プロジェクトリーダーの役割・仕事内容・求められるスキル


プロジェクトリーダーの役割とは?

「PL」と略されることもあるプロジェクトリーダーの役割とは、プロジェクト全体の責任物として、トータルの進行を把握し、的確に管理することです。

案件の詳細を理解した上で、適切な人員配置やスケジュール管理を進め、クライアントとの窓口になることもあります。プロジェクトマネージャーの補佐役として、スムーズな現場進行を目指す要の役どころだと言えるでしょう。

プロジェクトリーダーの仕事内容とは?

プロジェクトリーダーの仕事は、現場監督としてプロジェクト全体の流れを把握し、納品までをスムーズに進められるように管理することです。

プロジェクトを計画する段階から携わり、見積もりや要件定義を進め、クライアントとの費用やスケジュールの交渉も担当します。経営における予算権限を持っているポジションなので、全体にかかる費用管理も重要な仕事でしょう。詳細設計から構築、テスト、納品までの現場実務の管理を行います。

また、プロジェクトリーダーとして働いて現場の水準をキープしつつ、一メンバーとしてプログラミングを担当したり、バグ発生時には修正を行ったりすることもあります。

プロジェクトリーダーに必要なスキル一覧

1:高いコミュニケーションスキル

プロジェクトリーダーとして活躍するためには、高水準のコミュニケーションスキルが必須です。技術力よりも先に、人員のまとめと管理をしなくてはいけない立場であり、スタッフ管理の責任者であるからです。円滑な人間関係を構築し、広い視野を持って現場を確認して、スタッフ同士が仕事をしやすい配置や采配を進めなければいけません。

プロジェクトチーム全体の結束力を高め、雰囲気の良い現場を作ることも、プロジェクトリーダーにとって重要な役割だからです。
また、クライアントとの交渉を行うため、相手と信頼関係をうまく構築し、より良い仕事を進めるための取引が出来なければいけません。ニーズに応えつつ、こちらの要望をより良い形で伝え、通すためのスキルが欠かせない仕事というわけです。

2:高いリーダーシップ

プロジェクトリーダーは、プロジェクトのメンバーから信頼される存在でなければいけません。現場の責任者に対して、不信感があったり、リーダーとして認められないと感じられてしまっては、プロジェクトリーダー失格です。非常に多くのスタッフが関わる大規模なプロジェクトともなれば、全員を把握し、コントロールするのは至難の業です。

ひとりひとりへの対応はもちろん、全体を引っ張っていける統率力の高さが重要です。リーダーや上司としての経験や、教育係としての資質を活かせるポイントです。リーダーシップを高めるためには、常に観察力を持ち、想像力を働かせて他者と接することが重要です。

3:ITマネジメントのスキル

プログラマーとしてどんなに優秀であっても、プロジェクトリーダーとしても活躍できるというわけではありません。高い技術力やIT知識に加え、ITマネジメントにおけるスキルを高く持っていることが、プロジェクトリーダーとして働くためには重要になります。

ITコンサルタントで働いた経験や、上位過程における経験値の高さが、プロジェクトリーダーとして働く際に生きることが多いでしょう。そのためには、プログラミングより前段階における、要件定義やクライアントとの交渉などにおける経験が重要です。更に、経営的な視点と知識も必要になりますから、プロジェクトリーダーを目指すのであれば、IT業界の知識を深く身に着けるための勉強や、経営の学習が必須となって来るでしょう。

4:スケジュールの管理スキル

プロジェクトリーダーはスケジュールの設定から遂行までを一任されている重要なポジションとなっています。どんなに綿密な計画を立て、入念に準備をしても、予想外のトラブルでスケジュールが遅れてしまったり、ミスが発生してしまったりすることはあるでしょう。

そういった事態を速やかに解決させ、納期までにプロジェクトを的確に前に進めていくためのスケジュール管理スキル、ならびにスケジュールの修正スキルが欠かせません。

不意の状況をいかにして立ちなおしていくかが求められているため、常に時間とスケジュールに関わる感覚を養い、想定外のトラブルに対する準備を効率よく進める学習をしておきましょう。自らがプロジェクトに参加しフォローできるように、技術的な面での向上も望ましいです。

プロジェクトリーダーに関連する資格

1:応用情報技術者試験

経産省大臣に認定された国家資格「情報処理技術者試験」のひとつです。ネットワークスペシャリスト試験やプロジェクトマネージャー試験など、IT業務におけるより高度な試験を受験する際に、一部の試験内容を免除してもらえる資格でもあります。

第一種情報処理技術者試験や、ソフトウェア開発技術者試験と同レベルとみなされるため、転職やフリーランスとして仕事を取るときにも役立てやすいでしょう。資格取得のための講座や専門スクールなどがあるので、積極的に活用することが可能です。独学でもIT業界の経験がある人であればチャレンジは十分可能でしょう。

2:高度情報処理技術者試験

「FE」と呼ばれる基本情報技術者試験、前述した「AP」と呼ばれる応用情報技術者試験の更に上のランクにあるIT知識と技術の資格試験です。ITストラテジスト試験やシステムアーキテクスト試験、情報セキュリティスペシャリスト試験、ITサービスマネージャー試験やプロジェクトマネージャー試験などのことを指しています。ストラテジ系、テクノロジー系、マネジメント系から共通問題が出題され、最後に受験試験の専門分野から出題がされます。

長時間に及ぶ試験になるため、計画的な学習と経験が重要になって来ます。技術と知識における大きなアピールになるため、フリーランスで信頼を勝ち取るのに非常に有効に働くことも多いでしょう。

3:PHP技術者認定上級試験

実務経験が3年程度あるITエンジニアがターゲットとなっている資格試験です。実践的なコーディング能力が問われるため、プロジェクトリーダーとして活躍しつつ、プログラムもやりたいと思っている人は是非受けておくと良いでしょう。言語知識はもちろん、より実践的なプログラミングのスキルが問われます。合否ではなくスコアが出るため、高い成績を残しているほど、プロジェクトリーダーとして信頼度を勝ち取りやすいです。

スコアごとにレベル分類されるため、フリーランスとして働く場合は、これが履歴書や職務経歴書と同等の存在として活かすことが出来るでしょう。問題集や過去問集が多数発売されているため、たくさんの練習問題をこなしておけば、独学から高いスコアを目指すことも十分可能です。エンジニアとして働く上で身に着けたノウハウが直接的に活かせるのもポイントでしょう。

プロジェクトリーダーとしてのスキルを活かしてフリーランスとして働こう

いかがでしたか?プロジェクトリーダーとして働くためには、様々なスキルが求められます。経験や知識を活かしたり、新しい資格を取得するために勉強をしたりして、それぞれの現場で活躍できるように対策をしておきましょう。

もちろん、プロジェクトによって性質は大きく異なっています。技術を活かせる場面もあれば、ヒューマンスキルが最重要視されることもあるでしょう。プロジェクトリーダーとしての資質を高めつつ、高い観察力を持ち、臨機応変に行動できるように意識するのが大切です。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。