サーバーエンジニアの仕事内容・平均年収・必要なスキルセット


サーバーエンジニアの仕事内容

サーバーエンジニアはその名前の通り、サーバー専門のエンジニアです。しかし、サーバーを触る経験自体がそうそう無いものなのでイメージがしにくいかもしれません。まずはサーバーの果たす役割を見ていきましょう。

インターネットを利用する上でサーバーは欠かすことのできない要素です。むしろインターネットとサーバーは最早切り離すことのできない関係と言えます。私達がインターネットを通して見ているものはどこかのサーバーのデーターないし演算結果です。

サイトのデータないしプログラムを保管しリクエストに答えるサーバーをWEBサーバーと言いますが、他にもメールサーバーやデータベースサーバー、DNSサーバーなど様々な種類のサーバーが組み合わさってインターネットが利用されている状況となっています。

サーバーエンジニアはこうしたサーバー群を扱う仕事です。言い換えるならインターネットの根幹に携わる職業と言えるでしょう。インターネットがインフラストラクチャーの一部となりつつある現代において、この職業の重要性は増すばかりです。

次に具体的なサーバーエンジニアの仕事について見ていきます。

サーバーエンジニアの担当範囲はサーバーに関連する業務です。そしてサーバーは実際に存在している物理的なモノなので、直接サーバーに触れることもあります。つまり配線作業をするということです。

IT系の職業はプログラムを始めとした仮想的な環境での作業が多いものですが、サーバーエンジニアは特に物理的な作業をするという点に特徴があります。企業内のサーバールームにはおびただしい量の配線がなされていて一見何がどうなっているのか分かりません。それほどの専門性があるスキルです。

また、サーバーエンジニアはサーバーにOSやアプリケーションをインストールすることにもなります。そのためLINUXやWINDOWSといったOSの知識からApacheのようなWebサーバのアプリケーションの知識も要求されます。こうなってくるとネットワークの設定にも関わってくるためネットワークエンジニアの領域にも触れることになるでしょう。

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアは親戚のような関係にあります。サーバーはネットワークを構成する機器でありネットワークエンジニアはネットワークを専門に扱っているエンジニアだからです。

そのため会社によっては両方の領域を任されることがあるかもしれません。現在ではインフラエンジニアという言葉もあり、これはネットワークエンジニアとサーバーエンジニアを併せた職種となっています。サーバーエンジニアになるということはネットワークエンジニアに関連した業務を行う可能性もあります。

それからサーバーエンジニアはサーバー環境の構築という大事な業務を担うことになります。サーバーは台数が多く性能の良いものほど円滑な通信環境を構築できるわけですが、予算や電源容量の問題もあるため理想的な環境を作ることはまずできません。

プログラマーなどと相談して十分快適に動作するサーバー環境を構築することを目指すことになります。特にサーバーは稼動させ続けなければならない機械ですから、コスト上重要な要素です。ここがサーバーエンジニアの腕の見せ所と言えるでしょう。

サーバーの保守もサーバーエンジニアの大事な仕事です。サーバーに異常が起こるとアクセスできなくなりサービスを利用できなくなってしまい、何の意味もなさなくなってしまいます。そうしたトラブルを迅速に解決することがサーバーエンジニアには求められます。

もし、クライアントが「一刻も早く復旧して欲しい」と要求するなら即座に動く必要があります。トラブルが長引けば長引くほど労働時間は増加し、関わる人のストレスも溜まっていきます。そのため事前にあらゆるトラブルに対処できるよう知識を蓄えておく必要があります。

サーバーエンジニアの仕事はインターネットを成立させるための重要な仕事です。適切なサーバー環境を構築し保守を続ければ利用者は快適にサービスを使うことができます。一言で言えば「縁の下の力持ち」的な仕事となります。

サーバーエンジニアが取得しておくと役立つ資格

IT系の職業には専門によりそれぞれ対応する資格が儲けられていますが、サーバーエンジニアも例外ではありません。代表的なものから見ていきましょう。

LPIC

これはLINUXに関する資格です。サーバーにはCentOSを始めとしたLINUX系のOSが使われることが多いため、サーバーエンジニアの力量を示す資格となるでしょう。レベルは3段階に分かれていて、1が最も簡単で3が最も難しくなっています。また、LPICは試験の形がレベルによって異なるので注意が必要です。

LPIC Level 1:LPIC 101とLPIC 102に合格する必要がある
LPIC Level 2:LPIC 201とLPIC 202に合格する必要がある

Level 2までは2つの試験に合格することで初めて資格を受けられるようになります。そしてLevel 3ですが、これは次のいずれかに合格すれば取得できる形です。

LPIC Level 3:
LPI 300 Mixed Environment Exam
LPI 303 Security Exam
LPI 304 Virtualization and High Availability Exam

ただLPICはLevel 1でも難易度の高い資格です。出題範囲が広範なため、ある程度LINUXに慣れていないと合格は難しいかもしれません。LINUXなら業務用サーバーと異なり個人でもフリーで入手することができるので、勉強がてら個人的に使ってみるのも良いでしょう。普段使いのOSをLINUXにすれば段々とコマンドも覚えていけるはずです。

RHCE

RHCEはRed HatCertified Engineerの略称で、LINUX OSの1つであるRed Hat Linuxの専門性を証明する資格です。民間企業が主催している資格なのでベンダー系資格とも呼ばれているのですが、その信頼性は高いと言えるでしょう。

情報系の資格にはこうしたベンダー系の資格も数多く存在しています。基本的なRHCEの資格は次の2つです。

RHCSA:基礎的なRed Hatの使い方が問われる、LPIC Level 1相当
RHCA:応用的なRed Hatの使い方が問われる、LPIC Level 2相当
ほか:エキスパート認定資格として様々なものが存在

どちらもLPICと同じ範囲を取り扱われているので、LPICとRed Hatの資格取得を同時に目指すのも悪くないかもしれません。特に業務でRed Hatを操作していないのであればLPICを優先的に受験するのが無難でしょう。

MCP

これはMicrosoft Certified Professionalの略称で、WINDOWS系のサーバーを構築、運用する場合に有効な資格です。難易度順に見ていきましょう。

MTA:IT技術全般に関わる
MCSA:410、411、412という3つの試験に合格することで取得できる(どれもサーバー関連の試験)
MCSE:高度な技術が問われる
MCSM:最高位の技術が問われ、難度がとても高い

基本的にはMCSAの取得を目標にすると良いかもしれません。MTAだけでは心許なく、MCSEは難しい難易度となっています。MCSMにいたっては取得するまでかなりの労力を必要とするでしょう。マイクロソフト系のサーバーエンジニアになりたいならMCSAに合格できれば力量を認められるはずです。

サーバーエンジニアの平均年収

職業の平均年収を知るにはできるだけ公的な情報が良いものです。ですが、厚生労働省が公開している賃金構造基本統計調査ではサーバーエンジニアの項目が無いため参考にできません。そこで転職サイトDODAの統計を参考にサーバーエンジニアの平均年収を見ていきましょう。まずは調査実施年別の平均年収から見ていきます。

2013年:461万円(男性466万円、女性398万円)
2014年:485万円(男性492万円、女性403万円)
2015年:497万円(男性502万円、女性443万円)
2016年:493万円(男性504万円、女性405万円)

こうして見ると年々年収は上昇していることが分かります。特に男性の年収額は年々増加の一途を辿っている模様です。20代は300~500万円、30代は400~600万円に割合が集中しているので自分の年齢と比較して考えて見ると良いでしょう。

40代以降となると高所得者の割合も増加しているため、順調に年功序列の流れに乗れば高い報酬を受け取ることができるはずです。少なくとも需要が低下するようなスキルセットではないため、年収額はそれ相応のものとなるはずです。

サーバーエンジニアに必要なスキル

サーバーエンジニアはサーバーの専門家です。そのためサーバーについての知識が求められます。サーバーがインターネットの中でどのような役割を果たし、またどのように動作しているのかを知っていなければいけません。

また、扱う機器の特性からネットワークエンジニアと職域がかぶる部分もあるため会社によってはネットワークエンジニアの知識が問われるかもしれません。

知識の内容は先述した資格LPICやMCPなどを取得する過程で養うことができるでしょう。業務用サーバーは日常でなかなか目にする機会の無い機器なので難しく感じるかもしれません。ですがサーバーエンジニアにはどうしてもサーバーの知識が求められるので、きちんと勉強しておきましょう。

サーバーを構築する際にはどの機器がどの程度の性能を有し、構築のコストがどれくらいかかるかを概算できれば周囲の助けとなるはずです。またどのように構築すればより便利で軽いサーバーになるか、というサーバー構築の知識があるとより良いでしょう。つまりサーバーエンジニアに求められているスキルというのは、サーバー構築の知識と実際に構築できる技術力の2つと言えます。

サーバーエンジニアとしてスキルアップするための勉強方法

まず最初は、サーバーという機器の把握に努めてみましょう。現在ではレンタルサーバーを安価に借りることができるので、様々な実験をすることができるはずです。また、家庭用のルーターでも構わないのでネットワークのパケットを眺めてみるのも良い経験となります。将来ネットワークエンジニア的な業務を任された際、戸惑わずに対応できるようになるかもしれません。

もし、業務用サーバーをいじることができるなら、様々な事を試してみましょう。概念では知っていても実際に手を動かすことで知識は実感をもって把握できるようになります。

サーバーエンジニアとしてスキルアップしたい時にオススメの本

サーバーをより理解するための本を入門用から見ていきましょう。

小悪魔女子大生のサーバエンジニア日記

女子大生がサーバエンジニアのアルバイト風景を描いた日記帳の本です。絵が多くサーバエンジニアがどういうものかがすんなり理解できるでしょう。書き文字は女の子文字なのでぐねぐねしていますが読めるので問題ありません。のんびり勉強してみたい方におすすめです。

サーバ/インフラエンジニア養成読本

サーバエンジニアとネットワークエンジニアを合体させた言葉「インフラエンジニア」をタイトルとして使用した本です。内容は実践的でトピックも新しく正にサーバーエンジニアのための本と言えるでしょう。様々なバージョンがあるため自分に合ったものを選ぶ必要があります。

Apacheモジュール プログラミングガイド

プログラム系の書籍です。よりサーバーエンジニアを極めたいと思う場合、プログラミングは避けられません。使用する案件も多いApacheに詳しくなりたいならこの本を読むと良いでしょう。

サーバーエンジニアの将来性

IT系の職種の中でもサーバーエンジニアは安定した職業と言えます。特にインターネットを介する業務においてサーバーは必要不可欠な存在なので、サーバーエンジニアの需要も高いと言えるでしょう。また、クライアントがより良い通信環境を求める場合にもサーバーエンジニアは力になれます。

また、これからインターネットを介した商取引が増加するにつれてサーバーはより存在感を増すようになるはずです。そうなれば商取引がある以上、サーバーの専門家すなわちサーバーエンジニアが必要と言う状況になります。

以上の理由からサーバーエンジニアの需要は高く、将来性も有望で十分に安定した職種です。社会のITインフラを支えている、現代にとってなくてはならない職種といえます。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。