1人でできる仕事5つ・人と接しない仕事5つ・おすすめの働き方


 

現代の日本はストレスが社会問題となるほど人間関係が複雑になっています。人間関係のストレスで体を壊した、うつ病になったというのは架空の世界の話ではなく、身近な現実として確かに存在しています。

この記事を読んでいる方の中にも上司のパワハラがひどい、同僚のいじめに悩んでいる、もう誰も信じられない、と嘆き悲しんでいる方はいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、いくらそうした人間関係から逃げたいと考えていても、一般的に社会で収入を得なければ生きていくことはできません。

そこで、自分の生き方を変えるという道があります。それは、人と関わらない職業を選ぶということです。この道を選択すれば、煩わしい人間関係からは逃れることができ、ストレスの少ない生活を送ることができるようになります。

この記事ではIT関係の職業で、人と関わらない生きる術を紹介していきます。是非、目を通してみてください。

人と接しない生き方をするとどんなメリットがあるのか

職業というのは生き方と直結するものです。まず、人と接しない生き方をするとどんなメリットがあるのでしょうか。それは、何よりも1つのことに集中することができ、煩わしさがないということが挙げられます。

業務時間中のほとんどの時間をその作業にあてることができ、それが終わればあなたは自由です。行く必要のない接待などに振り回されることもなく自分の時間を謳歌することができます。もちろん、会いたい人には会うことができます。一人の時間の中で煩わしいものから解放されるということです。

メリットはそれだけではありません。1つのことに対してプロフェッショナルとなることができます。言うなれば、研究者タイプの人間になれるということです。なぜなら、対人関係に振り回されず、その業務に集中することができるので、自ずと知識や経験が倍速で伸びていくことになるからです。それは手に職をつけることと同じで、今後の人生の糧となってくれます。

人と接しない生き方をするのにデメリットはあるのか

人と関わることのない職を選ぶとああだこうだという人間がいますが、それはその人の価値観であり、また、あなたの人生には関係のないことです。自分が望んだ道はそれすなわち正道であるといえます。

そのため、そうした職業を選ぶことにためらいを感じる必要はありません。自分が得意なことをすればよいのです。そうしたことから、デメリットはほとんどないものであるといえます。

人と関わらない・人と接しない正社員の仕事5つ

いくら人と接しない職業を選びたいからといって、正社員でなければ後々不安になることもあります。例えば、安定した収入源の確保、福利厚生、税金の負担など色々な不安材料があります。

そういったことが不安なのであれば人と接しないでも正社員となれる職業を選ぶとよいです。ここでは、人と接しないで、1人でできる、且つ正社員雇用してくれる可能性のあるものを5つ紹介していきます。

人と関わらない仕事1:「プログラマー」

プログラマーとはITソフトウェアなどを思ったように動かすためのプログラミングを行う仕事のことを指します。プラグラミングの知識も人によって様々で、得意分野というものがあります。

例えば、Javaが得意な人は必要ないが、C言語が得意な人を求めています、といったことがあります。そのため、自分がどんなことができるのかは事前に把握しておく必要があります。そして、何と言ってもプログラマーは人と関わらない仕事の1つです。

というのも、この仕事は仕様書に沿ってプラグラムが書ければ基本的なラインはクリアしているといえるからです。当然、仕様書やどこを任せてくれるのかに関する相談や会議は必要となってきますが、多くの時間をプラグラミングに使うので、在宅プログラマーは人と関わらずともできる職業といえます。

人と関わらない仕事2:「ウェブライター」

ウェブライターはインターネットコンテンツの文章を書く職業のことです。内容はSEO対策の記事作成からオリジナルコンテンツの記事作成まで多種多様な仕事があります。

基本的にインタビュー記事でない場合は人と関わらないでもできる職業であり、在宅の職業としても案件は豊富にあります。基本的な文章能力、情報収集能力、SEO関連の知識、コンテンツの独創性があれば優位に作業を進めることが可能となっています。

当然、作業をしているときは人と接しないで、1人でできます。ほとんどが記事作成の作業にあてる時間となりますので、文章力に自信のある人はご検討なさってみてください。

人と関わらない仕事3:「コーダー」

コーダーはウェブサイトのデザインをする職業です。プログラマーと似ているようですが、その内容は全くの別物です。

ウェブサイトのデザイン能力を十二分に発揮する必要がありますので、求められる能力は色々とあります。例えば、ウェブサイトのボタンの形は丸にするのか、四角にするのか、全体の色味はどうするのか、どういった雰囲気にするのか、そういったことを一手に任されることになります。

基本的に作業はパソコンとにらめっこをすることになりますので、1人でできる、人と関わらない職業の1つです。

人と関わらない仕事4:「アプリ開発」

1人でできる、人と関わらない職業の1つにアプリ開発があります。ウェブアプリだけでなく、スマートフォンのアプリ市場は年々拡大しており、アプリ開発者の需要もそれに伴って増大傾向にあります。

そのため、アプリ開発に関する知識や経験があるのであれば、この職業も1人でできる、人と関わらない仕事の1つとして対人関係に悩むことなく、ストレスをためずに行うことができます。アプリの開発には基本的に実装するプラグラミング言語の知識が必要になってきます。

自分がどんな言語を使えるのか、どういったアプリを開発することができるのか、それはゲームなのか、違うのか、など事前に自分ができることを確認してから求人を探すようにするとよいです。そうすれば、スムーズに職に就くことが可能となってきます。

人と関わらない仕事5:「システムエンジニア」

システムエンジニアも1人でできる、人と関わらない職業の1つです。この職業はシステムの設計や開発、テストを行うもので、基本的には1人で考えていき、人との関わりはありません。

プログラマーと似ていると言われることもありますが、内容は全くの別物であり、開発フェーズの上流工程と呼ばれる段階を任されることになります。必要な知識や能力はネットワークのSEなのか、プログラミングのSEなのかなどで変わってきます。

また、SEへの就職を有利に進めるための資格があります。それが情報処理技術者試験です。これは経済産業省管轄の国家資格であり、それ相応の知識が求められます。また、情報処理技術者試験は数多くある情報処理に関する資格をまとめた総称のことです。

例えば、情報セキュリティーアドミニストレーター、上級システムアドミニストレーター、初級システムアドミニストレーター、テクニカルエンジニア、プロジェクトマネージャー、システムアナリストなどその種類は豊富です。

すべてをとらなければSEになれないというわけではなく、1つでもあればSEへの就職が楽になると考えるとよいです。もしこれから、SEになろうと考えている方は一度ご検討なさってみてください。

【女性におすすめ】人と関わらない・人と接しない正社員の仕事

女性というのは本来男性に比べて美的感覚に優れていると言われています。それは脳の構造上の違いからくるもので、例えば、美しいを決定づける色彩感覚の豊かさが挙げられます。色とりどりの花を見て綺麗と思うのもほとんどが女性であるというのもそれを裏付ける証拠の1つです。

また、女性は物事の隙を見つけることが得意です。男性に比べて注意深く物事を見ることができるため、少しのズレでもすべてがダメになってしまうような慎重にやる必要のある仕事が向いているといえます。

そうしたことから、商品のデザインを行う職業が女性におすすめです。デザインというのはとても繊細なもので1つのミスが全体をダメにしてしまう典型的なものです。

そのため、注意深く、繊細で、美的感覚の優れた女性にはうってつけ。その中でも人と関わらない仕事となると前述したコーダーが挙げられます。この仕事はウェブサイトのデザインをするもので、当然どこにどのコンテンツをもってくるのか、色はどうするのか、サイトの雰囲気はどうするのか、など相当なデザイン感覚が必要となってきます。

これらのことを要領よくこなせるのは男性よりも女性の脳であるので、一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

【男性におすすめ】人と関わらない・人と接しない正社員の仕事

男性は女性に比べると1つのことに対して情熱を傾けるのは得意ですが、多くのことを一度にやることを苦手としています。それは脳の構造上からくるもので、男性の一長一短の特性であるといえます。

また、男性は自分の狩り場(現代でいう職業)に他者が介入することを嫌います。というのも、これは本能的なもので、人類がこの世界に生まれてきた頃から狩りが男性の務めであったことに起因します。

そのため、1つのことに集中でき、他者の介入を極力避けるような環境や職業がふさわしいといえます。その中でも、プログラマーはおすすめの職業です。

人と関わらない職業であるため、男性の脳を邪魔するものはなく、集中して職務をまっとうすることが可能です。作業効率も女性に比べれば男性の脳の方が群を抜いて上がる傾向にあります。

正社員でなくてもフリーランスでできる、1人でできる仕事

前述した人と接しないで、1人でできる仕事はもちろんフリーランスでもすることができるものです。そこで、それ以外にもフリーランスの方におすすめの業務を紹介します。こうした案件というのは主に今まで培ってきた伝手やクラウドソーシングなどで受注することが可能ですので、ご自分で調べてみてください。

ここでは正社員に限らず、人と接しないで、1人でできる収入を得る方法を3つ紹介していきます。

1人でできる仕事1:「動画編集」

正社員ということでなければ1人でできる仕事は数え切れないほどあります。その1つが動画編集作業です。一昔前であれば動画編集はテレビ局などと提携している制作会社がおこなうものでしたが、現代は個人で動画を制作し、発表する時代です。

そのため、フリーランス向けの案件が豊富にあるばかりか、自分でもYoutubeなどに動画をアップロードし、収入を得ることができます。動画編集に使うソフトウェアとある程度のスペックを持ったパソコンが必要ですが、逆をいえばそれさえあればすぐにでも始めることのできる人と関わらない仕事の1つです。

動画編集をすることができるソフトは色々とありますが、例えば、ウィンドウズのムービーメーカー、Adobeプレミアなどが挙げられます。ムービーメーカーはウィンドウズ搭載パソコンならば基本的に実装されています。Adobeは購入する必要があります。

また、もっと専門的なソフトが必要になる場合は自分に合ったもの、必要としている機能があるものを購入する必要があります。

1人でできる仕事2:「電子書籍制作」

電子書籍は紙媒体の本に成り代わって主力となりつつある新世代のメディアです。

そのため、有名なAmazonなどでは世界中に電子書籍が読めるようなプラットフォームを提供しています。このような需要の高さから電子書籍の製作も必要となってきていますが、電子書籍の制作は簡単なように見えて、意外と手間がかかるものです。

そのため、多くの人が電子書籍の制作を外部に委託しています。そうした現状から、電子書籍の制作に関する知識さえあればすぐにでもできる1人でできる、人と接しない仕事です。電子書籍の制作に必要なものはまず、電子書籍をデザインする能力です。

電子書籍は書籍と名がついているくらいですから、読み物として綺麗にまとめる必要があります。装丁もそうですし、文字列の間隔などにも気をつける必要があります。

また、文字のフォントはどうするのか、データの出力形式はどうするかといったことも考えます。こうしたことを1つ1つこなして、実績を積んでいけば電子書籍制作の案件も軌道に乗せることができます。

1人でできる仕事3:「文字起こし」

1人でできる、人と接しない仕事の1つに文字起こしがあります。文字起こしとはあらかじめ録音されている音声を文字にすることを指します。ほとんどがインタビューの音声やトークショーや会見の音声です。

なぜこうした文字起こしをするのかというと記事や資料を作成する側が音声のままだと情報が整理できず、資料や記事の作成に時間がかかってしまうためです。

こうした案件というのはクラウドソーシングサイトなどで見つけることができます。特殊な技能は必要とせず、正確に音声を文字にすることができれば誰にでもすることができます。

また、外国語の音声を文字に起こすこともあるので、場合によっては外国語能力が必要になる場合もあります。事前にどのような形式で文字起こしするのかは聞いておきましょう。

また、どんなものにもいえることですが文字起こしの報酬はまちまちですので、あらかじめ確認しておく必要があります。極端に単価の低い案件を請け負ってしまうと費用対効果が悪いので注意しましょう。

対人関係の少ない職業を選ぶコツ

対人関係の少ない職業を選ぶコツは1つだけです。それは機械相手の作業系職業を選ぶこと。作業というのは大勢でやる場合もありますが、基本的には機械相手の作業であれば1人で行います。そうした求人に焦点をしぼって選んでいくと自分がやりたいものが見つかります。

対人関係が苦手な方におすすめしたい、独立という道

正社員ですと、周りの人間関係をがらりと変えることはできませんが、独立していれば、合わないと感じたクライアントと数ヶ月で契約を切ったり、自由になれます。

ただ、フリーランスというと、収入の安定さが正社員と較べてありません。それは案件の受注に不安定さがあるから。

Midworks」では、フリーランスのような自由な働き方で、かつ正社員のような安定した案件受注・社会保障が得られるサービスです。

人と接することが苦手、という方におすすめの新しい働くカタチ「Midworks」。もし興味があれば、公式サイトを覗いてみてください。

公式サイト:「Midworks