ゲームスクリプターとゲームプログラマの違いとは|スキルと平均年収


ゲームスクリプターの仕事内容

ゲームスクリプターは、スクリプト言語を使用して、ゲームの動作設定をする仕事です。ゲーム開発の現場において、それぞれ専門のスクリプト言語を使用し、ゲーム内における具体的な動きや演出を組み上げていく、とても重要な役割となっています。

ゲームスクリプターの活躍している場面

ゲームスクリプターの具体的な活躍シーンをチェックしてみましょう。

たとえば、ゲーム内におけるキャラクターの会話パートを考えてみてください。キャラクターごとに、それぞれセリフも表情も異なっています。次々とテンポよく繰り出されるセリフや、正しいタイミングで変化する表情は、そのゲームの持ち味にもなります。

時に背景が変わったり、何らかのエフェクトが登場したりもするでしょう。このひとつひとつの指定を行うのが、ゲームスクリプターの仕事です。シナリオや仕様書に合わせて、的確な演出の補佐をするのです。

必殺技ごとに、エフェクトが飛び出すタイミングも異なって来ます。ゲームのプレイヤーが、会話や技を選択できる場合、その選択肢が出るタイミングや、選択後の展開について、プログラミング言語を用いて組み上げていくのも、ゲームスクリプターの仕事です。

ゲームスクリプターの平均年収

ゲームスクリプターの平均年収は、平均で200万円から300万円程度となっています。初任給は大体、月給で15万円から25万円前後です。

実際に勤務する会社や、スキルや経験値、各種手当によっても変動があります。難易度が低めの仕事も多いため、アルバイトでゲームスクリプターをしていたり、業務委託形式で在宅スクリプターをしている人もいます。

勤務先によっても給料は大きく変わる

ゲームスクリプターの勤務先は、ゲーム開発会社をはじめとして、ゲームメーカーやアプリケーション開発会社など多岐に渡っています。担当する媒体によっても勤務先や部署が異なって来るため、コンシューマーゲーム、据え置き機、スマートフォンアプリゲームなど、多岐な活躍シーンがあると言って良いでしょう。

スクリプター専門の人ばかりではない

ゲームスクリプター専門で働いている人ばかりではありません。一度開発されたシステムやツールがあれば、未経験の初心者であっても、ノウハウを獲得していくことは十分可能です。担当する媒体や、ゲームの内容にもよりますが、前述した通り、かなり難易度が低い作業も存在しています。

そのため、ゲーム会社で制作職を担当している人が、ゲームスクリプターとして働くことも珍しくありません。イラストレーターやシナリオライターなどを担当している人が、掛け持ちでゲームスクリプターをしていることもあります。プランニング業務やイベント運営などをしながら、時にゲームスクリプターとして活躍する人も存在しています。

より多くの業務が担当出来るほど、年収もアップしやすいでしょう。逆に言えば、自分の作業が手空きになったとき、スクリプトの仕事が手伝えるスキルを持っていると、働く選択肢も増えやすいということです。

ゲームスクリプターに必要なスキル

ゲームスクリプターとして仕事をするためには、基本的なコンピューターの操作スキルが欠かせません。実際に担当する仕事の内容によっても異なりますが、そこまで複雑な知識を持っていなくても構わない場面が多いです。

実際に使用するスクリプト言語やスクリプトのツールは、勤務先ごとに独自に開発されたものも珍しくないため、特に経験がなくても採用してもらえるところはあります。プログラミング言語の取得や、専門の学歴、職務経歴がなくても、ゼロから実力を身に着けていくことは可能です。

ゲームの知識や経験は活かせる

もちろん、専門の知識や経験がなくても働けるからと言って、ゲームに関する知識が役に立たないわけではありません。むしろゲームスクリプターとして活躍するためには、より効果的なスクリプトの機能を知っていた方が良いでしょう。

エフェクトが出るタイミングや、会話や表情の切り替わりテンポなど、担当するゲームをプレイした経験が厚い人ほど、スムーズに業務に慣れていくことが出来るでしょう。

根気強く取り組める人におすすめ

ゲームスクリプターは、膨大なスクリプト作業を、長時間に渡って進め続けなければいけないことも多いです。スクリプト作業は、ゲーム開発の現場でもより後ろの工程になって来るため、スケジュールがタイトな案件になると、一日に何時間も連続で、延々とスクリプトを組み続けなければいけないということも、決して珍しくあれません。

そのようなシーンにおいて、根気強くスクリプトに向き合い続けられる人ど、活躍しやすい仕事です。効率の良い仕事方法を理解し、ノウハウを自分の中で構築しながら、常に自ら考え、主体的に作業に取り組める人ほど、成長も早いでしょう。集中力が高く、判断力を目の前の作業にスムーズに反映できる人にもおすすめです。コツコツ作業を進めるのが得意な人にも、ゲームスクリプターの適性があります。

ゲームスクリプターに資格は必要か?

専門の資格がなくても働ける

ゲームスクリプターになるために、特定の資格は必要ありません。実際、ゲームスクリプターを募集する求人内容の多くは、未経験者でも歓迎であったり、初心者でも受け入れてくれたりするところがほとんどです。

ゲームスクリプターを専門に目指していく人は、実はあまり多くありません。そのため、所定の資格がないと、採用選考そのものを受けることが出来ないというケースは珍しいのです。

開発言語の取得は優遇されやすい

ゲームスクリプターになるために必須の資格はありませんが、プログラミングの開発言語を取得していたり、スクリプト言語について知識やスキルを持っていたりすれば、それだけ優遇もされやすいです。

特に、未経験者にノウハウを身に着けてもらうのではなく、即戦力を必要としている現場では、スクリプト言語を取得していたり、趣味でスクリプトツールを操作したことがあったりする人の方が、圧倒的に採用されやすいでしょう。情報処理に関する資格を持っている人であれば、給与をはじめとして様々な雇用条件で、優遇してもらいやすい傾向にあります。

ゲームスクリプターの将来性

シナリオライター

シナリオライターとゲームスクリプターを兼任する人は少なくありません。スクリプターは、ゲーム内において、シナリオがより有効に作用する手助けをする仕事でもあります。

そのため、シナリオに触れている時間が長く、そのスキルを磨きやすいというメリットもあります。将来的には、シナリオライターに専任して働くというケースも多いです。また、ゲームスクリプターを担当しながら、シナリオライターを目指して働くというパターンもあります。

プランナー

ゲーム開発会社やアプリケーションの開発会社などで、プランナーとして勉強しながら、ゲームスクリプターの業務もこなしているという人も多いです。ゲームの仕様を把握し、どのようなアプローチをすれば、より良いゲームが完成するのか、ゲームスクリプターはよく知っています。

そのため、ゲームスクリプターとして経験を積んだあと、ゲームプランナーになる人も多いです。スクリプターとしての実績を活かし、より魅力的なゲームに仕上げるため、企画段階から様々なアイディアを出すことが出来るでしょう。

ゲームスクリプターとゲームプログラマの違い

ゲームプログラマーは、プログラム言語を駆使して、ゲームのシステムそのものを組み上げる仕事となっています。担当するゲームによっても異なっていますが、C言語やC++、PealやRudyなども、ゲーム開発の現場で多用される傾向にあります。未経験からスタートするゲームプログラマもいますが、大抵は大学や専門学校などで、特定の開発言語を学んでいたり、独学でスキルを身に着け、趣味でプログラム開発などをしていた経験がある人です。

一方で、ゲームスクリプターは、前述してきたとおり、仕様書やシナリオに合わせて、スクリプトの指示を入れる人です。取り扱うのは基本的にスクリプト言語であり、プログラマほど複雑な工程に携わることはありません。

また、プログラマが、企画と仕様からゲーム開発の初期段階を担っているのに対し、スクリプターはどちらかというと後ろ工程の、仕上げに近いプロセスを担当しているという違いも挙げられます。

ゲームスクリプターのスキルをアップするための勉強法

フリースクリプトを使ってみる

ゲームスクリプターになるためには、実際にスクリプトを組んでみるのが、最も効率の良い方法です。フリーソフトで、スクリプトが打てるものが多数登場しています。実際にシナリオや画像、音楽などを用意すれば、スクリプトを体験できるだけではなく、オリジナルのゲームを作り出すことが出来るのです。

スクリプターとしての勉強であれば、既存のシナリオや画像を使用しても良いでしょう。シナリオライターやプランナーを目指し、ゲームスクリプターとしてのスキルアップも狙っていきたい人は、自分で用意したオリジナルの内容で組み上げていくのがおすすめです。

ゲームスクリプターとしてのポートフォリオに転用することもできますし、勤務先によっては、上司や先輩にチェックしてもらい、アドバイスを受けられる可能性もあります。

ゲームスクリプターにチャレンジしてみよう

いかがでしたか?

ゲームスクリプターの仕事は、比較的誰でもチャレンジしやすいものとなっています。その一方で、ゲーム開発の現場では、決して欠かすことが出来ない、非常に重要な存在でもあります。ゲームスクリプターがいなければ、魅力的なゲームは完成しないと言って良いでしょう。

ゲームスクリプターとして専門的に働きたい人はもちろん、将来的にはより幅広い方面から、ゲーム開発に携わりたい人も、是非スクリプターとして経験を積み、実力を身に着けていってください。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。