フリーランスの大変なところ・つらいところ・孤独や不安なところ


仕事の自由度も高く、成功すれば収入も格段にアップしやすい、フリーランスというワークスタイル。

様々なメリットが存在し、幅広く活躍しやすいその一方で、フリーランスの働き方には、デメリットもいくつか存在しています。大変なことやつらいこともありますし、人によっては不安や悩みを抱えやすいワークスタイルでもあるのです。

具体的には、フリーランスで働いている人々は、どんなトラブルを抱えやすいのでしょうか?

フリーランスの大変なところ・つらいところはどこ?

収入が不安定になりやすい

フリーランスで働いていると、自分で仕事の配分を決定し、ペースや仕事量を調整することが出来ます。

しかし、理想通りに仕事を受注することが出来て、希望通りの収入をコンスタントに獲得できるものばかりではありません。思うように仕事が進められなければ、その分収入も減少してしまいます。

企業に所属している会社員のように、毎月決まった給与が振り込まれるという保証がないため、一度にたくさんの収入を望める月もあれば、収入が極端に減ってしまう月もあるのです。つらいやりくりが必要になったり、計画的な金銭の収支計算が求められるシーンも少なくありません。

自ら営業をしなくてはいけない

企業に所属していると、基本的に自分が担当するポジションをこなすことが求められています。そのため、営業担当でなければ、自分から仕事を取りに行くという業務内容は発生しません。
しかし、フリーランスの場合は、どんな仕事内容であったとしても、営業活動が必要になります。ITエンジニアであれば、会社員のエンジニアは、営業担当者がとって来た仕事を、エンジニア同士で配分し、自分の担当内容をこなしていくのが仕事です。

フリーランスで働く場合、自らの強みをアプローチし、自分に適した仕事を取って来るのも仕事内容に含まれてくるのです。営業慣れしていない人や、コミュニケーションや交渉が不得意な人にとっては、このセクションは非常につらいと感じることも多く、フリーランスならではの大変なポイントになってしまうことも多いのです。

経費計算を自分で行わなくてはいけない

フリーランスで働く場合、経費の計算も基本的に自分の仕事になって来ます。どのくらいの経費がかかって、自分の収入とのバランスはどのような割合になっているのか、きちんと計算して帳簿につけておかなくてはいけません。

領収書の類があれば、整理して保存しておき、毎月の収支を記録しておいて、毎年行われる確定申告に備える必要があります。節税対策としても有効ですが、こういった税務処理もフリーランスであればすべて自分でこなさなければいけません。特に経理経験がない人にとっては、大変なことも多いです。

外部の専門業者に委託する方法もありますし、簡単に入力できる税理処理のソフトウェアを使用することも出来ますが、それらの使用には経費が発生しますし、依頼の手間や時間も発生してしまいます。

会社員であれば、基本的に経理や総務の担当者がいるため、税務処理から収支の計算まで担当してもらうことが可能です。フリーランスならではのつらいポイントだと言えるでしょう。

セルフコントロールを徹底しなくてはいけない

フリーランスになれば、仕事量の調整も自分の仕事になって来ます。チームワークを取って働くパターンも多いですが、基本的にフリーランスは個人ワークです。
上司のわずらわしさもない分、リーダーが自分のスキルとスケジュールを確認し、適切な量と質の仕事だけを割り振ってくれるというわけではありません。そのため、これまで会社員として働いていたITエンジニアなどが独立してフリーランスになると、仕事量の配分が掴めず、オーバーワークが仕事不足のどちらかに陥ってしまうケースは非常に多いです。

ペース配分の感覚が掴めておらず、セルフコントロールが出来なくなってしまい、体調を崩してしまったり、収入不足に陥ってしまったり、受注した仕事を納期に間に合わせることが出来なくなってしまったりすることも非常に多くなっているのです。

オンオフの切り替えが難しくなりやすい

フリーランスのメリットとして、自分の好きな時間に働きやすいというポイントが挙げられます。休日の自分の裁量で決定しやすいので、会社員とは違い、プライベートとのバランスを取った働きやすい勤務スタイルを実現しやすいのです。

しかしその一方で、自分で調整出来る分、オンオフの切り替えが難しくなってしまう人は少なくありません。在宅でITエンジニアをしている人は多いです。家事や育児とバランスを取りながら働いている人も多いですが、プライベートとの境界線が曖昧になってしまい、気が休まらないと感じたり、いつも仕事をしているような気分になってしまうパターンは非常に多いのです。

反対に、自宅で仕事をしており、会社のように他のスタッフや上司がいるわけでもないので、いまいち気合を入れにくく、だらだらと働いてしまいやすい人もいます。モチベーションを保ちにくいと感じ、フリーランスの大変さを実感するパターンもとても多いというわけです。

器材や備品の管理に労力が割かれやすい

ITエンジニアが会社員として働いている場合、パソコンをはじめとした様々な業務用の機器は、会社から支給されているのがほとんどです。
何らかのトラブルが発生してしまった場合は、基本的に会社内におけるサポート担当者が修理やメンテナンスを行います。ソフトウェアの更新手続きや、各種振込み、バージョンアップの確認やウィルス対策なども行ってくれることが多いでしょう。

しかし、フリーランスの場合はそういった業務以外の仕事も自分で担当しなければいけません。いつでも万全の状態で仕事をこなすことが出来るように、周辺機器の管理も出来るようにしておかなければいけないのです。同じく、会社員であれば利用出来た設備等を利用出来ないというのも、フリーランスが苦労しやすいポイントです。パソコンをはじめとした電子機器は、当然ながら電力がないと動かすことが出来ません。

フリーランスであれば、その電気代やオフィスとして自宅を使用する場合の光熱費やインターネット代なども自分で支払わなくてはいけません。もちろん、確定申告の際に経費として計上することは出来ますが、私生活とのバランスを調整するという苦労も発生してしまうのです。
会社員であれば、基本的にオフィスで契約しているインターネット回線を使用することが出来ますし、光熱費を気にしたりすることもないでしょう。

フリーランスの孤独なところはどこ?

他のスタッフがいない

フリーランスで働いていると、単純にひとりで働くことが多くなります。自由気ままの楽しさはあるものの、会社員のように同じフロの隣の席に誰か別のスタッフがいて働いているということは基本的にありません。

そのため、物理的な孤独感を抱く人は非常に多くなっています。コワーキングスペースを使用したり、ノマドワーカーとしてカフェやレストランで仕事をするITエンジニアも多いですが、一般企業のような一体感からはやや遠いでしょう。隣の席の人と雑談をしたり、立ちあがって上司にちょっとした相談をしにいく、といった対人コミュニケーションが減少しやすく、フリーランスになってから孤独になったと感じる人が多い傾向にあるのです。

すべてのセクションを自分で担当する

前述したように、フリーランスになると基本的にエンジニアしての仕事だけではなく、営業から経理まで、すべての業務を自分ひとりで担当することになります。新しい仕事を取ってくること、そのスケジュールや配分を考えること、ITエンジニアとして案件をこなすことはもちろん、備品の調達や交通費の計算、確定申告をはじめとした税務処理から、健康保険や年金の支払いまで、すべてが自分の仕事となって来ます。

会社員であれば、それぞれのセクションの人が担当してくれていたことが、すべて自分に降りかかってくるため、「自分はひとりなんだ」と孤独感を抱く人が多くなりやすいのです。

相談ごとがしにくくなる

フリーランスの場合、自分の進路を考えることが第一です。企業に所属している会社員であれば、会社のこれからの方向性や、部署としてこなすべきこと、後輩の育成など自分以外の様々な要素を気にしていくことになりますが、フリーランスであれば、基本的に考えなくてはいけないのは、自分が担当している仕事と、今後のキャリアビジョンです。

余計なことに気を配らず、自分自身のことだけに集中できるというメリットもありますが、会社員のように他者との関係性が発生しにくいため、孤独だと感じやすくなります。

仕事の共通の話題を持っている人が少なくなりやすい

フリーランスのメリットは、職場内における人間関係を気にしなくて済むことです。ひとりで働くのが基本スタイルであるため、自分の裁量で仕事を進めることが出来ます。体調によって仕事量を調整したり、モチベーションでいっきに案件を進めてしまうことも可能でしょう。

しかし一方で、会社員として働くITエンジニアのように、共通の仕事に対応しているスタッフはいないのが一般的です。同僚同士でアプローチを検討したり、上司と一緒に案件の計画を練ったりすることもないため、仕事に関する共通の話題は、必然的に少なくなりがちです。

同じ会社に勤務していれば、ちょっとした空き時間の息抜きに、仕事の話題を出すこともありますが、フリーランスにはその共通意識を持つチャンスがとても少ないのです。そのため、共通意識を持つことで、仕事に対するやる気を高めているタイプの人にとっては、孤独感が大きくなりやすいと言えるでしょう。

フリーランスの不安なところはなに?

キャリアビジョンが明確になりにくい

フリーランスは自分の仕事を自分で決定していくため、誰かが自分の進路を考え、アドバイスしてくれるということがありません。

そのため、自分のキャリアは自分なりのプランで実行していくしかありません。自分自身で選択した道が誤っていて、思わぬ失敗が発生してしまっても、責任が自分自身に降りかかって来ます。将来がはっきりしないというのは、人は大きな不安を抱きやすいのです。

次の仕事の目途がつかない

営業をやりくりし、金額を交渉し、仕事をこなして次の仕事に繋げるという流れを絶やしてしまうと、フリーランスはすぐに仕事がなくなってしまうというデメリットがあります。

理想通りの条件の仕事が舞い込んできたとしても、いつまで続くのか分からず、ひとつこなしたらもう契約が終わってしまうというケースも珍しくありません。また次の仕事を見つけるまでの期間、フリーランスは収入がなくなってしまうのです。仕事を絶やさないようにすることはとても大変なことであり、つらい不安を抱く人はとても多いのです。

体調を崩してしまった場合のこと

フリーランスのつらいポイントとして、体調を崩して休んでしまうと、それだけ収入が減ってしまうというデメリットがあります。

会社員のように、有給休暇も病気や怪我における手当も存在しない成功報酬体系が基本であるため、体調を崩してしまった場合の保証がないのです。これはつらい不安を抱く人がとても多い原因のひとつとなっています。

この先どれだけ働くことが出来るのか

フリーランスで働いていると、基本的に定年退職がありません。
国民年金は支払っているものの、企業年金もありませんし、退職金も存在しません。そのため、いつか働けなくなったときのため、計画的に貯金をしていなければいけない大変さもあります。

前述した体調もしかり、この仕事をあと何年同じようにこなすことが出来るのか、キャリアビジョンが実現しなかった場合、どのように収入を確保していけば良いのか、大変な不安を感じる人が多いのです。

家族を養っていくことが出来るのか

フリーランスは収入も不安定になりやすく、休日や勤務時間帯もバラバラになってしまうことがあります。そのため、家族を養っていくことが出来るのか不安になってしまう人もいます。「フリーランスだから子どもは作れない」と感じる人もいます。

収入の不安定さや、何歳まで働けるのかも分かりにくいですし、ボーナスや育児手当、出産休暇なども存在しませんから、特に子育てにおいては、フリーランスのスタイルではなかなか実現しにくいと感じる人も非常に多いのです。

福利厚生がないこと

フリーランスには、基本的に福利厚生が存在していません。一部に手当があるクライアントもありますが、会社員であればもらえるような手当は基本的にないものです。

社会保険もありませんし、労災もありませんから、万が一仕事がなくなってしまっても、失業保険を頼ることは出来ません。社員寮や社員食堂なども存在しませんし、バースデー休暇や出産手当など、ユニークな福利厚生を受けることもないため、仕事の純利益だけで生計を立てることに不安を感じるパターンも実はとても多いのです。

フリーランスの悩みの種はどんなものがある?

コミュニケーションの多さ

フリーランスは一見ひとりで自由な働き方ですが、業種な仕事のタイプによっては、むしろ積極的に他者交流をしないと成立しない場合もあります。

営業をかけ、交流会に参加し、エンジニアとして新しい知識を積むための勉強会に参加したりすることもあるでしょう。会社員のように、同じ企業の人と半強制的に関わるチャンスがないため、むしろ自分からコミュニケーションをとっていかなればならず、悩みのタネに感じる人も多くなっています。

交渉の難しさ

フリーランスで働くためには、単価や納期など、交渉が非常に重要になって来ます。自分が働きやすい条件の仕事を獲得したり、理想通りの収入を実現するための金額交渉をしたりする必要もあります。

会社員であれば担当ポジションの専門家がこなしてくれるところを、フリーランスであればすべて自分で担当しなければいけないですし、今後もフリーランスとして働くためには、安すぎる単価で受注しても、高すぎる単価を依頼して今後の仕事がなくなってしまっても困るため、相場と理想とのバランスを絶妙に調整しなければいけない大変さがあります。

オンオフの切り替えの難しさ

特に家族と暮らしている人はフリーランスはオンオフの切り替えに悩む人が多いです。自分ひとりで仕事に集中できる環境が作りにくかったり、家事や育児に集中を邪魔されてしまうようなパターンも多いでしょう。

自分の強みをアピールする大変さ

フリーランスで仕事をコンスタントにこなすためには、「この人に任せたい」とクライアンチに感じてもらう必要があります。

依頼者からの信頼を獲得しなければ、仕事として成立させることが出来ないのです。そのため、自らの強みをアピールし、より良い条件の仕事を成立させる苦労があります。成果物を用意し、実力をよりはっきり見てもらせえるように常にポートフォリオを用意しておく人も少なくありません。

それでも、結果に自信が持てないコンペに参加したり、知り合いのつてで仕事を探したりしないと、なかなか仕事を受注出来ないというケースもあるのです。

フリーランスの難しいところはなにか?

ローンやカード作りが難しいことがある

フリーランスで働いていると、クレジットカードが作りにくかったり、各種ローンが組みにくかったりすることがあります。

会社員のように、所属企業の業績と担当ポジションだけでスムーズに審査通過できることばかりではないので、審査を無事に通ったとしても、その過程で多くの時間を費やしてしまったり、借り入れの金額が低くなってしまったりするケースも少なくありません。

休みが作りにくい

自分で休日や勤務時間をコントロールしやすいのがフリーランスのメリットですが、一方で、仕事自体にとらわれているスタイルであるため、仕事が終わらなければ休日はありません。

有給休暇が存在しない分、夏休みやゴールデンウィークのようなまとまった期間を休めば、その分収入も減ってしまいます。週末は必ず休みだから、家族サービスをしたいと思っても、仕事が延長すれば休みは削られてしまいます。

スキル次第では仕事がなくなってしまう

ITエンジニアの誰もが、フリーランスとして働くことが出来るわけではありません。フリーランスとして働くことが出来るのは、純粋にエンジニアとしての実力がある人だけです。

会社員であれば、未熟ながらも教育を受けながら働くことが出来ますし、ポテンシャルを評価して入社出来る場合もあるでしょう。教育を受けながら新しいスキルや知識を獲得していくことで、レベルアップを見込むことも可能です。しかし、フリーランスの場合は、クライアンチが求めているのは、ITエンジニアとしての純粋な実力です。

成長性や努力値を評価するのではなく、スキルと知識、実績によって構築される成果物を要求されているのです。そのため、仕事自体のスキルやノウハウがなく、実力不足の場合は、仕事そのものがなくなってしまい、フリーランスとして立ち行かなくなってしまうことも珍しくありません。

フリーランスで後悔したときに意識したい考え方は?

フリーランスのための手当がたくさん登場している

現代では、フリーランスは理想のワークスタイルのひとつだと認識する人も増えてきています。

会社員というスタイルにとらわれず、自由な方法で働くことに憧れる人も増えてきました。フリーのエンジニア向けの交流会も増加し、コワーキングスペースなども都心部を中心に数を増やしてきています。

ノマドワーカーのためのカフェサービスや通信機器のプランなども登場してきています。フリーランスで働く人が利用しやすい保険制度なども整備が進んでいるため、今はつらい思いをしていても、今後がフリーランスがより働きやすい社会が形成されやすいでしょう。

自分次第でどんどん働きやすくなる

フリーランスは大変なポイントやつらいデメリットもたくさんありますが、その分メリットも非常に豊富です。

ITエンジニアであれば、会社員ならば義務的にこなさなればいけなかった会社の奉仕活動やコーティングへの参加義務もありません。人間関係で大変なトラブルも少なくて済みますし、つらい満員電車や長距離の通勤など、大変な思いをして出退社をする必要もないのです。つらいデメリットは工夫次第でいくらでも解消していくことが出来るのです。

クライアント先に銃中するという選択肢もある

フリーランスという働き方を選んだからと言って、誰しもが在宅勤務だけをこなしているわけではありません。

定期的に出社したり、ミーティングを行ったりするケースも非常に豊富です。孤独感を抱きやすい人や、不安や悩みを相談し合いたい人、自分以外のITエンジニアからのアドバイスをもらいたい人などは、こういったチャンスを積極的に活用していくことも可能です。

また、働き方はフリーランスという形式をとり、会社員として働くことはなくても、クライアント席に常駐するという選択肢も存在しています。出社時間や業務内容、休日の取得方法などの具体的な条件は勤務先によって異なっており、場合によってはフリーランスとしてのメリットをいくつか失ってしまうことにもなりますが、クライアント先に机があり、他のスタッフがいる環境で働けるというメリットも獲得出来ます。

他者と相談しながら働いたり、環境によってモチベーションを高めやすいという人にとって、フリーランスという報酬体系を保ちつつ、出社スタイルをキープすることが出来るのは大きな魅力でしょう。

フリーランスとして活躍するために

フリーランスで働くITエンジニアの数は非常に多く、数々のつらい苦労や大変な思いを乗り越え、高い収入や自由なワークスタイルを獲得している人がたくさんいます。デメリットばかりではなく、メリットにも着目してみましょう。

今、会社員として感じているつらい業務や大変な気苦労は、フリーランスになることで、上手に解消できるものなのかもしれません。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。