「フリーランス」と「会社員」の違い・メリットとデメリット


会社員とフリーランスの違いは何か

契約のスタイル

会社員は、勤務している企業と直接雇用契約を結んで働くスタイルです。会社員の中にも派遣社員というスタイルがありますが、この場合は、派遣会社と雇用契約を結び、派遣先の企業で仕事をするスタイルとなっています。フリーランスの場合は、基本的に契約は単発の仕事ごとに設定されることになります。

仕事の量や内容、期間など、具体的な契約の条件や詳細は、職種や契約によって大きく異なって来ます。

個人事業主である

フリーランスになると、「個人事業主」という所属になります。会社員であれば、所属は雇用契約を結んでいる企業ということになりますが、フリーランスの場合は基本的にそういった所属先がありません。税務署に「開業届」を提出し、個人で事業を展開する届け出を出すことで成立します。

働き方が違う

企業に所属する会社員の場合、具体的な働き方を決定するのは企業サイドということになります。出勤日や出社時間、仕事の内容や給与など、それぞれのポジションごとに任される裁量の差こそあれど、基本的には雇用側から言い渡される条件に合わせて働くことになっています。フリーランスの場合は、働き方を決定するのは自分自身です。受注した仕事を確実にこなすためのスタイルを設定していくのも、個人の裁量に含まれてくるのです。

会社員からフリーランスになるメリットとは?

収入アップを目指せる

フリーランスで働く大きなメリットとして、収入アップを目指しやすくなるというのは大きいでしょう。個人事業主となるため、利益を出せればそのすべてが自分の収入となります。自分の裁量で仕事量や内容を調整することが出来るため、自分の得意な仕事を集中してたくさんこなしていくことが出来れば、大幅な収入アップを目指すことも可能でしょう。より高額の仕事に絞って働きやすいというメリットもあります。

自由度アップ

フリーランスのメリットとして、自由度の高さを挙げる人も非常に多いです。会社員のように、決まった時間に出社しなければいけないルールは基本的にありません。通勤ラッシュの電車に疲れてしまっていたり、会社内における服装やメイクの規定に悩まされていたりする人にとって、フリーランスは自分らしく働きやすい方法だとも言えるのです。

仕事の時間帯や方法も自分で設定していくことが出来ますから、夜型の方が集中できる人は、深夜に仕事をしても構いません。土日ではなく、平日を休みに設定することも可能ですし、プライベートや体調を優先して、仕事のペース配分や長期休暇の設定をすることも可能です。

実力アップ

自分がやりたい仕事に目標を絞って働けるというメリットも、フリーランスにとっては大きいです。会社に所属していると、どうしても自分がやりたいことばかりをこなしているわけにはいかないこともあるでしょう。長い会議や後輩の育成、人間関係構築のため努力や、社内イベントへの参加など、様々な業務が増えてきます。自分がやりたい仕事内容が定まっており、その分野に集中してスキルアップを目指したいと思っている人にとって、どうしてもムダな時間が増えやすいと感じるでしょう。

フリーランスであれば、こういったオプション的な仕事を担当することなく、自分が真にやりたい仕事にのみ打ちこみやすいというメリットがあるのです。

プライベートとのバランスがとりやすい

仕事単位の契約であれば、業務をこなしさえすれば、それ以外の時間を自由に使うことが出来ます。これはフリーランスにとってとても大きなメリットであり、プライベートとのバランスがとても取りやすいことに繋がります。

在宅業務であれば、空き時間に仕事を進めることも可能なので、家事や育児をしながら仕事をすることも可能です。子どもがいる人にとって、幼稚園に送り出してからの時間やお迎えまでの時間、寝静まってからの時間をうまく仕事に充てることが出来るのはお得でしょう。

会社員からフリーランスになるデメリットとは?

収入が安定しにくくなる

会社員からフリーランスになってまず感じるデメリットとしては、収入の不安定さが大きいでしょう。

会社員のように、月々決まった金額が、給料日という所定の日に振り込まれるという安定性は、フリーランスにはありません。もちろん、前述したようにうまく仕事をなしていけば、大幅な収入アップを望むこともできますが、必ずしも最初から事業が軌道に乗るとこ限りません。案件のアップ日がクライアント都合で押してしまえば、成功報酬型であるフリーランスにとって、収入がなくなってしまうのと同じです。

想定していたよりも労力がかかる仕事を担当していても同様のトラブルが発生する可能性があります。また、月々の収入にも差が生まれやすいです。仕事はコンスタントにこなしていたとしても、振込日が何か月も先になってしまうというケースは、フリーランスにとって珍しいことではありません。仕事のペースや内容によっては、仕事はたくさんこなしていたとしても、一円も振り込まれない月が発生してしまうことも少なくないのです。

プライベートとの境目がなくなりがち

フリーランスとして働いていると、オンとオフの切り替えが難しいと感じる人が発生しやすいです。会社員のように、決められた時間に出社に、所定のスペースで仕事をこなしていというスタイルではありませんから、自由に働くことが出来る分、その自由度からプライベートとの境目を失ってしまいがちになる傾向にあるのです。

在宅で仕事を請け負っている場合、自宅がそのまま職場になるため、気持ちの切り替えがなかなかできず、仕事におけるメリハリを失ってしまう人も少なくありません。プライベートの時間も、仕事のことが頭から離れなくなってしまうこともあります。更に、仕事をしていても、なかかなプライベートから気持ちを切り離すことが出来ず、集中力がなくなってしまったり、効率良く仕事を進めにくくなってしまうパターンも多いです。

税務処理の手間がかかる

フリーランスは個人事業主ということになりますから、税務関係の手続きが必要になります。青色か白色の確定申告を毎年行い、どこからどれだけの収入を得たのか、どういった経費がかかったのかなどを細かく申告しなければいけません。この確定申告は、フリーランスの人の多くが苦労しているポイントになっています。うまくやりくりをすれば、かなりの節税対策になりますが、経理分野において深い知識を持っていないと、帳簿のつけ方ひとつでもかなりの苦労を重ねることが多いのです。

経費を支払った領収書を取っておいて、細かく記載した帳簿を提出する必要があります。中には、こういった税務関係の処理を外部の専門家に委託する人もいます。手間は節約できますが、その分利用費用が発生します。フリーランス用のソフトウェアも各種発売されていますが、使いやすいものほど当然利用費用もかかつて来るため、税務署における手間や時間、金銭をデメリットに感じるパターンはなかなか減らないのです。

孤独感を抱きやすくなってしまう

会社員と違い、フリーランスは基本的に自分ひとりで仕事をこなしていくことになります。在宅業務をしていれば、職種によっては一日中誰とも口を利かないというパターンも珍しくありません。納品物のやり取りはオンライン、連絡はメール、会議はインターネット通話という便利な手段を取っていれば、仕事期間中には何日も誰にも会わないというケースも多いでしょう。

ひとりで仕事が出来る自由度もありますが、孤独感も抱きやすくなってしまうのです。会社のように、誰かと雑談も出来ないですし、上司にアドバイスをもらったり、同僚に仕事の相談をしたりすることも出来ません。このことで、むしろモチベーションを失ってしまい、仕事に対する熱意が低くなり、効率までも低下してしまうという人もいます。

体調を崩すと収入が減ってしまう

フリーランスは成功報酬型ですから、当たり前ですが、働かなければその分収入は減ってしまいます。有給休暇もないため、体調を崩してしまったり、身内に不幸があったりして、踏む得ない休みを取ってしまうと、それだけ収入が減ってしまうのです。大きな病気をしてしまえば仕事が出来なくなってしまい、致命的なトラブルに発展してしまう可能性もあるというわけです。

フリーランスから会社員に戻ることは可能なのか?

一度フリーランスとして独立したら、もう二度と会社員には戻れないと思っている人は少なくありません。しかし、決してそんなパターンばかりではないのです。働き方や収入などの制度に差はあるものの、一度会社員として仕事をしていた経験がある人は、特に再就職はしやすい傾向にあります。フリーランスで担当していた仕事と同じ業務をしている企業であれば、むしろフリーランス経験者を積極的に雇用していくというパターンは少なくありません。

もちろん、企業によっての雇用条件は異なっています。心理的な問題もあり、以前働いていたのと同じところで会社員に戻るのはなかなか気が進まない人もいるでしょう。フリーランスから会社員に戻った人の中には、フリーランス時代に取引先だった企業に、正社員として採用されたという人も少なくありません。また、関係業界の別の職種で再就職したというパターンもあります。

フリーランスのエンジニアとして働いており、IT業界の営業職として会社員になったというようなパターンもたくさんあります。

フリーランスになるリスクは何なのか?

貯金額が減ってしまう可能性がある

フリーランスとしての仕事が軌道に乗るまでは、どうしても理想の収入金額は達成できないことがあります。仕事をスタートさせたけれど、実際の報酬振込は何か月も先というパターンも珍しくありません。そのため、フリーランスになってすぐは、会社員時代の貯金が非常に重要な存在というパターンは多いのです。

つまり、フリーランスになることで、貯金額が減ってしまうというリスクがあり得るのです。当然、収入が少なければこれまでと同じように貯金をすることも出来ないため、綿密なライフプランがあり、何歳までにこの目的のためにいくら貯金がしたいという目標値を設定していた人は、フリーランスになることでその計画を見直さなければいけないこともあるでしょう。

将来に対して不安が生まれやすい

フリーランスの場合、事業における将来性に不安を抱く人は多いです。自分ひとりでこなしている事業である以上、仕事をこの先ずっと続けていけるという保証はありません。そのため、長期的に見た場合、継続して働くことが出来るかどうかというリスクがあるのです。

出産や育児、病気や介護などで一時的に仕事を中断すれば、収入も減少してしまいますし、復職が会社員の場合よりも非常に難しくなってくるケースも珍しくありません。

定年退職はありませんが、その分退職金なども設定されておらず、一部の会社員のような企業年金も存在しないため、生涯の収入と生活の保障という点において、大きなリスクを感じる人は多いです。

家族との擦れ違いが生まれてしまうこともある

フリーランスとして働くと、プライベートとのバランスを取りやすい一面もありますが、一方で仕事に引きずられてしまい、プライベートが崩れがちになってしまう人も少なくありません。

仕事量が多くなり、自宅でずっと仕事をする羽目になってしまったり、休日や深夜も仕事にかかりきりになってしまうようなフリーランスの人は珍しくありません。

特に、独立してすぐの、仕事を軌道に乗せなくてはいけないタイミングでは、仕事が生活の中心になってしまうパターンも非常に多いでしょう。そうなってしまうと、家族との擦れ違いが発生しやすくなるリスクがあります。食事や睡眠の時間がずれてしまったり、休日のイベントに参加が難しくなってしまうこともあるでしょう。仕事をしなければ収入がなくなってしまいますし、会社員のように、有給休暇を取って子どもの運動会に行くといった融通は利きません。

自由度が高い一方で、フリーランスだからこそある縛りは、しばしばプライベートを圧迫してしまう危険性もあるのです・

会社員がフリーランスも兼業・両立することは出来るのか?

個人事業主としての開業届を税務署に提出していれば、基本的に会社員をしながらでも、フリーランスとして働くこと可能です。

これは法律上でもまったく問題のない行為です。毎年確定申告を行い、収入の詳細や経費の算出を行い、適切な届出をしていれば良いのです。ただし、これはあくまでも、雇用契約を結んでいる企業サイドが、フリーランスとしての副業を認めている場合に限ります。

雇用契約の上で副業が禁止されている会社では、たとえ会社の業務の時間外であったとしても、アルバイトやパートをすることも出来ません。当然、フリーランスとしての業務も禁止となってしまいます。これを破って働いていると、懲戒解雇処分になってしまう危険性もあるので気を付けましょう。

会社員とフリーランス・個人事業を兼業するメリットとは何か?

収入をアップさせることが出来る

会社員として働きながら、フリーランスでも仕事をすることによって、単純な収入アップを狙えるというメリットがあります。会社員としての基本給与に加えて、ボーナスや有給休暇、各種手当などの福利厚生を受けることが出来ます。毎月安定した収入を得られるのに加えて、フリーランスで稼いだ報酬も収入にカウントされてきますから、たくさん稼ぎたいとチャレンジする人は多いです。

フリーランスでチャレンジしやすくなる

フリーランスとして働きたいけれど、いまいち踏みとどまってしまうという人の中には、フリーランスの不安定さをリスクと感じる人がたくさんいます。

事業が軌道に乗らない可能性もありますし、スタート時はどうしても低空飛行になりやすく、収入が低くなってしまい、生活に苦労するパターンも少なくないからです。

会社員として働きながらフリーランスの仕事にチャレンジすれば、フリーランスの収入が低かったり、報酬の振込が数カ月先になっていたりしても、会社員としての毎月の給与を得ることが出来ます。そのため、報酬や生活を優先してチャレンジできなかった案件にも手を出しやすいですし、安定した生活をしながらも、目標や理想に向かって進みやすいという魅力があるのです。

赤字の場合は損益通算をすることが出来る

フリーランスで仕事をしていて、事業がうまく進められず、赤字を出してしまうこともあるでしょう。会社員生活と両立していれば、フリーランスの事業所得を赤字として税務署に申告し、会社員としての給与と総合課税をすることが出来ます。こうした申請をすることによって、会社員としての給与の方でも、所得税や住民税を安くすることが出来るのです。

この損益通算は、給与所得はもちろん、不動産所得や譲渡所得、山林所得などにも対応できるため、マンションや駐車場を所有して資産運用している人などには、大きなメリットとして活用することが可能でしょう。

休日や空き時間を有効に使用することが出来る

会社員をしながらフリーランスとしても働くことによって、終業後の空き時間や休日を、より有効に使うことが出来るという一面もあります。収入アップに直結するというメリットもありますが、それだけではなく、スキルアップを進めることによって、会社員としての本業にもそのスキルを反映しやすくなります。

フリーランスとしてよりステップアップするために、資格を取得したり、専門の知識をより深く身に着けることもあるでしょう。座学だけでは身に着けられないスキルも、フリーランスとして実際の仕事を受注しているうちに獲得していけることもあります。

会社のオフタイムをより有効に使い、生涯的なキャリアを充実させることが出来るという点で、大きな魅力があると言えるでしょう。

フリーランスならではの交友関係を広げることが出来る

会社員として働いていると、人間関係はどうしても会社を中心に構成されやすくなっていきます。もちろん、会社外の親戚づきあいや友人関係、近所の人たちとのコミュニケーションや趣味の仲間なども人によってそれぞれ存在していますが、フリーランスとしての事業を両立させることによって、更にひとつ、別のネットワークを獲得することが出来ます。

仕事によって発生する人間関係には独特のメリットがあり、フリーランス向けの交流会などにも参加しやすくなるでしょう。勉強会などを通じて、新しい刺激を受け取ることも可能です。会社員として働いているだけでは接することがなかった相手と交流し、協力して仕事をしたり、交渉や情報交換を行ったりすることで、新しい道が見えてきたり、キャリアプランが具体的になってきたりすることもあり得るのです。

会社員として働き方にメリハリがつきやすくなる

フリーランスとして働いていると、会社員の仕事にいつまでも引きずられていてはいけないという意識が生まれやすくなります。実際、フリーランスとしての仕事を進めるためには、残業や休日出勤が続きすぎてしまえば難しくなるでしょう。決まった時間内に会社の仕事を片付けるため、集中力を高めて、効率良く仕事をこなしやすくなる傾向にあります。

メリハリをつけて会社の仕事を行うことが出来ますし、オンオフの切り替えをよりうまくこなしやすくなるでしょう。

会社員が一度フリーランスを経験することもメリットとは?

効率良く働けるようになる

フリーランスを経験してから会社員に戻ることで、効率の良い働き方を身に着けやすくなります。成功報酬によって生計を立てるため、ひとつの仕事をより短時間でスムーズにこなせることが、生活のために不可欠だからです。フリーランスとして働いた経験がある人ほど、ムダなく業務をこなしやすい傾向にあります。

そのため、会社員からフリーランスになり、再び会社員に戻ることによって、以前よりも仕事を迅速かつ良質に回せるようになるという人は少なくありません。

フリーランスのスタッフと付き合いやすくなる

会社員として働きながら、フリーランスのスタッフと関わる機会が多い人はたくさんいます。会社員だけをやっていたころより、一度フリーランスを経験した人の方が、社外のスタッフとの連携をうまく進めやすいことがたくさんあります。フリーランススタッフの働き方を知っているため、指示の出し方や交渉の仕方、相談の乗り方やスケジュールの組み方を効率良く行えるというメリットが期待しやすいのです。

経験がある業務に対しては、より深い理解を抱くことが出来るため、社外のフリーランススタッフとの距離も近く、コミュニケーションをうまくとりやすい人も多いです。

世を望みやすくなる可能性がある

会社員として出世するためには、一度フリーランスとして働き、経験を積むことが重要になりやすい仕事も多いです。フリーランスになることで、仕事のスケジュール組みから料金の交渉、税務関係の手続きまで、こなせる仕事の内容が圧倒的に増加しています。

そのため、社会人としてのスキルアップを実現していることから、会社員になっても飛躍的な活躍が可能になっている傾向にあるというわけです。再び会社員として就職する際に、フリーランス経験者は給与やポストなどを優遇するという設定をしている企業も少なくありません。

会社員とフリーランスの特徴を知っておこう

会社員とフリーランスとでは、働き方も報酬体系も大きく異なっています。どちらにもメリットがある一方で、デメリットやリスクも存在しています。

会社員をしながらフリーランスで仕事をこなすことも可能ですし、一度フリーランスを経験してから、会社員に戻るという選択肢もあります。自らのキャリアプランをしっかり構築し、状況に応じたワークスタイルを選択できるようにしていきましょう。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。