仕事をやめたくなる理由・辞めたい時期・辞めるのに適切な時期


仕事を辞めたくなる理由

仕事を辞めたくなる理由は様々ですが、仕事を辞めたくなる、転職したくなる理由は大きく、「人間関係」「給料」というカテゴリに分けることがデキます。

仕事をやめたくなる理由1:人間関係

仕事をする上で切っても切れないことが、人間関係です。入社した職場の人や、上司、経営者まで、全員と理解し合えることは難しい。特に日本の場合、年功序列な企業風土が残っていますので、自分より能力の低い上司がいることもあったり、解雇も頻繁に起きないため、関係を上手く築けない人がいたりすることがあります。

なかなか一緒に働く人を、社員の立場から変えることは難しく、でもその人と一緒に仕事をしなければいけないので、日々不満がたまるようになっていきます。職場の人間を変えることは難しいですが、職場そのものを変えることができるので、仕事を辞めて、転職を考えることがあります。

 

仕事をやめたくなる理由2:激務・働きに見合った給料をもらえていない

仕事を辞めたくなる2つ目の理由として、働きに見合った給料をもらえていないことがあります。IT業界にはITエンジニアであったり、広告代理店であったり、様々な業種が存在します。即対応しなければいけない仕事が多く、残業も増えがちで、最終的には体を壊してしまうというケースもあります。

最も、ポテンシャル採用されたとなると、一から仕事を覚えなければなりません。そうなると、余計仕事に対して時間をかけなければなりません。残業代がでる会社であれば問題ありませんが、場合によっては「勉強だから」と、残業代が出ない会社も存在します。

働きに見合った給料が得られないと、大きな不満が溜まっていきます。その不満が膨らんでいき、仕事を辞めるきっかけとなります。

仕事を辞めたくなる時期

ひと月の中だと、IT業界は月初に辞めたくなることが多い

特に、IT業界で辞めたいと思う時期は、月初であることが多いです。広告代理店を例として挙げると、月初は先月の広告運用の結果等をクライアントに報告しなければなりません。レポート作成等に追われて激務になります。

仕事が忙しくなりやすい4~6月に辞めたくなりやすい

IT業界の中では、特に4~6月の間が「新入社員の面倒を見る」「新規プロジェクト開始」により、忙しくなってきます。

4月になると新入社員が入社して、人員不足等が解消されるかにも思われますが、研修等で時間が取られてしまうのです。普段仕事をしている分、新入社員に仕事を教える事になるので、自分が仕事に着手出来る時間も少なくなってしまうでしょう。そうなると、時間をかけていない分残業をする事になり、精神的に体力が削られて行きます。

また、4月は新規プロジェクトが立ち上がる時期でもあるため、より一層忙しくなります。また、新規プロジェクトでのメンバーとの相性によっても辞めたくなる理由が増えていきます。

あくまで仕事を辞めたくなる時期なので、実際に仕事を辞めて転職する時期というのは、逆に「新規プロジェクトが開始される前」の3月や9月になります。

本当に仕事を辞めるべきかは、仕事を辞めて不満が解消されるかで考える

仕事を辞めるべきかの判断軸は、今抱えている不満が解消されるかどうかです。

  • 人間関係
  • 給料

主に上記の2つが、仕事を辞めたくなる理由の大枠ですが、他にもスキルアップなどあり、人によって様々です。まずは自分の仕事を辞める理由を明確にしたう上で、仕事を辞めて転職をすれば、それが解決されるのかどうかを考えましょう。

 

仕事を辞めたいが、続けようと判断したときは、目標を設定してモチベーションを高める

仕事を辞めたくても辞められない場合は、まずは目標を設定しましょう。例えその会社に不満があろうと、自分が稼ぎたい年収や、理想の生活水準を設定し、そこから必要なスキル、立場などを考慮し、目標を設定する。

今は仕事をやめるわけにはいかなくても、将来辞めて転職を見定めて、より好条件の職場に転職できるよう、逆算して現状とのギャップを知ることが大切です。そしてそれは、離れたい現職であってもモチベーションを上げる火種となります。

仕事を辞めるのに最適な時期

ボーナスが出る月の翌月に辞めるのがおすすめ

仕事を本当に辞めたいと思ったなら、ボーナスが出る時期に合わせて辞めると良いでしょう。6月か12月になりますが、一ヶ月前程から申請を開始するので、大体5月か11月には退職届を提出するのが理想です。ボーナスを受給してから辞めれば、一定の収入を得たまま退職する事が出来ますし、タイミングとしてもぴったりです。6月と12月であれば、6月の方が理想の時期と言えます。12月は決算の時期と重なってしまう事もありますし、年末調整等で忙しく、仕事が片付けられない可能性も出てきます。

締め日に退職を合わせる

退職を決めた時は、給料をもらってから退職する事が重要になってきます。中途半端な時期に退職してしまうと、わずかな給料しかもらう事ができずに、退職してしまうことになります。そうならないためにも、会社の締め日に合わせて退職をする事が理想です。締め日に合わせて退職をすれば、辞める前までの日の給料をもらう事が出来ますから、ボーナス同様一定の収入を得てから退職出来ます。受給方法は様々ですが、一度会社に行ってもらうと言う方法や、振り込んでもらうと言う方法もあります。

転職のしやすい6月9月前

新規プロジェクトが開始される手前に、企業の求人数が増えます。仕事を辞めて、すぐに次の職場に移ることを想定しているのであれば、転職のし易い6月9月前の時期がおすすめです。

転職以外にもある、独立という選択肢

Midworksは、ITエンジニアの新しい働き方を提案します。正社員としての収入の安定性、フリーランスとしての高単価な案件や自由な働き方。正社員でもなく、フリーランスでもない、Midworkerとしてあなたも独立しませんか?

仕事をやめたい、と考えた際には、「転職をしなければいけない」という選択肢1つだけに拘らず、「独立もありかも」と考えてみてくださいね。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。