で変動するからです。
そのため、安定したワークスタイルを求めるより、変化に富んだチャレンジの日々の方が刺激があって好きだという人ほど、フリーランスが向いている傾向にあると言えるでしょう。
交流会で色々な人に会ったり、仕事の内容やチームワーク、新しい仕事方法の模索などが自由に行いやすいため、好奇心旺盛な人ほど活躍しやすいとも言えます。

フットワークが軽い人

フリーランスで、ただ待っているだけで仕事がやって来ることはありません。
自ら積極的に行動し、自己アピールを進めて、自分にとってより良い条件の仕事をゲットしていく必要があります。
そのため、交流会などへの参加を含め、フットワークが軽く、自己主張が上手な人ほど、フリーランスに向いていると言えるのです。交流会や紹介などの場でも、自らのアプローチがうまく、人間関係を結んでいくのが得意な人ほど向いている仕事が多いです。

フリーランスに向いていない人の特徴って?

交渉が苦手な人

フリーランスでは、仕事の内容や報酬の金額まで、基本的に自分自身のタスクとなって来ます。
そのため、納期や金額などの交渉が苦手な人は、フリーランスとして働きにくい傾向にあります。
「この金額では受注することは出来ない」「もっと期間を伸ばしてほしい」「こういった仕事内容に変更してほしい」といったオーダーをきちんと主張出来なければいけませんし、ただ要望を伝えるだけではなく、依頼主との主張を摺合せ、折衷案を探していくスキルも必要になって来るのです。

セルフコントロールが下手な人

自分自身を管理し、的確に運用していくのが苦手な人は、フリーランスで活躍しにくい傾向にあります。
オンオフをきちんと切り替え、仕事時間や利用、体力や収入などを計算し、自らのコンディションやモチベーション管理をうまく進められないと、どうしても仕事の効率が下がってしまう傾向にあるからです。

コミュニケーションが得意ではない人

実際に担当する仕事の内容によっても異なって来ますが、フリーランスで働く場合、他者とのコミュニケーションがうまく出来る人ほど活躍しやすい傾向にあります。
交流会なども積極的に開催されています。仕事における様々な交渉が必要になって来るため、交流会以外の様々な縁やきっかけも、コミュニケーションがうまい人ほど生まれやすいからです。
他者とうまくコミュニケーションをし、自分にとってより有利な仕事を得るためにも、渡り歩くための交流術はとても重要なものとなって来るのです。

責任感を持てない人

社会人として責任感を持つことは非常に重要な要素ですが、フリーランスの場合はその比重が更に大きなものとなって来ます。
その理由として、「責任感がない」と判断されてしまった場合、フリーランスだと次のチャンスは与えてもらえないからです。
雇用という契約が存在しない以上、「この人にはこの仕事を曲がられない」と判断されれば、以降の保証がなくなってしまうでしょう。

フリーランスのメリットはなに?

仕事の自由度が高くなりやすい

企業に所属して働いていると、どうしても業務内容に制限が生まれやすいです。自分がやりたい仕事や得意な業務ばかりを担当するわけにもいきません。
苦手なことや気が進まない仕事などを担当しなければいけないことも多く、会社員としての様々な制約の中で働きかなくてはいけないシーンも多いでしょう。フリーランスの場合、基本的に仕事の内容を決定していくのは自分ですから、担当したい業務を中心に仕事を展開することが出来ます。
ワークスタイルも自由度が高くなりやすいですから、在宅やコワーキングスペースなどを利用して働くこともできますし、プライベートの都合と調整して、出勤日や時間帯を設定することもできます。

収入アップを狙いやすい

企業に所属しているより、フリーランスの方が高い収入を目指しやすいことも多いです。
自分のスキルや特技をより発揮しやすい仕事に重点を絞ることも出来るので、効率良く稼ぎやすくなるという特徴もあります。信頼を獲得すれば、業界内における知名度も上がり、より高額な報酬の仕事も受けやすくなります。

税金の負担が軽くなりやすい

フリーランスで支払う税金は、所得税と事業税、消費税と住民税だけです。経費や保険の見直しをしたいと思っている人にとっても、フリーランスは非常に適したワークスタイルなのです。
確定申告を丁寧に行うことによって、課税対象額も大幅に減らすことが可能になっています。

人間関係のストレスを減らしやすい

人間関係のストレスは、多くの社会人が抱えている悩みのひとつです。
フリーランスであれば、決まった職場に出勤するストレスを減らすことが出来るため、人間関係のトラブルを格段に減らしやすくなります。
ひとつの企業で働いていればどうしても発生してしまうトラブルも、フリーランスで案件ごとの働き方をしていれば、直面せずに済んだり、苦手な人とも最低限の関わりだけで済ませることが出来るのです。

フリーランスのデメリットはなに?

収入が安定しにくい

フリーランスは自分で自由に報酬を調整しやすい一方で、企業で働くような安定した収入を目指すのは難しくなっています。
案件ごとの単価も異なってくることが多いため、先月はたくさんの収入があったけれど、今月はまったく収入がないという事態に陥ってしまうことも少なくありません。
理想の収入の仕事が、毎月コンスタントにやって来るという保証も得にくいため、本来であれば想定した分の収入が得られないという可能性もあるのです。

税務処理の手間がかかる

フリーランスの場合、確定申告をはじめとした税務処理を行う必要があります。経費を計算し、確定申告の際に細かく申請する必要があります。
領収書を取っておいて、整理して収入と合わせて申請し、各種節税対策も進めなくてはいません。
この手続きにかかる手間や時間は、フリーランスにとってとても大きいのです。税務処理を進める間、本来の仕事がなかなか進まなくなってしまうというケースも珍しくありません。プロに依頼して税務処理を丸ごとこなしてもらうことも可能ですが、これにもお金がかかってしまいます。

各種保険が存在しない

会社員であれば基本装備として存在している各種社会保険が、フリーランスの場合は存在しません。
健康保険に関しても、国民保険に加入することによってカバーすることが出来ますが、保険料を自分で支払わなくてはいけません。会社員のように給与からの天引きが出来ませんから、手間もかかります。
厚生年金も存在しないため、国民保険を支払う必要があります。企業年金も存在しないため、フリーランスの場合は老後の収入に不安を感じることもあるでしょう。社会保険以外にも、労災保険もありませんから、業務中に発生してしまったトラブルに対しても保険がおりません。
雇用保険もありませんから、何らかの理由で仕事が出来なくなってしまっても、失業保険で対応することは出来ないのです。

福利厚生が期待できない

企業に所属していると、住居手当や育児手当など、各種支援がもらえることもあるでしょう。
社員寮が整備されていたり、社員食堂が利用出来たりするところも多いですが、フリーランスにはそういったメリットは期待出来ません。有給休暇もありませんから、休んだ分だけ収入は減っていきます。育児や出産で仕事を休んでいても、支援を受けることは出来ないのです。

フリーランスの種類一覧

クリエイター

イラストレーター、漫画家、シナリオライター、小説家、作曲家などのクリエイターは、フリーランスで働いている人が非常に多いです。
在宅勤務をしている人もいれば、フリーランス契約で企業に常駐して、案件単位で仕事をこなしている人もいます。

エンジニア

取り扱っている言語や、作成している媒体には大きな幅がありますが、エンジニアもフリーランスで働いている人が多い仕事です。
企業に所属して働いていた人が、一定のノウハウを身に着けてから独立してフリーランスになるというケースも多いです。

デバッカー

プログラムやシステムなどの作動を確認し、正式運用において問題がないか様々なテストをする仕事です。
スマートフォン向けのゲームから、企業向けの専門ブログラムまで多岐に渡り、専門性が高く、チェックに高い知識や経験を要するものほど、難易度が高く報酬も上がりやすいです。

翻訳・通訳

専門書の翻訳から、テレビ用の外国語通訳まで、業務内容は幅広くなっています。エージェントに登録し、そこから仕事を受注する形で働いているフリーランスの人も多い傾向にあります。外国への出勤もあり、仕事の内容は多岐に渡ります。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。