交流会はフリーランスに重要?参加するメリット・参加前の準備


フリーランスにとって交流会は重要なのか?

フリーランスで働いている人にとって、交流会というのは、チャンスを獲得するために非常に重要なシーンとなっています。

もちろん、交流会に参加せず、安定した理想の仕事を受注している人はたくさんいます。ITエンジニアはもちろん、クリエイターや編集者など、どんなフリーランスのスタイルで仕事をしている人でもこれは同様で、業界や職種ごとの特徴こそあれども、交流会に参加しないことが、イコール仕事を獲得できず、フリーランスとしての失敗に繋がってしまうというわけではありません。

しかし、フリーランスは会社員のように、特定の場所に定期的に通うことがないワークスタイルです。そのため、交流会をはじめとして、他の仕事人と半強制的に発生する交流の場があることで、仕事そのものに対して刺激を得ることが出来ます。参加せずに働いているより、新しい出会いやきっかけをゲットし、その延長線上に、フリーランスとしてのより大きな飛躍や、夢を叶える方法が眠っている可能性があります。

そのため、今のまま働いていたい人よりは、更に別の目標や、実現したい夢が存在しているフリーランスの人にとっては、交流会への参加が大きな意味を持ってくるという場合が多い傾向にあるのです。

フリーランスが交流会に参加するメリットとは何か?

同じ業種の人と交流することが出来る

フリーランスの人は、ひとりで仕事をしていることが基本です。そのため、同じ職種の人と関わる機会が圧倒的に不足してしまうことが多いのです。会社員であれば、先輩や上司、同僚や部下など、色々な立場の人と関わることがあるでしょう。同じ仕事を担当している人同士、情報交換をしたり、スキルアップのための勉強をしあったりすることもあります。

フリーランスの場合、自ら乗り出していかないと、基本的にそういったチャンスには巡り合えません。たまには同じ仕事をしている人の意見や感想、働き方や今後の展開について、色々な情報を仕入れることによって、ワークスタイルそのものに刺激ややりがいを得られることもありますし、モチベーションアップのきっかけになることも少なくありません。

他業種の人の意見を聞くことが出来る

フリーランスが参加する交流会と一口に言っても、非常に様々なタイプのものが存在しています。業界の人が幅広く参加するものもあれば、特定の業種の人だけが参加する交流会もありますし、他の職種の人が集まっていることもあるでしょう。自分と同じ仕事をしている人だけではなく、業界内においても、他の仕事を担当している人と関わることは、業務において非常に重要なこととなっています。

別の立場からの意見を聞くことによって、業務の効率アップやスキルアップにつなげていくこともできますし、日々の仕事内容について、反省や改善を図っていくきっかけになることもとてもたくさんあるからです。

自分に対して仕事を発注している人、自分が納品した仕事をチェックする人、自分が担当した仕事を売り歩く人など、別のポジションの業務内容を知ることは、すべての工程を理解することにも繋がりますから、幅広い視野や視点を獲得することにも繋がっていくのです。

新しい仕事をゲットするチャンスになることもある

フリーランスの人にとって、交流会は営業の場となることも珍しくありません。自分のスキルをアピールしたり、これまでの実績を知ってもらったりすることが出来ますから、今後チャレンジしてみたい仕事があるフリーランスの人にとって、とても大きなチャンスの場となるでしょう。

直接仕事の受注に繋がらなくても、別の交流会やセミナーのきっかけとなったり、他の仕事関係の人を紹介してもらう縁が出来たりすることもあります。新しい仕事を担当したとき、クライアントが依然交流会で関わったことがある人であれば、仕事のやり取りがスムーズになることも少なくないでしょう。

共通の知り合いがいれば、「交流会で会ったあの人に仕事を頼んでみるのは良いかも」といった、口コミでの後押しをもらえる可能性もあるのです。

フリーランスが見ている交流会情報サイトはどこか?

Event Force イベントフォース

フリーランスの人のための交流会はもちろん、勉強会や各種セミナーの開催情報もチェックすることが出来るサイトです。情報更新が細かく、定期的にチェックすることで、ターゲットを絞って自分が利用しやすい交流会を知ることが出来るでしょう。

フリーランス限定の交流会もあれば、業界にターゲットを絞った情報や、会社員も参加できるもの、資格取得のためのスキルアップセミナーなど情報もゲットすることが出来ます。

Home Workers Community ホームワーカーズコミュニティー

こちらのサイトは、交流会の情報提示だけではなく、フリーランスの人同士でコミュニティを形成していくのにも向いています。既にフリーランスとして働いている人はもちろんのこと、これからフリーランスとして働きたいと思っている人や、将来的にフリーランスを目指したい人も利用しやすいのが特徴です。

スキルや知識の獲得にも役立てることが出来ますし、サイト主催の定期的な勉強会は、多方面から高い注目を集めています。勉強会の参加費も500円からと非常に安いため、気軽にチェックできるのもポイントでしょう。

THE LANCER ザ・ランサー

フリーランスで働いている人が、オンラインで仕事受注が出来るようなクラウドサービスも展開しています。交流会はもちろん、勉強会やセミナー情報も掲載されていますし、未経験からスタート出来る在宅ワークなどの紹介も進めてくれます。

イベント情報は開催スケジュールが先のものまで詳しく掲載されているため、これからのワークスタイルを計画的に進めていきたいと思っている人にもおすすめでしょう。

案件獲得や人脈を広げるチャンスを掴むための、交流会での行動とは?

分かりやすい名刺をたくさん用意しておく

フリーランスの人が交流会に参加する際、まず絶対に用意しておきたいのは名刺です。会社員だと、会社サイドが用意してくれるため必ず持ち歩いていますが、フリーランスの人だと名刺を用意していないケースが少なくありません。

営業を積極的に行っていない人は、「必要ないと思った」というパターンも非常に多いですが、交流会においては必須アイテムと言っても過言ではありません。名前や職種はもちろんのこと、連絡先や屋号、ロゴなどを入れている人もいます。仕事の内容によっては、名刺で仕事ぶりをチェックしてもらうこともできます。

近年の代表的な職歴を入れて、名刺一枚を履歴書の意味で使用していることもあります。得意な業種を乗せておいたり、SNSのアカウントなどを記載しておいたりすると、気軽にコミュニケーションをとってもらいやすくなりますし、仕事のチャンスを近づけたり、案件の打診をしてもらったりしやすくなるでしょう。

もちろん、交流会に参加したからと言って、必ずしも連絡を取り合うようになったり、積極的にコミュニケーションを起こすようになったりするばかりではありません。

しかし、交流会ではまず自分を覚えてもらうためのアプローチが必要です。良いチャンスは、ただ待っているだけでは舞い込んでこないものです。ひとまずたくさんの人にあなた自身をしっかり知ってもらう必要がありますから、交流会前は名刺をたくさん用意しておきましょう。出会って挨拶をした人には、ひとまず必ず名刺を渡すつもりでも良いかもしれません。それと合わせて、相手からもらった名刺を失くさないできちんと所有しておけるようにしておいてください。

あなたの業績をアプローチできるようにしておく

仕事内容によっても可否が異なって来ますが、交流会においては、ポートフォリオがあると便利です。特に、直接あなたに対して仕事を発注するような立場の人が参加する小売り誘拐の場合、あなたの実績やスキルを手っ取り早くチェックしてもらえる材料があることは、大きなマージンになることも少なくありません。

持ち歩きが出来ないサイズの物や、かさばってしまいやすいもの、データとしてチェックしてもらうかない場合などは、ポートフォリオをチェックできるアドレスなどを記載した名刺などを準備しておくと良いでしょう。

挨拶をするとき、「名刺にポートフォリオをチェックできるアドレスを載せています」と一言付け加えると、たくさんの人と交流した日であっても、相手の印象に残りやすくなり、後々チェックしてもらいやすくなるでしょう。

SNSやポートフォリオを見直しておく

前述したように、フリーランスの交流会では、あなたの仕事実績を分かりやすくチェックしてもらえる準備があると良いものです。名刺に記載したSNSやポートフォリオのアドレスから、スキルや経歴をチェックしてもらうこともあるでしょう。

そんなときは、もう一度ポートフォリオを確認し、「本当にこれで自分を十分にアピールすることが出来るのか?」という点について、改めて考えてみてください。ありがちなのは、就職をするときに作ったポーフォリオを、そのまま掲載しているようなパターンです。フリーランスになってからの作品はもちろん、出来るだけ新しい仕事を掲載しておくことは重要です。

ビッグタイトルな仕事も経歴としては大きくなりやすく、「こんな大きな仕事をしている人なら」と、新しいチャンスを任せてもらえるきっかけになることもありますが、その時期があまりに古すぎてしまうと、「昔はいい仕事をしていたけれど、最近ではあまり良い実績を残せていない」と判断されてしまう可能性もあります。時期と知名度、クオリティやスキルのアピールなどを考え、バランスの良いポートフォリオを作っていけるようにしましょう。

また、SNSのアカウントについても事前チェックが必要です。仕事内容について掲載していたり、直前のアナウンスなどをしている場合もあります。私生活についてもSNSに投稿することが多い人は、交流会で関わる予定の人が自分のSNSアカウントを見たとき、マイナスの評価をされないかどうか確認しておくようにしましょう。

たとえ規約違反などはしていなかったとしても、仕事についての愚痴が多い人や、クライアントの悪口をたくさん書いている人などは、折角の評価が下がってしまう傾向が強いです。いらない投稿は生理し、チェックしてほしい投稿が分かりやすく出来るように工夫しておくようにしましょう。

交流会で何をすべきなのか確認しておく

ただパーティーとして楽しんでいるだけでは、折角のフリーランス交流会ももったいないものになってしまうことが非常に多いです。交流会は、参加者とただ飲み食いを楽しむばかりではなく、今後のチャンスに繋げたり、情報交換を行ったり、スキルアップやアドバイスの獲得などを目指すのに適しているシチュエーションです。

そのため、前もって「今回の交流会では、こういう人と、こういう交流をする」という目標を、ある程度はっきりと決めておくと良いでしょう。もちろん、これは対人問題のひとつですから、必ずしも予定通りや計画通りに交流が進められるわけでもありません。

それでも、前もって目標を設定しておくことによって、限られた時間内での交流が、より質の良いものに変わりやすいのです。

たとえば、「こういった仕事の人からアドバイスをもらう」でも良いですし、「○人と名刺交換をする」でも構いません。「一人でも多くの人に、屋号と名前を憶えてもらう」でも良いですし、「業界の最新情報を出来るだけたくさん仕入れて来る」でも良いでしょう。モチベーションをアップ出来るような目標があると、充実した交流会にしやすいでしょう。

アフターケアをしっかりする

交流会で交流だけはしたけれど、後は特に音沙汰もなく、何の収穫もなかったというのはうまりに勿体ないものです。名刺を交換したら、簡単でも良いので、相手のアドレスに後日連絡を入れておくようにしましょう。

会社のアドレスと個人のアドレスが記載されている人は、相手との会話から、適切な連絡先を引き出すようにしておきたいところです。「先日交流会でお世話になりました、フリーランスの○○です」といった挨拶を付け加え、会話の内容などに軽く触れておくと、ぱっと名前や存在を思い出せない相手でも、特徴から思い出してもらいやすいでしょう。

チャンスがあれば仕事をしたい旨や、会話が楽しかったことなどを加え、「また何か機会がありましたら」といった添え言葉をつけておきます。具体的な提案やアプローチをすることもできます。言葉遣いやメールのマナーなどにだけは気を付けるようにして、相手から「失礼な人だった」という判定をもらってしまわないように注意だけしてください。

参加する交流会は厳選するようにする

フリーランス用の交流会は、非常に多くの数が存在しています。ワークスタイルが一般的な会社員のそれとは異なっているため、平日の昼間に開催されるものもあれば、土日の夕方からスタートするようなものもあります。

こういったスケジュールはもちろんのこと、交流会の趣旨を前もってきちんと調べておいて、「これでは私が目標としている交流は出来ないな」と思ったものに対しては、参加を避けるようにするのが良いでしょう。時間や体力など、交流会に使う手間が発生してしまうことも少なくありません。参加費用がやや高めの交流会などもあるので、前もって費用については細かく確認しておく必要があるのです。

また、性別や職種によっても、色々なタイプの交流会が存在しています。仕事ではなく、業界のプライベートな人間関係を構築するためのイベントも少なくありません。油断していると、思わぬ失敗やトラブルが発生してしまうケースもあり得ます。

開催者をチェックし、自分にとって参加がタメになると感じたものや、信頼の出来る知り合いから誘われたもののみに参加するようにしていけると良いでしょう。参加者のモチベーションが低いと、つられて自分もテンションが下がってしまうという悪循環に陥ってしまうケースも珍しくありません。自分の意思や将来値を明確に設定して、交流会の時間を持て余さないようなものにだけ参加してみてください。

フリーランスと交流会の関係性について知っておこう

フリーランスの人にとって、交流会は普段なかなか関わることが出来ないセクションの人とも関われるチャンスになります。同業種の人からの情報を仕入れたり、ストレス発散に仕事の愚痴を話し合うこともあるでしょう。

自分にとってどんな交流会が適しているのかをきちんと見定めたあと、名刺やポートフォリオを用意し、当日の目標を詳しく考えてから参加するようにしてください。新しいチャンスをゲットするのはもちろん、メリハリをつけてフリーランス生活を送りやすくなることもあります。業界に知り合いが増えれば、ちょっとした相談もしやすく、スキルアップのチャンスもどんどん手に入れていくことが出来るかもしれません。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。