フリーランスの仕事の種類・案件の探し方と取り方


フリーランスの仕事の種類は?どんな仕事をしているのか

ライター

フリーランスのライターの仕事内容は、基本的に名前の通り文字を執筆することです。媒体は幅広く、オンラインのコンテンツから紙の記事まで非常に幅広くなっています。媒体や担当する文字の内容、ジャンルやクライアントをはじめとして、ライターのスキルでも報酬の金額は大きく変わって来ます。

副業としてフリーランスのライターをしている人もいれば、専業で非常に高い年収を獲得している人もいるため、自身が得意やジャンルを開拓したり、より良い条件の案件を獲得する工夫をしたりすることが、効率良くライターとして稼ぐ方法だと言うるでしょう。

未経験で誰でも出来る案件なら、一文字単価が0.1円、月の収入は2万円前後ということもありますし、コンスタントに案件をこなし、専門性の高い記事を執筆することが出来れば、一文字の単価が2円以上、月の収入が50万円以上になるフリーランスのライターもたくさんいます。

フリーランスでライターとして働くためには、出版社や編集プロダクションから独立することもあれば、ライターの養成スクールに通ったり、オンラインの紹介サービスを使用したりすることもあり、なり方は多様だと言えるでしょう。仕事内容は記事の執筆だけのことみありますが、資料集めや取材が含まれることもありますし、記事の構成やレイアウト、使用する写真素材を集めたり、他の人が書いた記事の校正を担当したりするケースもあります。

文章を書くスキルはもちろん、クライアントのニーズに応えた記事の構成や、読者を想定した内容の組み立てが出来る人ほど活躍しやすい仕事だと言えるでしょう。また、執筆のためのタイピングが早い人や、取材経験がある人、オンライン媒体の場合はレイアウトやタグ打ちを担当出来る人なども強みになりやすい傾向にあります。

エンジニア

会社員として働いたエンジニアが、独立してフリーランスのエンジニアになるケースは非常に多いです。スキルがあればどこでも仕事が出来るタイプの職種なので、月給制ではなく、案件単位の仕事を担当することが可能です。効率良く自分の得意な仕事を受け持つことが出来れば、フリーランスで働いた方がより高い収入を得られるという人も非常に多い仕事だと言えるでしょう。

エンジニアと一口に言っても、業務内容や案件のタイプは非常に多岐に渡っています。サーバーやデータベースを担当している人もいれば、基幹エンジニア、WEBエンジニア、社内のシステムエンジニアなどもいます。通常はブログラムを学ぶ学校を卒業し、所定のスキルをゲットしてから働きます。未経験からエンジニアの勉強をスタートする人もいるため、実力さえあれば、資格や学歴に関係なく、エンジニアとして活躍できるのがフリーランスのメリットでしょう。

会社員として実務経験を積み、フリーランスに切り替えるという人はとても多いですが、中には初めからフリーランスで働く人もいます。エンジニアの仕事は派遣で働く人も多いため、派遣社員として一定期間の修行を積み、フリーランスに切り替えるという人もいます。フリーランスで働いていても、在宅のエンジニアもいれば、所定の企業に席だけがあり、出社をするタイプの人もいます。

ミーティングや受注時だ、クライアントと会う人もいます。エンジニアにとって、相手のニーズをくみ取り、案件に反映するのは非常に重要であるため、コミュニケーション能力が高い人ほど活躍しやすい傾向にあります。

案件によって収入は異なって来ますし、スキルが高い人ほど高い報酬を受けとることが出来ます。フリーランスのエンジニアの平均収入は、月額で大体60万円から90万円程度と言われていますが、特殊なスキルを持っていたり、知名度があり人気が高いエンジニアなどは、月額が100万円を超える場合もあります。フリーランスエンジニアには、年収が1000万円オーバーという場合も珍しくありません。

デザイナー

フリーランスで働いているデザイナーはとても多いです。大学や専門学校などでデザインの勉強をしてから、フリーランスで働き始める人もとても多い仕事のひとつです。紹介やコンペからスタートする人がたくさんいますが、ウェブ上の紹介サイトを使用したり、デザイナーの管理会社に登録して案件をもらうパターンもあります。デザイン会社に就職し、一定期間会社員として働いてから独立し、フリーランスのデザイナーになるというパターンも多いです。

デザイナーと一口に言っても、グラフィックからウェブサイトまで、案件の範囲は多様であり、求められているクオリティや予算など、案件の仕様や内容によって単価は大きく異なっています。例としてウェブ上のグラフィックデザインで考えてみると、バナー作成が一点で5000円程度から、ロゴ作成で10000円程度からなどが平均となっています。

有名企業のロゴや、巨大なプロジェクトの案件などであれば、一点のデザインが100万円以上になることも少なくありません。クライアントからの要望の内容やチェックの厳しさによっても、案件を効率が良いか否かが異なって来ます。平均年収は30万円から60万円程度となっていますが、有名な人や人気の人は、年収が1000万円以上になっていることもあります。

販売

洋服から雑貨、メイクアイテムから家電まで、フリーランスの販売スタッフが取り扱う品物は非常に幅広くなっています。働き方は人によって非常に様々であり、会社員として所属していた店舗で、フリーランスとして働き始めるケースもあれば、販売スタッフとして元々フリーランスで契約し、色々な店舗や商品を渡り歩くパターンも多いです。

エージェントに登録し、派遣された店舗で働くというパターンも多くなっています。実際に顧客に商品を販売するだけではなく、販売するための商品の陳列やプロモーションまで担当するため、フリーランスで未経験からスタートする人はあまりいません。

歩合制をとり、売上の分だけ報酬をもらうパターンもありますが、基本的にはクライアント側から提示される条件に従い、期間や取扱い商品ごとの案件として契約を結ぶことが多いでしょう。

取り扱っている商品に対しての知識が深く、顧客ニーズを的確に把握し、より効率良く売り上げられる人ほど活躍出来ます。扶養範囲内で働くスタッフも多いため、平均年収には差があり一概に言い切ることはできませんが、敏腕の販売スタッフであれば、フリーランスで月収が100万円を超えるような人も少なくありません。

高いコミュニケーション能力を持っており、スタッフ同士と対顧客への細やかな気配りがうまいほど活躍しやすいです。情報のアンテナを常に広く持っている人や、担当分野への興味関心が強い人、観察力や臨機応変な行動力を持っている人にも向いているでしょう。

フリーランスでも履歴書が必要?

案件によっては受注時に求められる

フリーランスで働いていても、仕事によっては案件受注をする際に履歴書の提出が求められるケースがあります。大企業がクライアントとなる場合は特にその傾向が強く、職務経歴書と合わせて提出が必要になって来ます。フォーマット指定があるケースも少なくありません。

エージェントに登録して働く場合に求められることもある

フリーランスで働いている人が、エージェントに登録して仕事をする場合も、履歴書の提出が求められることがあります。これも同じく、職務経歴書が合わせて必要になって来るケースが多いです。

特に、長期に渡って携わる仕事を受ける場合は、クライアントもより人物について深く知りたいという要望を出す傾向が強いため、履歴書の重要度が高まりやすいのです。

フリーランスの仕事と兼業が必要な場合にも必要

フリーランスの仕事をしながら、アルバイトや正社員などの仕事を兼任することもあります。複数の案件を掛け持ちながら、ひとつの案件はアルバイト契約や正社員契約を結ぶというパターンは、実は決して珍しいことではないのです。

雇用契約上、副業が認められているのであれば、正社員として働きながらフリーランスの仕事をすることも可能です。この際には、一般的な就職活動と同じように、履歴書や職務経歴書の提出が必要になってくるパターンがほとんどでしょう。

フリーランスはどうやって仕事を探せばいいのか?

営業

どんな仕事であっても、営業をかけていくことは、フリーランスでスムーズに仕事を取るための基本的なステップです。もちろん、営業の方法はそれぞれのワークスタイルや仕事内容によって大きく異なって来ます。

クライアントになってくれるそうな企業にかたっぱしからメールや電話でアプローチする方法もありますし、かつて仕事をくれていたクライアントに対して、自分からモーションをかけていく方法もあります。

営業によってフリーランスの仕事を獲得するためのポイントは、自分のスキルをより分かりやすく説明し、自分に仕事を頼むことによって、クライアント側にとどんなメリットがあるのか、的確に証明することです。ポートフォリオを一新したり、職務経歴書を充実させたりすると良いでしょう。

これは、一度仕事をしたことがあるクライアントに対しても、初めて営業をかけるクライアントに対しても同様です。自分がこなして来た仕事の内容や傾向、得意なことなどが分かりやすいようにしてみてください。

紹介

フリーランスで仕事をする場合、人と人の繋がりもまた重要な要素になりやすいです。同業種の人からクライアントを紹介してもらったり、これまで一緒に仕事をしたことがあるクライアントから、別のクライアントを紹介してもらうなどの方法で、案件を獲得していく人は非常に多いのです。

横の繋がりでチャレンジしてみたい仕事を獲得することが出来たり、よりステップアップを成功させたりというパターンは非常に豊富です。「こんな仕事がしたい」「こんな仕事があったら紹介してほしい」というお願いをして、業界内の知り合いや、一度働いたことがある相手などにアプローチをしてみましょう。

ただし、相手との関係性や、もしも仕事がうまく決まらなかった場合のフォローなどには気を配る必要があります。

クラウドソーシング

近年では、グローバルに展開されているクラウドソーシングが、フリーランスの仕事獲得の大きなシーンとなっています。総合的な仕事を取り扱っているクラウドソーシングサイトもあれば、エンジニアやクリエイターなど、仕事の分野ごとによりターゲットを絞ったタイプのクラウドソーシングサイトなど非常に数多くのものがそろっています。

そのため、自分の仕事内容や理想のワークスタイルなどに適したクラウドソーシングサービスを選ぶようにすることが重要です。

また、自分のスキルに合わせたクラウドソーシングサービスを利用するようにすることも重要です。未経験でも気軽にスタート出来るクラウドソーシングサイトも多いですが、こういったサイトでは、プロフェッショナルでの活動歴が長く、より専門的な仕事がしたいと思っている人に適した案件はなかなか見つかりません。自分のレベルと職種に応じたサービスをチェックできるようにしてください。

MidWorks

フリーランスで働きたいと思っているITエンジニアが利用しているのは、それぞれがオーダーメイドのように使用できる「MidWorks」というサービスです。キャリアプランナーが自分にぴったりのワークスタイルを提案してくれるため、より働きやすいスタイルを手に入れることが出来るのです。

会社員として仕事をしていたエンジニアが独立したときにも利用しやすいサービスとなっており、会社員のときと比較かると、平均で41パーセント以上も収入がアップしているのも魅力です。自分のスキルや経験を最大限に活かして、大幅な年収アップを狙っていきたいと思っているエンジニアからも、非常に高い評価を集めているのです。

更に、フリーランスとして働きながらも、会社員のように安定した保証を手に入れやすいのも、「MidWorks」のポイントとなっています。各種社会保険や年金、賃金支払いの継続など、会社員時にゲットしていたセーフティが、フリーランスになっても持続できるという大きな魅力があります。

フリーランスで働いていると、どうしても収入や身分の不安定さにデメリットを感じる人が多いですが、これなら安心して働きやすいと言えるのです。

フリーランスでより良い働き方を実現するために

いかがでしたか?フリーランスには色々な仕事があり、それぞれ仕事内容も収入も異なっています。スキルと経験にのっとって、より高い収入や安定した働き方を実現するためには、自分なりの色々な工夫が必要です。フリーランスとして働きやすい環境を手に入れるために、あなたの実力をより活かしやすい道を見つけていきましょう。