フロントエンドエンジニアの仕事内容・必要スキル/資格・参考書


フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアとは、プログラミングだけでなく、ユーザーインターフェイスまでデザインする高度なエンジニアのことです。開発現場でプログラミングさえできればいい職種ではなく、幅広い対応力が求められます。

フロントエンドエンジニアは一般的にweb業界での案件や求人で求められる傾向があります。web業界の職種といえば、エンジニア以外にもデザイナーやディレクター、コーダーがありますが、フロントエンドエンジニアはエンジニア以外のデザイナーやコーダーの役割も担う必要があります。特にユーザーインターフェイスをデザインする、というところがポイントです。

開発に特化したエンジニアがユーザーインターフェイスのデザインまで求められることはありません。しかし、フロントエンドエンジニアとなると、ユーザーインターフェイスのデザインができることが前提となります。

近年のユーザーインターフェイスはパソコン操作だけをデザインすればいいわけではありません。スマートフォンやタブレットなどさまざまなデバイスについても考えることが必要です。

またCMSを駆使してwebサイトの制作を担当する場合は、サーバ-やデータベースの理解も必要です。フロントエンドエンジニアは開発の技術だけでなく、webの専門家として幅広い対応力が欠かせません。

フロントエンドエンジニアに必要なスキル

フロントエンドエンジニアになるためには、必要なスキルがいくつかあります。ユーザーインターフェイスのデザインやコーディングスキルの必要性は前述した通りですが、それだけではありません。ではフロントエンドエンジニアには他にどのようなスキルが必要になるのでしょうか。それを以下に見ていきましょう。

最新の情報を常にインプットする習慣

web業界の進化のスピードは日進月歩です。最新情報を常にチェックしていなければ時代に取り残されてしまいます。それは、フロントエンジニアも例外ではありません。

フロントエンジニアとなると、プログラムや言語のことだけでなく、ユーザーインターフェイスのデザインや世の中のトレンドにも注意を向けなければいけません。常に最新の情報をインプットしていなければ、クライアント企業がwebで表現したい欲求に対して適切に答えられない可能性があるからです。

卓越したコミュニケーションスキル

フリーランスのフロントエンドエンジニアとして活躍するためには卓越したコミュニケーションスキルも必要となります。なぜなら、フロントエンドエンジニアは基本的に幅広い知識をカバーしているため、ディレクターや他のエンジニアと協議する機会が多くなるからです。

また、状況によってはクライアントやパートナーなど社外の関係者との打ち合わせに出向かなければいけない可能性もあります。フロントエンドエンジニアとして案件に関与した場合、色んな立場の人と向き合わなければいけません。

その時に信頼関係を構築するスキルや、難しいことを簡単に伝える話し方を身につけていなければどうなるでしょうか。プロジェクトをスムーズに進められない可能性が出てきてしまいますよね。

時にはメンバーのモチベーションを高めるための声がけが必要になるかもしれません。フロントエンドエンジニアとして仕事を受けるなら、卓越したコミュニケーションスキルは欠かせないといえます。

デザインのスキル

フロントエンドエンジニアはユーザーインターフェイスのデザインだけでなく、webサイトのデザインまで業務範囲になっていることが珍しくありません。もちろん、フロントエンドエンジニアにどこまでの役割を求めるのかは、現場によって異なります。

しかし、フリーランスのフロントエンドエンジニアとして案件を受けた場合は、プロとしての役割を求められます。デザインを求められた場合に対応できるだけのデザインスキルを身につけておく必要があります。

例えば、コーポレートサイト制作の現場で就業したとしましょう。その場合はデザインのためのブランディングやIR、CSRなどの知識が欠かせません。フロントエンジニアとして現場に入る際は、現場でどのような役割を求められているのかを瞬時に把握して対応することが大切です。

コーディング力

コーディング力とはHTMLやPHPなどを使ってwebサイトを作るスキルを意味しています。またコーディングはデザインを仕上げる時に欠かせない作業でもあります。プログラミングとも関連が深いスキルだといえるでしょう。

また、コーディングをするためには、HTML以外にもさまざまな言語を理解しておく必要があります。それはPHPやsmartly、CGI、jQueryなどです。ライブラリ、ポップアップ表示、申し込みフォームなどが、webサイトを完成させるためには求められるからです。

コーディング力とはプログラムの文法を組み合わせる能力でもあります。フロントエンドエンジニアとして活躍するためには、このコーディング力も欠かせません。

マークアップ言語のスキル

マークアップ言語とは、HTMLやJavaScriptなど、webサイトを制作する際に必要となる言語です。またサイト内の文章を構造化するためにも欠かせません。webサイトの中でどこがタイトルでどこが本文なのか、またどこが重要な部分なのかを示す役割があります。

では、マークアップ言語の中で最も頻繁に用いられるのはどのような言語なのでしょうか。それはHTMLです。もちろんHTMLだけでwebサイトの制作ができるわけではありませんが、マークアップ言語の中で重要な言語であることは間違いありません。

ここで注意しなければいけないポイントがあります。それは、プログラム言語とマークアップ言語は言語の目的が異なる、ということです。プログラム言語は機械語とも呼ばれ、基本的にコンピュータそのものを動かすことを目的としています。

しかし、マークアップ言語の目的はあくまでも文章の役割を明確にすることです。マークアップ言語の理解やSEOやSEMを考えればその重要性が分かります。グーグルなどの検索エンジンは同じような情報量のサイトがあれば、基本的にしっかりと作り込まれたユーザーにとって役立つサイトを上位に表示します。

文章の構造化ができていないサイトとできているサイトがあれば、構造化されているサイトの方が上位表示される可能性が高くなります。マークアップ言語を理解して使いこなすことで、検索エンジンに最適化したイトを作ることができます。

フリーランスのフロントエンドエンジニアとして活躍するためには、このマークアップ言語の理解も必要となります。

分かりやすい設計をするスキル

フリーランスのフロントエンジニアとして活躍するためには、分かりやすい設計をするスキルも必要です。では分かりやすい設計をするスキルとは具体的にどのような能力なのでしょうか。それは分かりやすいドキュメントを設計するスキルです。設計書は基本的にドキュメントで共有されます。

基本設計書やプログラム定義書、テスト仕様書など、これらの書類はドキュメントで作成しなければいけません。システム移行などの計画書に関してもドキュメントが必要です。エクセルで共有できるデータが必要となります。

システムの問題点をピックアップして、その改善を提案する際にもドキュメントが必要です。フリーランスのフロントエンドエンジニアとして活躍するためには、ドキュメント作成能力も欠かせません。

フロントエンドエンジニアの平均年収

フロントエンドエンジニアの平均年収は4,000,000円円程度です。ネットの求人情報を閲覧していると、中には7,000,000円前後の高い年収が提示されている場合もありますが、フロントエンドエンジニアとして高い年収を得るためには、高い技術力と実績の両方が必要です。フロントエンジニアとしてのキャリアがまだ長くない場合は、4,000,000円程度の年俸を目指すのが妥当だといえるでしょう。

では、どうすればフロントエンジニアとして平均以上の年収を稼ぐことができるのでしょうか。そのためには、フロントエンジニアとしての経験を積んでいくしかありません。フロントエンジニアとして開発やインターフェイスのデザインができるようになれば、次はあらたなスキルを身につけることを考えましょう。

ディレクターとしてのスキルを身につければ、プロジェクトマネージャーのような役割を任されることもできるかもしれません。フリーランスのフロントエンドエンジニアを目指すなら、マネジメントスキルを磨くことも意識しておきましょう。

フロントエンドエンジニアに資格は必要か

フロントエンドエンジニアとして働くためには取得しておくべき資格があります。もちろん、現場で求められるのは常に実力であり資格ではありません。

しかし、フロントエンドエンジニアとして長く働くなら、資格は取得しておいた方が信頼される可能性が高くなります。ではなぜフロントエンドエンジニアには資格が必要だといえるのでしょうか。その理由はフロントエンジニアの業務範囲が広いからです。

フロントエンドエンジニアはHTML,CSS,PHP,CMSの構築や設計まで実施しなければいけません。デザイナーが対応している領域まで、スキルが求められるからです。このことからフロントエンドエンジニアは、コーディングができることの証明に役立つ資格を保有すべきだといえます。

フロントエンドエンジニアが取得しておくと役立つ資格

フロントエンドエンジニアが取得しておくと役立つ資格は前述した通り、コーディングスキルがあることを証明できる資格です。ではどのような資格を取得すればコーディングスキルの証明となるのでしょうか。それは以下の通りです。

LPI-JapanのHTML5プロフェッショナル認定資格

LPI-JapanのHTML5プロフェッショナル認定資格は資格名にあるHTML5だけでなく、CSSやJavaScriptなどの技術を証明する資格です。HTML5プロフェッショナル認定資格には初級と上級がありますが、上級まで取得しておけばスキルの証明になるといえるでしょう。

初級がカバーする範囲はHTML5を駆使した静的コンテンツの作成です。またパソコン以外のスマートフォンやタブレットなどの端末に対応したサイト作成についての技術を証明することができます。

上級資格を取得すれば、動的コンテンツの技術の証明に役立ちます。動的コンテンツとは、リクエストに応じてコンテンツを表示する機能です。検索エンジンに文字を打ち込めば、すぐにそのキーワードに応じたサイトが一覧で表示されますよね。

そういった機能も動的コンテンツに含まれます。HTML5プロフェッショナル認定資格の上級資格まで取得することは、HTMLやCSSの技術がある証明となるだけでなく、webサイト作成における静的コンテンツと動的コンテンツを作成できる証明にもなります。

また、HTML5プロフェッショナル認定資格はフロントエンドエンジニアに限らず、ITエンジニアやデザイナーからも人気がある資格です。企業にフロントエンドエンジニアとして勤めている場合は、HTML5プロフェッショナル認定資格を取得したことで手当てが出る、または昇給する可能性もあります。

webクリエイター能力認定試験

webクリエイター能力認定試験はビジネス能力検定のサーティファイが認定する資格です。webクリエイター能力認定試験はHTML5プロフェッショナル認定資格と同じようにコーディングスキルの証明となる資格です。

フロントエンドエンジニアにはコーディングスキルが欠かせません。試験のランクは二段階あり、エキスパートとスタンダードです。webクリエイター能力認定試験のスタンダードはあくまでも初級です。

フリーランスのフロントエンドエンジニアとして活躍することを考えるなら、webクリエイター能力認定試験はエキスパートまで取得しておくべきだといえるでしょう。webクリエイター能力認定試験はエキスパートまで取得しておけば、webデザインのスキルを高めることができます。

またwebクリエイター能力認定試験はHTML5だけではなく、XHTML4.01、XHTML1.0にも対応しています。webクリエイター能力認定試験は受けたい種類を選んで受験することができます。では、webクリエイター能力認定試験のエキスパートではどのような問題が試験として出されるのでしょうか。

実技試験では、1つのwebサイトを完成させることが求められます。エキスパートの実技をクリアするためには、HTML、CSS、JavaScriptの理解が欠かせません。

しかし、webクリエイター能力認定試験のエキスパートは集中して勉強すれば、仕事をしながらでも1~2ヶ月で取得することは難しいことではありません。フロントエンドエンジニアとして客観的な実力を証明したい場合、webクリエイター能力認定試験は取得を検討すべき資格だといえるでしょう。

フロントエンドエンジニアとHTMLコーダーとの違い

フロントエンドエンジニアとHTMLコーダーとの違いを理解するためには、まずHTMLコーダーがどのような職種であるかを理解することが欠かせません。ではHTMLコーダーとはどのような職種なのでしょうか。HTMLコーダーとは、デザイナーが作成したデザインをwebサイトに反映させる作業を主な業務とする職種です。HTMLコーダーになるためには、HTMLとCSSやJavaScriptを使いこなすことが欠かせません。

この業務はフロントエンドエンジニアも対応する領域ですが、フロントエンドエンジニアはwebサイトのデザイン以前のサイト制作の構造や技術的な課題を明確にする役割も担います。

もちろん、どの程度の範囲を業務として求められるのかは、現場によって異なりますが、HTMLコーダーが不在の場合、フロントエンドエンジニアはHTMLコーダーの仕事をそのまま担うことになります。

ではHTMLコーダーには求められず、フロントエンドエンジニアに求められるスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。それは以下の通りです。

・HTML5のAPI
・CSS3プロパティのブラウザサポート
・CMSの拡張
・JavaScriptを使用したオリジナルインターフェイスの作成

HTML,CSS,CMS,JavaScriptの操作はHTMLコーダーにもフロントエンジニアにも必要ですが、求められるスキルの細かい部分は異なります。HTMLコーダーよりもフロントエンジニアの方がより深く、技術を理解していることが求められます。

フロントエンドエンジニアとしてスキルアップするための勉強方法

フロントエンドエンジニアとしてスキルアップするためには勉強が欠かせません。もちろん、現場で実績を作ること以上のスキルアップはありませんが、日進月歩で進化するweb業界で生き残ためには、勉強も必要です。

では、フロントエンドエンジニアとしてスキルアップするためにはどのような勉強方法が効果的なのでしょうか。それは以下の通りです。

入門書で学ぶ

HTMLやCSS、JavaScriptは基本を押さえることが大切です。これはどの技術を学ぶ時も共通していえることです。そのためある程度勉強が進んだ後に、あえて入門書をもう一度読み込むことも効果的な勉強となります。基本的なことを詳しく解説した書籍もおすすめです。

ネットで情報を収集する

ネットからもフロントエンドエンジニアに必要な知識や情報は得るこができます。特に最新のトレンドのついての情報は書籍よりもネットをリサーチした方が早く入手できる可能性があります。ITについて特化した情報を配信しているニュースサイトなどはチェックすべきメディアの一つです。

専門学校や教室で学ぶ

フリーランスのフロントエンドエンジニアとしてのスキルを高めるためには、専門学校や教室で学ぶことも有効な手段の一つです。例えば、会社員として務めている期間があり、そこからITフリーランスとして独立して仕事をするとしましょう。その場合、会社員を辞めてからすぐにフリーランスとして活動を開始するタイミングは自分で選ぶことができます。

いきなり独立するのではなく、専門学校や教室でHTML、CSS、JavaScriptなどを学びなおすという選択肢もあります。専門学校に通うのはハードルが高いかもしれませんが、教室に通う程度であれば働きながらでもできます。「この人から学びたい」と思える人がいた場合、教室に通うことでスキルアップできる可能性があります。

実際にHTMLとCSSを駆使してサイトを作成する

フロントエンジニアとしてスキルアップするためには、実際にサイトを作成することも大切です。書籍やネットでどれだけ情報をインプットしたとしても、実際に手を動かしてサイトを作成しなければ、スキルとして身につけることはできません。

フリーランスのフロントエンジニアとしてスキルアップしていきたい場合は、HTMLとCSS、JavaScriptを駆使してサイトを作成していきましょう。自分で作るサイトなら、ミスしても問題はありません。難しい機能を加える、ふと思いついたアイデアを形にするなど、さまざまな挑戦をすることができます。

英語サイトから積極的に情報をインプットする

フロントエンジニアとしてスキルアップするためには、英語サイトから積極的に情報をインプットすることも大切です。HTMLやCSS、JavaScriptについての情報は日本語のサイトよりも英語圏のサイトの方が情報量は豊富です。

一定のレベルまで情報をインプットしたら、今度は英語の情報をインプットすることも検討しましょう。英語サイトから情報を入手することは最初こそ大変ですが、慣れてしまえばそこまで難しいものではありません。専門用語も一度覚えてしまえば問題はありません。

さまざまなwebサイトをチェックする

Webサイトにはトレンドがあり、時期によって人気があるデザインは異なります。そのため今どのようなサイトがユーザーから人気があるのか、ということは常にチェックすることが欠かせません。フロントエンジニアとして技術を持っていたとしても、トレンドを掴んでいないだけでなく、ユーザーの目線に立つことができなければいかがでしょうか。

ユーザーの目線に立つことができない人がユーザーインターフェイスをデザインできる、ということはありません。フロントエンジニアを目指すなら、日々さまざまなwebサイトをチェックして研究することも大切です。

フロントエンドエンジニアとしてスキルアップする時にオススメの本

フロントエンジニアとしてスキルアップするためには書籍から学ぶことも大切です。ではフロントエンジニアとしてスキルアップするためには、どのような書籍があるのでしょうか。その一部を厳選して以下に紹介します。

フロントエンドエンジニアの教科書

フロントエンジニアの教科書はタイトルが示すように、フロントエンジニアの教科書となる内容が網羅されている書籍です。問題解決のテクニックやコーディング、jQuery、ページの表示速度の上げ方など、さまざまな情報が解説されています。フロントエンジニアとは何かを理解したい場合にもおすすめの一冊です。

フロントエンドエンジニアのための現在とこれからの必須知識

本書はフロントエンドエンジニアの入門書というよりは、ある程度の経験があるフロントエンドエンジニアに向けて書かれた書籍です。webサイトを制作する際に対応しなければならないデバイスは、年々変化していくものです。20年後は今とは想像もつかないデバイスへ対応しなければならないような状況になっている可能性もあります。

本書はそんな遠い未来を予測した情報ではなく、今知っておくべき情報が網羅されています。本書を深く読み込めば、近年フロントエンドエンジニアはどのような技術を使っているのか、また役割が求められているのか、ということを理解することができます。

Web制作者のためのCSS設計の教科書 モダンWeb開発に欠かせない「修正しやすいCSS」の設計手法

フリーランスのフロントエンドエンジニアとして活躍するためには、CSSの深い理解が欠かせません。本書はCSSの理解を深めるために役立つ書籍です。

内容はCSSにおける設計の基本からCSSプリプロセッサを用いた管理まで、web制作で必要となるCSSの情報が網羅されています。本書を読むことで今まで書いてきたCSSの書き方を見直すきっかけとなるかもしれません。CSSについて学び直したい場合にもオススメの書籍です。

HTML5&CSS3デザインブック (ステップバイステップ形式でマスターできる)

本書はHTML5とCSS3の理解を深めるために役立つ書籍です。webページのデザインはどのように捉えるかで、想起できるデザインが決まります。本書ではボックスを並べるという視点を持ってデザインする手法が解説されています。

フリーランスでフロントエンドエンジニアとして働いていると、さまざまなジャンルのwebサイトの制作を依頼されます。本書ではニュースサイトやビジネス系サイトなど、ジャンルごとにどのようにサイトを制作すればいいのか、実例と共に紹介されています。

本書は入門書の内容を身につけた次の段階で読む書籍でもあります。フリーランスのフロントエンドエンジニアとしてスキルアップしたい場合にはぴったりの書籍だといえるでしょう。

HTML5 & CSS3 デザインレシピ集

本書はタイトルが示す通り、HTML5とCSS3のデザインがレシピのように紹介されています。注目すべきポイントは今すぐに使えるテクニックが300も掲載されているところ。

最初から読み進めていくよりも実用書として、現在の現場に関連した箇所をピンポイントで読むことをおすすめします。フロントエンドエンジニアだけでなく、webデザイナーにも役立つ書籍です。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。