成功/失敗するフリーランスの特徴・成功/失敗事例


フリーランスとして成功する人の特徴とは?

納期をきちんと守れる人

社会人として当たり前のことではありますが、フリーランスとして成功しやすい人の特徴として、納期をきちんと守れる人というのが挙げられます。フリーランスの働き方は、会社に縛られる制約が少ない分、ついだらけてしまったり、ルーズになってしまったりすることが多い仕事でもあります。

しかし、スケジュールを守らなかったり、打ち合わせに遅刻ばかりしていると、いっきに信頼を失ってしまうのもまたフリーランスの特徴です。ルーズになりやすい一方で、ルーズになってしまうとすぐに仕事がなくなってしまうのです。会社員のような後ろ盾がないため、信頼を失ったらそこで仕事もなくなってしまうわけです。そのため、納期や時間をきちんと守れる人ほど、フリーランスとして成功しやすいのです。

セルフコントロールがうまい人

フリーランスとして成功するためには、セルフコントロール能力が必須と言えるでしょう。自己管理を徹底出来ないと、仕事量も働く時間帯もすべてだらしなくなってしまう傾向にあるからです。

体調を管理し、働く時間を考え、プライベートとのバランスをきちんと取りながら、いま自分がすべきことを正しく割り出して、スケジュールにのっとったペース配分で仕事を進められる人ほど、フリーランスとして成功をおさめやすいでしょう。自分がどのくらいの仕事を、どのくらいの期間でこなせるのか、的確に理解している必要もあります。自己分析力もセルフコントロール能力の一部と言えます。

コミュニケーション能力が高い人

フリーランスとして働くと、仕事を取るための営業も必須になって来ます。会社を直接訪問するような営業ではありませんが、人づてに仕事をもらったり、自分のスキルをアピールして仕事を集めたりするなど、仕事内容や適性に合わせた、臨機応変な営業スキルが重要になるのです。

また、フリーランスは打ち合わせのスキルも必要です。自分ひとりで仕事を行う分、クライアントの要望を的確に聞き取り、要望に合わせた仕事を展開する必要があります。

こういった業務の特徴から、他者とのコミュニケーションがうまい人ほど、フリーランスでも働きやすく、成功しやすいと言えるでしょう。

フリーランスとして失敗する人の特徴とは?

時間や締め切りにルーズな人

フリーランスとして失敗しやすい人の傾向として、時間や締め切りに対してルーズになりがちな人というのが挙げられます。納期を破ったり、時間に遅れてばかりの人は、まず緊急の案件を任されなくなってしまいます。

きちんと納品してもらわないと困る仕事を任されないということは、それだけ責任を負ってもらえないということに繋がっていきますから、必然的に社会人としての信頼も失ってしまいます。フリーランスという形態上、次の仕事が必ずもらえるという保証はありません。「遅れてもいいや」という気持ちで働いている人は、フリーランスでは特に失敗しやすくなってしまうのです。

自分の能力値を図れない人

チャレンジ精神は非常に重要なものですが、こなせない仕事を受注してきてしまうと、後々自分自身が苦しむことになります。クライアントにも迷惑がかかってしまい、次の仕事をもらえなくなってしまうという失敗に繋がる危険性があります。自分の仕事に関する能力をシビアに判断し、チャレンジしたい仕事があれば、その分余裕を持ったスケジュールや、うまくいかなかった場合の補てん方法についても前もって対策出来る人でないと、フリーランスは成功しにくいのです。

もしも、こなせなかったとき、職場の先輩も上司もいないフリーランスという働き方は、すべての責任が自分にやって来ます。会社が積み上げてきた信頼や実績があるわけではありませんから、「あの人は出来ない」という判断を下されてしまうと、その挽回は非常に難しくなってしまうのです。

メリハリをつけて働けない人

フリーランスで働いている人は、自宅やカフェ、コワーキングスペースなど、勤務先にとらわれないというメリットがあります。勤務時間帯も自由が利きやすいという魅力があるでしょう。

しかし、一方で、自由度が高い分、自分でメリハリをつけて働かないと、プライベートと仕事の境目がなくなってしまい、だらだら仕事をする原因になってしまうこともあります。メリハリをつけて働かないと、効率の良い仕事が出来ず、収入の低下やルーズな生活という結果が招かれてしまい、フリーランスとしての失敗が引き起こされてしまう危険性があるのです。

フリーランスに転身して成功した事例

独立して働き始めた

会社員からフリーランスに転身して成功した事例として、これまで勤めていた職場から独立したという例が挙げられます。仕事内容自体は基本的に会社員時代と同様ですが、フリーランスとして働くことによって、より自分がやりたい仕事や得意としている仕事にターゲットをしぼって働きやすくなります。

仕事量も自分次第で調整出来るため、自由度の高い働き方が出来ると共に、効率良く仕事を進めやすくなるというメリットもあります。性向分の報酬を受け取ることが出来るため、これまでの経験や知識を活かして、年収アップにも繋げやすいパターンだと言えるでしょう。

資格を活かして働き始めた

これまで取得してきた資格を活かしてフリーランスになることで、成功を収めた人もいます。あるいは、フリーランスになるために資格を取得する人もいるでしょう。ITエンジニアとして会社勤務であれば資格がなくても働けたけれど、フリーランスであれば資格があった方が信頼されやすく、仕事も受注しやすいという例は少なくありません。

フリーランスに転身して失敗した事例

実力不足のまま独立してしまった

会社員として成功をおさめ、フリーランスでも仕事をこなしていけるだけの実力を身に着けた人は独立することが多いです。しかし、まだフリーランスとしてひとりで仕事をこなしていくだけの力がないのに、早まって独立してしまったばかりに失敗してしまったと言うケースは少なくありません。

メインの業務だけに限らず、フリーランスは営業から会計まで、すべてをひとりで進めなければいけません。そのため、本来想定していたよりも貼るかにやるべきことが多くなってしまい、フリーランスになってからがくんと収入が減ってしまうというパターンもあります。

また、想定していたよりも仕事を取ることが出来ず、フリーランスとして失敗し、再就職するパターンも決して少なくないのです。

想定していたキャリアプランから外れてしまった

フリーランスとして働く上で、当初理想としていたキャリアプランから外れてしまうという失敗例も少なくありません。想定していたよりもフリーランスの業務が困難であり、当初思い描いていたものとはまったく違うキャリアを進む羽目になってしまうというパターンもまた多いです。会社に所属しているのとではどうしても仕事の勝手が変わりやすいため、実力を発揮しきることが出来ない人も多いです。

フリーランスとして失敗しないためにするべきことはなにか?

現状を理解して具体的な計画を立てる

フリーランスとしての現状を理解しておくことはとても重要です。失敗を避け、成功を掴みとるためには、理想だけではいけません。自分の実力や業界の現状をしっかり把握した上で、実際のワークプランを綿密に組むようにしましょう。

どのような仕事をどういった形でこなすのか想定し、具体的な目標を設定します。「毎月○件の仕事を受注する」「毎日このくらいの仕事をこなす」「月収は○円以上」など、理想と最低ボーダーを設定しておくのが良いでしょう。もしも目標をこなせなかった場合のリカバリー方法も想定しておくことで、失敗を極力防ぎやすくなります。

帳簿をきちんとつけておく

フリーランスの失敗として多いのが、金銭管理の不徹底です。確定申告をするための帳簿付けはフリーランスとしての大切な業務のひとつです。節税対策を進めるためにも重要なポイントとなるため、フリーランスになる前に必要な知識を身に着け、こまめに帳簿つけを進めておくようにしましょう。

複数のクライアントを見つけておく

ひとつのクライアントにのみ偏って仕事をしていると、万が一の際に仕事が立ち行かなくなってしまい、フリーランスとしての失敗に繋がってしまう危険があります。

そのため、仕事をコンスタントにこなせるよう、複数のクライアントをバランス良く掛けもっておけるようにしましょう。受注における金額も出来るだけ均等になるように配分し、仕事の負担も安定させられるようにします。

フリーランスとして働くメリットはなにか?

収入アップを狙うことが出来る

実力次第で収入がどんどんアップしやすいのは、フリーランスのメリットのひとつです。自分の実力をよりダイレクトに活かせる業務にしぼって働くことも出来るため、効率良く高い収入を目指したい人にとって大きなメリットが期待出来ます。仕事をこなした分だけ、直接あなたの収入に繋がるという魅力があるのです。

仕事内容の自由レベルが上げやすい

会社員として働いているよりも、フリーランスの方が圧倒的に仕事の自由度が上げやすいです。自分がチャレンジしたい仕事や得意な仕事を積極的に行うとこが出来るため、スキルアップも狙いやすくなりますし、やりたい仕事ばかりを進めていくことも十分可能な働き方なのです。

定年退職がない

クライアントが仕事をくれる限り、フリーランスは何歳になっても働き続けることが出来ます。定年退職という概念がないので、自分の働きたいタイミングで働けます。小規模企業共済があるため、退職金がないというデメリットもうまくカバーすることが出来るでしょう。

フリーランスとして働くデメリットはなにか?

収入が不安定になりやすい

フリーランスは月給制ではなく報酬制なので、仕事をこなした分だけ収入があるものの、仕事がなくなってしまえば、次の月の収入がゼロという可能性もあります。金額も不安定なので、大量に収入がある月もあれば、仕事をこなしていても全然収入がない月もあり、計画的な金銭繰りというリスクがあります。

仕事に関する手続きの負担がある

フリーランスで働いていると、営業や経理、総務など仕事に関わるすべてを自分ひとりでこなさなければいけません。備品の買い出しや領収書の計算、確定申告もそのひとつです。メインの業務以外の負担が多くなるというデメリットがあります。特に経理知識がない人や税金対策について経験がない人にとっては、フリーランスは苦労する部分が多々存在していると言えるでしょう。

フリーランスの仕事内容は?

アプリケーションエンジニアが多い

ITエンジニアの中でも、特にフリーランスで働いている人が多いのはアプリケーションエンジニアです。webアプリケーションのニーズが飛躍的に高まっているため、大手クライアントからの仕事もたくさんあります。JavaやRuby、Cなどのプログラミング言語を扱えるエンジニアは、フリーランスでも特に仕事がしやすい傾向にあると言えるでしょう。

インフラ関連の仕事内容はやや少なめの傾向

ネットワーク設計やサーバー設計などのインフラ関係に携わるITエンジニアは、フリーランスではやや少なめの傾向となっています。サポートエンジニアは会社員として働いている人が多めなのです。

しかし、サーバー構築は少なめであっても、パブリッククラウドのAWSを使ったシステム関係の仕事などは、クライアントも少なからず存在しています。これは、特殊やスキルや知識を持っているエンジニアほど、フリーランスにおけるニーズが高いということに繋がります。

フリーランスに転身するベストなタイミングはいつ?

年齢

フリーランスのエンジニアは、実力次第で稼ぎも変わって来ます。年功序列の世界ではないので、フリーランスになるのに年齢はあまり関係ありません。エンジニアは会社員よりフリーランスの方が多く稼いでいる傾向にありますが、その差の開きが最も大きいのは30代です。

人脈とスキルが伴ったところが狙い目

早いうちからフリーランスで実力を積んでいるエンジニアは、加齢と共によりキャリアを積みやすいという傾向にあります。そのため、フリーランスで成立するだけの一定のスキルが身に付き、仕事を得られるだけの人脈やノウハウを培うことが出来れば、あとは所属していた会社との軋轢が生まれないタイミングが、フリーランスとして独立するのにおすすめのポイントとなるでしょう。

会社とトラブルなく独立することで、フリーランスになってからも仕事を発注してもらったり、アドバイスを受けたり出来るメリットがあります。

フリーランスで活躍するために

いかがでしたか?フリーランスの働き方には、デメリットもありますが、様々なメリットも存在しています。自分の実力次第でどんどん活躍の場が広がっていく働き方ですから、特徴や成功のコツを把握し、失敗しないよう対策を進めながら、あなたらしく働けるようにしてみてください。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • >正社員同等の保障>
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。