転職時の「マネジメント経験」とは・職務経歴書の書き方


最近では、企業の求める人物像に「マネジメント経験者を求めます」や「マネジメント経験◯年以上」と書かれていることや、転職活動においてマネジメント経験について聞かれたりすることが多いですね。さらには転職にかぎらず、プロジェクトの案件などに関わる際にも「マネジメント経験」を求められている事があります。

このマネジメント経験という言葉はよく耳にしますが、実際のところはどういったものが求められているのでしょうか?今回はその内容についてご紹介するとともに、転職活動に際してマネジメント経験のアピールになるような、職務経歴書への書き方や面接の際の伝え方などもご紹介致します。

マネジメント経験とは

マネジメント経験とは一般的に、自分が上司やリーダーとなって、部下となるメンバー数名と共に営業活動やプロジェクト進行において、目標を達成するたの様々な取り組みや施策を講じたり、さらにメンバー個々の進捗やモチベーションの管理をおこなった経験のことを指しています。

リーダーシップと混同しないように注意する

よく勘違いされることが多いのですが、「リーダーシップ」とは異なってきます。簡単にご説明すると、「リーダーシップ」は自主的な個人・組織に対する働きがけをしていくことです。一方、「マネジメント」は目標に対して個人・組織に対して具体的な施策を施してサポートをしていくことです。

例えば、「オフィスの煩雑さがメンバーの働く環境に影響させて活気が下がっている」と感じて、オフィスのクリーンアップをしていこうと自主的に決めて行動することが「リーダーシップ」だとすると、定義された「理想のオフィス状態にするために綺麗にする」という目標に対して、何を・誰が・どのように・いつまでにするのかを決めて、どのように行動していいかわからないメンバーには指導を行い、トラブルが発生したら対応を行い、周囲を巻き込み実行に移していくための管理を「マネジメント」だと考えられるでしょう。

どちらにも優劣はなく、また同時に必要とされているスキルにはなるのですが、一般的にここで求められているのは、「ミッションを組織とともに実現する力」であると言えます。なので、マネジメント経験はメンバーと一緒に目標に対してどのように施策・管理を実行したのかということになります。

マネジメントを行うには総合的なスキルが必要

マネジメントを行うポジションに就くためには、業務に関する総合的な力を身につけて、メンバーに対しても指導が出来るような状態になることが求められています。マネジメント経験は一般的に、30代前半から求められてくることが多いですが、業界によって異なります。

特にIT・Web業界においては20代後半からマネジメントの経験を持っている方も多いです。なぜなら、スピードが早い/業界自体が若いということもありますが、業界全体の平均年齢が若いため、必然的にマネジメントするメンバーと歳が近いほうがマネジメントにおいても有効であることが多いからです。こうした業界に転職をしたいと考えている方は、早期からこのマネジメント経験を持てると良いですね。

転職時の職務経歴書の「マネジメント経験」の書き方

上記のようなマネジメント経験を、転職活動でアピールしていくためにはどのようにしていけばよいのでしょうか。まず、転職活動で使用する職務経歴書の中での書き方をご紹介します。

経歴の中での書き方では、短く簡潔に実績などの結果を書きましょう。職務経歴書の中ではご自身の経歴の詳細や、職務要約・自己PRの中でアピールしていくことが出来ます。そこで、次のポイントを意識して記載していきましょう。

(1)数字を具体的に記載する。

マネジメント経験は前述の通り、何かしらの目標が設定されている事が多いです。こうした目標を定量的に記載し、それに対しての実績も数字で記載しましょう。また、マネジメントした人数・期間・予算なども詳細まで記載できると良いでしょう。

(2)箇条書きは控える。

マネジメント経験の内容は、箇条書きではなく書き方としてはストーリー仕立てで記載すると良いでしょう。マネジメント経験はPDCAを回しているか?という思考も判断される要素です。

なので、箇条書きの書き方では何が問題だと感じてどう行動に移したのかがわからない、といったことになってしまいます。起承転結とまではいかなくても、「◯◯という状態に対して□□を行うことで、XX%の目標を達成に導きました」というように書けると良いでしょう

(3)方針を伝える

マネジメントは「ただ管理をする」だけでは誰でも出来るかもしれません。しかし、メンバーを牽引している以上、個々の教育や指導などをする必要があります。

こうした「コミュニケーション」「チームビルディング」などにおいて、どのような点を自らの方針としていたのかを伝えることで指導者としての資質を評価してもらえ、転職先でも任せられる人材として評価してもらうことができます。書き方としては、「〜を大事にし、〜を心がけ、〜という考えをもとに」などという感じです。

転職活動に使える!職務経歴書でのマネジメント経験をアピールする例文の書き方

マネジメント経験は特に自己PRなどで重要になってきます。自己PRに使える、マネジメント経験の例文の書き方をご紹介します。

1対1のコミュニケーションを徹底したマネジメントの例文

メンバーのマネジメントを行う中で、1対1のコミュニケーション量を多く取ることを念頭に置いております。短期間で効率性を上昇させるためには、円滑に進行する仕組みだけではなくメンバーとの共通認識を取ることが重要だと考えております。

そのため、毎日夕礼後に10分間メンバーと1対1でコミュニケーションを取る時間を割いて、業務に関する課題や個人的な悩みまでを話し合い、常にメンバーの最新の状態を管理するように徹底しました。その結果、プロジェクト進行におけるスピードが上昇しただけでなく、フォローバックする体勢も整えることが出来、1度も納期遅延や離職などの危機を起こすこと無く、プロジェクトの成功に導きました。

部下が目標達成できるよう支えるマネジメントの例文

5人の制作メンバーをディレクションする立場として、一人ひとりのメンバーが目標を自ら達成できるようなマネジメントを心がけています。その際に私が重点を置いていることは「部下自身に目標を決めさせること」と「部下が自分の目標達成のために必要であると思ったことをサポートする」ということです。

目標を押し付けるのではなく自分で納得して取り組めるように意味付けを行い、達成のためにどうすればいいかを考えさせて必要な手助けをすぐにする黒子のような動きを心がけていました。その結果、メンバー自身の生産性と主体性が向上し、一人あたりの稼働案件数が昨年度と比較して125%上昇し、かつ全体の稼働時間総量も約12%削減することを達成しました」

これらの例文はほんの一部ですが、書き方として「プロジェクトのマネジメント」と「組織のマネジメント」のどちらにも触れられていてアピールに繋がりますね。

転職時活動に使える!面接でのマネジメント経験の伝え方

面接の中でのマネジメント経験について聞かれることがよくあります。この場合、企業はその質問において以下の3つのポイントを知りたいと思っています。

(1)どのような方法で、実績をあげたのか?
(2)自社の採用ニーズと合致しているか?
(3)本当にマネジメントの適性があるか?

(1)どのような方法で、実績をあげたのか?

ただ結果だけでなく、そこにいきつくまでの「プロセス」においてマネジメントの本質はあります。あなたがどのようなことをしたのか具体的に伝えましょう。

(2)自社の採用ニーズと合致しているか?

たとえば、自社のエンジニアメンバーをまとめるマネージャーが欲しいという企業があったとします。そこで自身のマネジメント経験は対外注先または派遣のエンジニアを対象にしていたものだとします。

そうすると、コミュニケーションの仕方や評価、教育などの仕方が異なりますから、こういったマネジメント経験はプラスにはなるものの、合致はしていません。より適した人材が選考にいたらそちらが選ばれてしまうでしょう。そのため、転職したい会社の中で求められているポジションの詳細を把握しておくことが必要です。

(3)本当にマネジメントの適性があるのか?

マネジメントと言っても、ただメンバーの勢いや景気の流れによって上手く行ったということもあります。たとえそれがどんな状況でも再現できるのか?というところにマネジメントの適性があります。

また、場合によっては本当にマネジメント経験を持っているのかということを確かめる、といったこともあります。自身の経験を正確に振り返り、それがどんな環境においても実現可能なものなのかを言語化しましょう。

質問に対する回答例

それでは、実際に質問に対する回答例をご紹介します。ここであげられているのは見本になりますので、このまま転職活動時に使用するのではなく、参考程度にしてみてください。

Q.あなたのマネジメント経験を教えてください。

前職ではプロジェクトマネージャーとして20代の若い6人の部下を管理していました。15分程度のチームミーティングを毎日行い、仕事の進捗確認、スケジュールの確認を行い、タスクの分配や方向性の修正を常にスピード感を心がけて行ってきました。部下が状況に迷うこと無くシンプルに取り組むことが出来る環境を作り、横断したコミュニケーションを活発にするチームワークを大切にしてきたおかげで、最も少ないプロジェクトメンバーであったのですが、社内で最も生産性の高いチームにすることが出来ました。

広告部門のマネージャーとして5年間、20代の男女10人を、年間の売上目標3億円の達成に向けて、KPI管理、プロセス管理を中心に行ってきました。年間平均3億2000万円の売り上げで、平均達成率113%を達成しました。当該の部門は新しく立ち上げたものあり、新規の顧客開拓からスタートさせて、現在では全社売上30億円のなかで、およそ10%のシェアを担う部門へと成長させる事ができ、主力事業へとすることが出来ました

Q.マネジメントで苦労した点はなんですか?

マネージャー就任時に自分よりも年齢が上のメンバーのマネジメントをすることとなり、コミュニケーションにおいて苦労しました。具体的には目標達成に向けてのメンバーへの士気をあげることや、具体的な改善要求などを提案してもなかなか実行に動かしてくれない状態でした。そこで自分自身も数字を持つことでメンバーと肩を並べて行動するようにすることで連帯感を醸成することが出来、メンバーからの信頼を獲得することに成功しました。そしてマネージャー就任初年度で目標の達成をすることが出来ました。

メンバーの育成に苦労しました。部下についていたメンバーの多くが入社2年以内の若手で占めており、それぞれの欠点を補うことを要しました。私一人で全体を見渡すことが出来ないと考えたため、自分の他にもう一名補助に回ってもらうようなサブマネージャーを育成し最適なサポート体制を作ることに尽力しました。その結果、メンバーの目標達成に向けた自主的行動が芽生えただけでなく、サブマネージャーとして育成した部下が別のマネージャーになるなど育成に成功しました。

「マネジメント経験有」となる人数は何人から?

数名のマネジメントの場合

マネジメント経験の中で、何人以上のマネジメントをしてきたのかは転職活動時の選考においてポイントです。なぜならば、数名をマネジメントすることと、数十〜数百名をマネジメントすることでは取り組んできた業務が異なるからです。数名のマネジメントであればメンバーの顔を見て指示出しをすることも可能なため細かいマネジメント経験が求められます。

数十〜数百名のマネジメントの場合

一方、数十〜数百名のマネジメントの場合は自分ひとりでは見きれませんから、自分の下に複数名のサブマネージャーを設置し、横断的な指示を出していきます。その場合全体を牽引していくための施策や全体の数字管理など求められる業務が異なります。

人数は正確に伝えよう

しかし、一概的に「自分の指示系統下にいるメンバー数」があなたのマネジメント人数になります。それがたとえ1名でもマネジメント人数には入ります。人数は少ないよりも多いほうが責任は重大になりますが、必ずしもそういう方が欲しいという企業ばかりではありません。人数は正確に伝えましょう。

マネジメント経験のアピールは好印象につながる?

マネジメント経験は好印象につながる

さて、ここまで述べてきたマネジメント経験ですが転職活動において、マネジメント経験はアピールポイントになることは言うまででもありません。しかし改めて、それがなぜ企業に対してのアピールになるのでしょうか?

理由1:即戦力になる

理由の1つが「即戦力」だからです。マネジメントレベルまで業務を遂行しチームをまとめたことがある人物は、スキル・人物的にも経験してきた量が一定以上あります。そのためたとえ転職して場所が変わったとしても、その人は環境に適応して自らで動いてくれるという確証を得やすいからです。

理由2:マネージャーの人材不足

2つめの理由が「マネージャーの人材不足」です。特にプロジェクトマネージャーのような1つのプロジェクトを任せられるような人材は今IT・Web業界においてはとくに求められています。あらゆる面で会社のリソースを活用して業績を向上させていきたいと考えている企業が多くいるので、そうした企業にとってマネジメント経験のある人材は急募に近いと思われます。

マネジメント経験者は求められている

マネジメント経験者は必然的に「プロジェクトマネジメント」と「組織マネジメント」の2つを経験してきた事になります。目標に対してリソースをどのように分配して活用すればよいか仮説検証と行動量を伴う管理能力と共に、メンバー個々に対してのモチベーション管理やチームワークづくりのためのコミュニケーションが必要になってきます。こうした経験を自社で活かして欲しいと企業側は考えているんですね。

「マネジメント経験有」と判断される役職

マネジメント経験に人数は関係ないと先程お伝え致しました。どのような仕事がマネジメントになるのかをご理解頂ければ、それがたとえサブマネージャーやリーダーであってもしっかりとマネジメント業務に携わっていたこととなります。一般的に言えばマネジメントポジションとしての役職は「課長以上」と言われていますが、役職名がたとえそうであったとしても、課内には人が居なかったり業務内容が異なっていたりする場合があります。

なので、役職名で判断をするのではなく「人数」と「何を業務として実行したか」によって経験があるか・ないかを判断することとなるでしょう。マネジメント経験は今とても重宝されるスキルです。特に20代後半から30代前半にかけてこのような経験を積むことが出来れば、転職活動時に非常に有利になることでしょう。

また、転職したいけれどマネージャーの経験はない、と言った方でもご安心下さい。マネジメントの経験は「役職」ではなく経験の中にあります。なので、近年では転職者への募集要項の中に「マネジメントに準ずる経験」といったことを記載している企業もあります。そういった場合は、ご自身の経験の中でマネジメントに活かすことが出来るようなエピソードを伝えることで企業にアピールすることが出来るでしょう。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • >正社員同等の保障>
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。