Scalaの特徴・単価相場・求められるスキル・勉強方法


Scalaの特徴

Scala(スカラ)とはプログラム開発をするための言語の一つ。プログラム開発言語といえばJavaが良く知られていますが、ScalaはJavaの良さを含んでいる、という特徴があります。開発にはスクリプト言語や関数型言語が用いられることも少なくありませんが、そういった言語の良さも含んでいます。

そんなScalaの開発者はMartin Odersky氏。Martin Odersky氏はJavacno開発にも関与した人物です。Scalaの開発が開始された時期は2003年。他の言語と比べると新しいプログラミング言語といえます。

Javaはプログラム開発の現場では欠かせない言語の一つです。しかし、下位互換性について考えれば、完璧な言語ではありません。ScalaはそういったJavaの問題点を解消する言語でもあります。簡易的に並列処理プログラミングを行いたい場合にもScalaは適しています。

Scalaの単価相場

HRogの「プログラミング言語別給与ランキング2015年版」によれば、求人年俸額の平均は401万5,909円。他のPythonやPHPと比較すると、その報酬は最も高く総合順位は1位です。

Scalaは実際に人気が高まってきている開発言語の一つです。特にITフリーランスとしてweb系エンジニアの案件を受けていきたい場合は欠かせない言語になりつつあります。ツイッターやリンクドインでもScalaは用いられています。世界的な有名サービスでもScalaが取り入れられていることからも、今後Scalaのニーズは高まっていくことが予想できます。

Scalaのフリーランスは今後も需要が上がっていくのか

ScalaはJavaや関数型言語の良い面が取り入れられた言語です。さらにオブジェクト指向言語の良いところも取り入れられています。

そして、Java仮想マシンの環境でも動作することができます。先進的な機能が豊富に取り入れられているため、汎用性が高い言語でもあります。簡易的に並列処理プログラミングができることも忘れてはいけません。

では、そんなScalaのITフリーランスは今後も需要が上がっていくといえるのでしょうか。ScalaのITフリーランスの需要は今後上がっていくことが予想できます。その理由はScalaがJavaの後継となる言語でもあるからです。

前述したようにJavaは完璧な言語ではありません。しかし、ScalaであればJavaではできなかったことを実現することができます。前述したように、Scalaはツイッターやリンクドインでも使用されています。日本国内の大手のIT企業でもそれは例外ではありません。実際に求人情報をチェックしていけば、GMOやNTTデータなどでもScalaの求人は求められています。

ITフリーランスとしてweb系エンジニアの案件を受注していくなら、Scalaは習得すべき言語ともいえます。フリーランスの案件はJavaやPHPの方が多いのが現状ですが、今後もその状況が続くとは限りません。

Scalaを習得することは、フリーランスのITエンジニアとしての価値を高めることにも役立ちます。webアプリケーションの開発やデスクトップアプリケーションの開発に今後も従事していくなら、Scalaは習得すべき言語だといえるでしょう。

Scalaのエンジニアに求められるスキル

Scalaのエンジニアに求められるスキルは、さまざまなものがあります。それは単純にプログラム言語を数多く理解していることだけではありません。ITスキルだけでなくヒューマンスキルも求められます。では具体的にフリーランスのITエンジニアにはどのようなスキルが求められるのでしょうか。それは次の通りです。

Javaの理解

ScalaはJavaの仮想マシン上で動作する言語です。またJavaの機能を保管する目的で用いられることも少なくありません。ScalaをITフリーランスとして業務で使うためにはJavaの理解が欠かせません。

また、ScalaはJavaと同じように、オブジェクト指向言語です。開発の際に、オブジェクトとして作るのか、関数として作るのかは案件により異なりますが、オブジェクトで作らなければならない場合はJavaかC++、Scalaを用いなければいけません。Scalaへの理解を深めるためにもJavaの理解は欠かせないといえるでしょう。

関数型言語の理解

関数型言語とはプログラムを関数化して作成し、関数を呼び出すことでプログラムをループ処理させていきます。通常のプログラムでは関数化をせずに繰り返し演算するループを書きます。

このように関数型言語は通常とは異なるアプローチでプログラムを作成します。関数を作成して、繰り返し呼び出すことが基本です。前述した通りScalaは関数型言語の特徴も取り入れられています。そのためScalaを使いこなすためには、関数型言語の理解が必要です。

Javaクラスライブラリの使用経験

Scalaが動作する環境はJavaの仮想マシン上だけではありません。Javaのクラスライブラリでも動作することができます。そのためScalaを使用するためには、その前提としてJavaクラスライブラリの使用経験があることが欠かせません。

もちろんScalaを学び始めてからJavaを習得すればScalaへの理解を深めることができます。しかし、元々Javaクラスライブラリの使用経験があった方がよりスムーズにScalaを習得することができます。

小規模な開発現場での就業経験

フリーランスのScalaエンジニアとして活躍するためには、小規模な開発現場での就業経験も必要です。なぜなら、Scalaエンジニアが働く現場は大規模な開発現場よりも小規模な開発現場が多くなるからです。Scalaの機能を駆使する現場は、そのほとんどが少数精鋭です。

少ない人数で、短納期で結果を求められることが少なくありません。もちろん、大規模な開発現場で就業することもありますが、その場合Scalaの役割はJavaの補完的な利用法が多くなります。大規模な開発現場ではマルチコア対応やJavaライブラリの活用などJavaの理解が欠かせません。

Javaの実務経験

大規模な開発現場では前提としてJavaの理解が求められることからも分かるように、Scalaを使いこなすためには、Javaの深い理解が欠かせません。Scalaを使えるプログラマとしてスペシャリストを目指すなら、Javaの実務経験が必要です。Javaの実務経験があることで、Scalaの優位性が分かり、案件に上手く摘要して扱うことができるからです。

Scalaの案件の傾向

Scalaの案件は徐々に増加する傾向があります。それはフリーランスの案件だけでなく、一般の求人情報を見ていても分かることです。では、Scalaの案件にはどのような傾向があるのでしょうか。ジャンル別に見ていきましょう。

webアプリケーションの開発

スマートフォンやタブレットの普及によりwebアプリケーションの需要は以前よりも高まっています。そんなwebアプリケーションの開発にもScalaは積極的に取り入れられています。

Scalaを積極的に取り入れている企業はまだまだ先進的でマイノリティですが、今後の需要の広がりを考えるなら、webアプリケーションの開発でScalaを使えることができれば、フリーランスのITエンジニアとして強みとなるのは間違いありません。

ビッグデータ関連サービスの開発

ビッグデータの活用は近年のIT業界のトレンドとなるキーワードの一つですが、ビッグデータに関連したサービスの開発でもScalaは取り入れられています。フリーランスのエンジニアとしてビッグデータとScalaの両方について深い理解と経験があれば、案件は比較的受けやすいといえるでしょう。

案件としては大規模なデータの変数作成や加工など。企業が集めたデータを活用する際に必要な開発を行います。ビッグデータの活用は多くの企業が取り入れているので、今後の需要も期待することができます。

スマートフォン向けゲーム開発

Scalaはスマートフォン向けのゲーム開発でも取り入れられています。特にソーシャルアプリはスマートフォンでは盛んですが、ダウンロード型で落とし切りのゲームではなく、オンラインで接続が繰り返されるソーシャルゲームでフリーランスのScalaエンジニアの需要があります。

Scalaが求められるのは、サーバサイドの開発。基本的には長い期間開発するのではなく、短納期で求められることが少なくありません。

スマートフォン向けゲーム開発もwebアプリケーションの開発と同じように、大規模な現場よりも少数精鋭の現場が多い傾向があります。Scalaエンジニアとして実力をつけていきたい場合はおすすめの案件です。

広告系ツール開発案件

アドテク関連の分野でもフリーランスのScalaエンジニアは求められています。アドテク分野でScalaエンジニアとして経験を積んでいけば、アドテクに特化したScalaエンジニアとしてスペシャリストを目指すこともできまず。開発方式はスクラムを取り入れているところも少なくありまぜん。

テレビコマーシャルの費用などからも分かるように、企業が広告にかける費用は一般的に高額な傾向があります。また、アドテク関連の開発を行うのは、大企業や広告代理店などが多くなります。そのためアドテク関連のフリーランスのScalaエンジニアとしてスペシャリストを目指していけば、高額な案件を受けられる可能性もあるといえるでしょう。

検索エンジンに関する開発

フリーランスのScalaエンジニアは検索エンジンに関する開発で求められることも少なくありません。Scalaは検索エンジンの開発にも適した言語だからです。分散処理開発や基幹部分のチューニングなどを行います。

Scalaのフリーランスエンジニアが案件を見つける方法

Scalaのフリーランスエンジニアが案件を見つける方法は、いくつかありますが、その前提として必要となるのが、実際のScalaの開発経験です。Scalaの開発経験があれば自然と人脈もでき、フリーランスエンジニアとなった際に案件を紹介される可能性もあるからです。

では、Scalaのフリーランスエンジニアとなった場合、案件を見つける方法にはどのようなものがあるのか、以下で視ていきましょう。

人脈からの紹介を受ける

Scalaのフリーランスエンジニアとなった場合、フリーランス同士で横のつながりを作ることは大切なことです。なぜなら、その人脈から案件を紹介される可能性があるからです。これは自分自身に置換えて考えれば分かることですが、仮にあなたがScalaのフリーランスエンジニアとなり、仕事が上手くいき始めたとします。

そして、依頼が殺到すれば、受けることができる案件と、受けられない案件が出てきますよね。受けることができない案件を依頼された時に、ただ断ることもできますが、実力があるScalaのフリーランスエンジニアを紹介した方が、依頼してきた相手は助かるはずです。

これは一例ですが、実際にどのような経緯であるかは別にして、仕事の紹介、という観点から見てもフリーランスのエンジニアの横のつながりは重要です。

クラウドソーシングサイトを活用する

Scalaの開発案件はJavaなど他の言語に比べるとまだ少ない傾向がありますが、クラウドソーシングサイトでも募集されることがあります。クラウドソーシングサイトはさまざまな種類がありますが、有名サイト以外にもエンジニア案件に特化したものなどがあります。そういったサイトにプロフィールを作成して、案件の窓口を増やすことでScalaの案件が入ってくる可能性が高くなります。

よりスキルアップするためのScalaの勉強法

フリーランスのScalaエンジニアとしてスキルアップしていくのであれば、日々の勉強が欠かせません。では、よりスキルアップするためには、どのような勉強法があるのでしょうか。それは次の通りです。

各地域で開催されているScalaの勉強会に参加する

Scalaの勉強は独学だけでもある程度は習得できますが、より深いレベルで理解するためには、第三者とのディスカッションや自分以外の人の視点や意見が欠かせません。Scalaを学び始めたら、基本的な理解ができた段階で勉強会への参加を検討しましょう。

Scalaの勉強会はどうしても東京や大阪など都市部での開催が多くなりますが、多少遠出になったとしても参加する価値があります。

また、Scala勉強会に定期的に参加するようになれば自分と同じような境遇のフリーランスのScalaエンジニアと知り合いになれるかもしれません。メーリングリストに参加すれば有益な情報が定期的に配信される可能性もあります。

Scala関連のサイトを熟読する

Scalaに関連したサイトはネットにいくつも存在しています。Scalaへの理解を深めるためには、そういったサイトに目を通すことが欠かせません。公式サイトや標準ライブラリなどは英語表記ですが、英語が読める場合はしっかりと目を通しておきましょう。

英語が苦手な場合は、日本語で解説がされているサイトもおすすめです。ITproなどの有名サイトでもScalaの特集が組まれているので、そういった情報もチェックすることが大切です。

書籍から学ぶ

Scalaはネットでも学ぶことができますが、書籍から学ぶことも大切です。なぜなら、書籍であれば、書籍に赤ペンを引いて書きこむことができるからです。書籍でScalaを学ぶ際は、後々オークションで売却することを考えるのではなく、ボロボロになるまで使い込んでいきましょう。その方が記憶に残りやすくなり、投資した時間に対して得られるリターンがあるからです。

オンラインコミュニティに参加する

Scalaの勉強をするなら、リアルな弁虚会だけでなく、エンジニア向けのオンラインサロンなどネットのコミュニティに参加することもおすすめです。オンラインコミュニティなら疑問が生じた時に、すぐに解決できる可能性があるからです。

また、自分がコミュニティ内で発言しなくても、自分以外の誰かの質疑から学ぶこともできます。Scalaの勉強をはじめる際は、オンラインコミュニティに参加することも検討しましょう。

フリーランスのScalaエンジニアとして活躍していくためには、日々の勉強が欠かせません。フリーランスは自由な反面、実力勝負の世界です。会社員であれば、多少能力が低かったとしても適材適所に配置されるかもしれませんが、フリーランスはそうはいきません。

Scalaのフリーランスエンジニアとして活躍し続けるためには、どのように勉強するのかは非常に大切です。情報の取捨選択、インプット方法にも意識を向ける必要があります。これからScalaを取り入れてフリーランスのエンジニアとして活躍するなら、勉強方法にも拘りを持つことをおすすめします。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。