ブリッジSEの仕事内容・平均年収・必要スキル


ブリッジSEの仕事内容・役割は?

ブリッジSEとは、ただ開発の技術があるSEとは異なります。ブリッジSEはITの技術があることを前提として、外国企業と日本企業の性質の違いを理解して、橋渡し役ができるSEのことを指します。

仮にビジネスの相手が中国企業だった場合、日本企業とは価値観や文化が異なります。日本企業の常識が中国企業にとって非常識だ、ということも決して少なくありません。

日本企業が海外の企業とビジネスをする際は、言語の壁だけでなく文化や価値観など、考え方の壁も越える必要があります。そのため、ブリッジSEはフリーランスエンジニアとして充分な実力を有しているだけでなく、プロジェクトマネージャーとしてのスキルも求められます。ITフリーランスとして働く際に、ブリッジSEの役割をできるかどうかで、仕事の幅にはかなりの違いがあります。

仮にフリーランスのITエンジニアとして開発だけしかスキルがないのであれば、受けることができる業務はどうしても限られてしまいがちです。ところが中国語が話せてプロジェクトマネージャーの経験があり、中国の文化について熟知していたらどうでしょうか。中国とのグローバルな案件を受けることができますよね。

ブリッジSEの仕事内容はこのように、多岐にわたります。開発、マネジメントだけでもなく時にはクライアントとの折衝で間に入る必要があるかもしれません。そういった意味ではブリッジSEはプロジェクトの要であり、グローバルなIT開発における重要な役割を担っているといえるでしょう。

ブリッジSEの平均年収

ブリッジSEの平均的な年収は幅があり、4,500,000円~8,500,000円程度。Tech総研の「業種別ソフト系の平均年収・最高年収・最低年収」によればシステム開発(マイコン・ファームウェア・制御系)の平均年収は4,900,000円。システム開発(汎用機系)が5,080,000円です。ブリッジSEの平均年収はシステム開発を行う一般的なSEよりは高い水準だといえるでしょう。

またブリッジSEは外国企業と日本企業の橋渡し役となるため、海外勤務となることが珍しくありません。アジア圏への赴任となれば、生活費は日本での暮らしよりも抑えられる可能性が高くなります。そのためブリッジSEは一般的な開発敬のSEと比較すると、貯金はしやすいという特徴があります。

ブリッジSEに英語は必要?

ブリッジSEとして活躍するためには、英語が欠かせません。もちろんどの国との橋渡し役をするのかによって習得すべき言語は異なります。しかし、英語はグローバルなビジネスではベースとなる言語の一つです。

実際に日本人とロシア人がいて、互いの国の言語ではコミュニケーションがとれないけれど、英語を介することで意思疎通ができた、というケースは一般の社会でも珍しいことではありません。

案件によっては英語が必要ないケースもありますが、これからグローバルな環境に身を置いて働くことを考えなら、英語の習得は真っ先に考えるべきだといえるでしょう。ただしどの言語から習得するべきなのかは、状況に応じて判断しなければいけません。

仮に、来月から始まる案件が中国国内に滞在して日本人のSEと外国企業の橋渡しをすることが決まったとしましょう。そのタイミングで勉強すべきなのは、英語ではなく中国語です。日本企業と中国企業の橋渡しをするなら、必要になるのは英語だからです。

では仮にブリッジSEとしてロスアンゼルスの米国企業に常駐することが決まった場合、必要になる言語は何でしょうか。英語ですよね。このようにブリッジSEとしての役割をこなす際は、自分がどの国との橋渡しをするのかを考えることが必要です。そしてその現場で必要となる言語を学ぶ必要があります。

ブリッジSEに必要なスキル

ここまで紹介したように、ブリッジSEとして活躍するためには、さまざまなスキルが必要です。では、具体的にどのようなスキルが必要となるのか、一つずつ見ていきましょう。

コミュニケーションスキル

ブリッジSEとして活躍する際に必要なのはコミュニケーションスキルです。しかし、これは前述した英語や中国語を話せる、といった言葉のスキルではありません。それよりも相手に話を理解させるスキルや一瞬で信頼関係を構築する能力の方が大切です。

仮に、英語も中国語も日本語も完璧に話すことができたとしても、ブリッジSEとして現場の誰からも信頼されていなければ、指示を正確に現場に落とし込むことはできないですよね。プロジェクトマネージャーとしての役割をこなすためには、メンバーから最低限の信頼を獲得することは欠かせません。そのためブリッジSEには信頼関係を構築する能力が必要となります。

次に考えるべきことが、分かりやすく説明するスキルですが、信頼関係があったとしても、メンバーに対して分かりやすく業務内容や指示命令を伝えることができなかったら現場はどうなるでしょうか。そもそもブリッジSEとしての橋渡し役が務まらないですよね。ブリッジSEにとって信頼関係を構築するスキルと分かりやすく説明するスキルは欠かせないものなのです。

システム開発全般に関する知識

ブリッジSEとして活躍する場合、どのような現場が役割を担うのかは、その時々で変わります。次回の案件はインフラ系かもしれません。またはアプリ開発やweb系かもしれません。基幹業務の開発かもしれません。

これらの現場でブリッジSEとしての役割を任された時に「web系は分かりません」となれば仕事にならないです。フリーランスのITエンジニアとしてブリッジSEの役割を担う案件を受けるなら、あらゆる現場に対応できる最低限のシステム開発に関する知識が必要です。

もちろん現場によっては決まってから学ばなければいけない場合もあるでしょう。しかしブリッジSEとして活躍するなら、どの業務においてもフリーランスのITエンジニアとして最低限のレベルでは理解しておく必要があります。

人間力

海外で外国人から信頼を獲得するためには、単純に言葉を知っているだけではいけません。相手の国の文化を理解して、日本企業のスタッフと現地のスタッフとの関係が良好に保たれるような配慮も必要となります。

つまり、自分と誰かの信頼関係だけでなく、スタッフ同士の信頼関係をつくるための配慮もできなければいけません。同じ空間にいる人同士が良い人間関係をつくるために必要なのは人間力です。ブリッジSEは、橋渡し役として人間力も欠かせません。

英語や中国語など外国語

ブリッジSEとして活躍するためには、日本語以外の言語を習得することが欠かせません。理想は第二言語までではなく、第三言語まで習得していることです。バイリンガルではなく、トリリンガルになれたら理想的です。

もちろん、外国語がなくても、高い人間力とコミュニケーションスキルがあれば、仕事は正立します。しかし、外国語を習得していた方がよりスムーズに働くことができます。

ブリッジSEの案件は探しやすい?

ブリッジSEの案件は一般的な開発の仕事に比べると探しにくいといえます。その理由は、特殊な能力を求められることも関係しますが、それ以上に現地で採用されている場合もあるからです。

仮に、日本企業と中国の企業の橋渡し役としてブリッジSEが必要となったとします。就業先は中国だったとしましょう。その場合、日本でブリッジSEを雇用してしまうと、会社は渡航飛行を経費として負担しなければいけなくなります。

その一方で、元々中国に長く暮らしてる日本人をブリッジSEとして採用できたらいかがでしょうか。企業としては、渡航費用を準備する必要がないだけでなく、中国の文化に対して深い理解がある人材に仕事を委託することができます。

このようにブリッジSEの案件は、現地で募集される可能性があるため、一般的な開発の案件よりも探しにくいといえます。

しかし、日本企業と外国企業が仕事をする時に、日本に外国人スタッフが大勢やってくる、ということも珍しいことではありません。そうなると活躍の場は日本国内になるので、日本で働けますよね。ブリッジSEとして働きたい場合は、日本国内で就業できる案件だけを探すというのも一つの方法です。

ブリッジSEになるメリット・デメリット

ブリッジSEは外国企業と日本企業をつなぐ、業務の中でもかなり重要な役割ですが、華やかな反面デメリットも存在します。では、ブリッジSEになるメリットとデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。それは次の通りです。

ブリッジSEになるメリット

仕事の幅が広がる

ブリッジSEになれば仕事の幅が広がります。これは冷静に考えれば分かることですが、グローバルな取引の案件を依頼する際に、発注者側はできるだけグローバルな環境でビジネス経験がある人に依頼したいと考えます。

つまり、一度でもブリッジSEとして活躍した経験があれば、その実績を武器として、ITフリーランス、エンジニアとしての仕事の幅が広がります。ブリッジSEとしての対応ができることを企業に送るプロフィ―ルに提示することでITフリーランスとしての価値を高めることもがきます。

グローバルにビジネスすることができる

ITフリーランスのブリッジSEとして案件を受けた経験があれば、次回も同じような案件を受注しやすくなります。一度は取引が終わったとしても、同じ企業が再度案件を継続的に依頼してくれるかもしれません。

また、中国で現地滞在して働いた経験があれば、同じような中国で働く仕事を請けることができる可能性は高くなります。ブリッジSEとして案件を受けた経験があれば、ITフリーランスとしてよりグローバルにビジネスできるようになります。

外国語を使った取引に強くなる

ITフリーランスとしてブリッジSEの経験があれば、外国語を使った取引に強くなることができます。その理由は現地の文化を深く理解して、語学力も高まるからです。一度でも英語圏でブリッジSEとして働いた経験があれば、その経験を武器に英語圏の企業から、直接案件を受注できるかもしれません。

優秀なエンジニアは国境を越えてグローバルに求められます。ITフリーランスとして、日本に限らずグローバルに活躍したい場合は、ブリッジSEを経験することは今後の仕事の間口を増やすことに役立つ可能性が高いといえるでしょう。

ブリッジSEになるデメリット

現地の食文化が合わない場合は苦痛を感じる

ブリッジSEになるデメリットの一つは現地の食文化が合わない場合、毎日の食事でストレスを感じてしまう可能性があることです。

外国に滞在していても、日本食を食べることができる場合もありますが、外国に住むようになればどうしても現地の食文化に馴染む必要があります。その際に食事が合わなければ、食事の時間がストレスになってしまう可能性があります。

現地で何らかのトラブルに巻き込まれる可能性がある

ITフリーランスでブリッジSEとして案件を受けて、その就業先が治安のあまり良くない国だった場合、トラブルに巻き込まれる可能性はゼロではありません。それは就業時間中とは限りません。

休日に訪れた観光地でトラブルに巻き込まれるかもしれません。日本は世界的に見ても安全な国です。日本と同じ感覚で日常を過ごしていると、何らかのトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

精神的なストレスが溜まりやすい

ITフリーランスとしてブリッジSEの仕事を受けて外国人スタッフとビジネスをすることは簡単なことではありません。例えば、日本人にとって勤勉は美徳ですが、アジアの国全てがそうではありません。

国や地域によっては「一度教えてもらったことは、たとえ間違っていても変更しない」という考え方が一般的な場合もあります。そういった人々に日本企業の仕事の進め方を理解してもらうことは簡単なことではありません。日本との文化の違いが大きい国で就業する場合、ブリッジSEとして働くことはストレスが溜まりやすいといえるでしょう。

ブリッジSEになるには?

フリーランスのITエンジニアとしてブリッジSEの案件を受けるようになるためには、会社員時代にブリッジSEとしての経験を積んでおく、というのも方法の一つです。なぜならフリーランスとしてブリッジSEとしての案件を探すよりも、ブリッジSEとしての役割を担える会社に一度就職して経験を積んだ方が、仕事の進め方を丁寧に教えてもらえるからです。

フリーランスとして案件を受ける場合、クライアント企業から教育の機械を期待することはできません。そのためブリッジSEとしての経験が無い場合は、一時的にでもどこかで就職してブリッジSEの経験を積むことをおすすめします。そうすればITフリーランスとして独立した際に、ブリッジSEの案件を受けることができる可能性が高くなります。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。