「社会保険料控除」の書き方・記入例|社会保険料の種類一覧


社会保険料控除とは

会社員として働く方であれば、「社会保険料」「控除」というワードを耳にしたことがある方は多いかと思います。ただ逆に、耳にしたことはあっても、それらを意識的に手続きしたですとか、申告をしたという経験をされたことがある方はあまり多くはないでしょう。

これは、会社側でそれらを勝手に計算して処理してくれるため、自身で手続きなどをする必要がなく、ほぼ全ての事が自分の損にならないように終わっているという事がその要因とも言えます。特に、単身者のサラリーマンの方であれば全く社会保険料の控除ということの知識がない方もいらっしゃるほどです。

では逆に、会社員ではないフリーランスの方は社会保険料の控除手続きをどのようにすべきかというと、「全ての計算や手続き、申告を自分で行う必要がある」という事になります。

そんな社会保険料控除ですが、課税対象となる収入金額、つまり1年間のうちに貰った給与や報酬の総額から、サラリーマンの方なら毎月給与から天引きされている社会保険料、フリーランスの方であれば国民健康保険料などを差し引いて、それを課税所得額として税計算を行うという制度です。

もし分かりにくいようでしたら「会社員として働く中で必要になった、健康保険料や厚生年金保険料という経費を経費として計上できる制度」と言い換えれば分かりやすいかもしれません。何にせよ、社会保険料も決して安いものではないため、もし社会保険料を考慮してもらえない課税方式であれば、納税額は非常に高くなるため、ありがたい制度とも言えます。

社会保険料控除の書き方

では、社会保険料控除の手続きで必要になる書類の書き方ですが、ここではフリーランスの方を含めた3つのパターンでお話させていただきます。

単身者のサラリーマン

基本的に自分で何か記載しないといけないという事はほぼありません。年末に近づくと提出を求められる
「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」
このような長いタイトルの書類を受け取ったことがある方もいらっしゃるかと思いますが、その紙にしっかりと「社会保険料控除」という欄があります。

しかしながら、親や兄弟などの分まで自分が払っている事でもない限りは、会社が給料から天引きして控除の処理が行われていますので、記入の必要はありません。

既婚者や扶養のいるサラリーマン

配偶者や扶養している家族がいた場合で、その国民健康保険料などを支払った場合は、初めて社会保険料控除の欄が役に立ちます。

尚、記入で必要になる項目は、

  • 「社会保険料の種類(国民健康保険や国民年金など)」
  • 「保険料支払先の名称」
  • 「保険料を負担する事になっている人の名前」
  • 「保険料を負担する事になっている人とあなたの続柄」
  • 「あなたが本年中に支払った保険料の金額」
  • 「それぞれの合計金額」

という6つです。

つまり、大学生のお子さんがいらっしゃったとして、その国民健康保険料をあなたが負担している場合は、「国民健康保険、支払った市区町村名、大学生の子供の氏名、あなたから見た続柄、保険料の金額」を記入する事となります。

個人事業主として働くフリーランス

前述させていただいたとおり、フリーランスの方であれば全ての保険料は自分で支払い、自分で管理する事となります。

よって、国民健康保険や国民年金などを収めた時の領収書は大事になりますが、「保険料」という言葉から、一般の生命保険や火災保険なども含めるのかと勘違いされる方もいらっしゃいますが「社会保険料」ですので、公的な保険料のみが対象と理解しておきましょう。

尚、フリーランスの方は給与所得者ではありませんので、「確定申告書B(第一表)」「同(第二表)」への記入が必要になります。記入すべきことは、第一表の「社会保険料控除」に支払った総額を、第二表に「社会保険の種類」「支払保険料」「合計」という内訳をそれぞれ記入します。

社会保険料控除の記入例

実際の社会保険料控除の書き方をお話しさせていただきましたが、会社員とフリーランスでは書類が違うという事もご理解いただけたかと思います。

当然のことながら、フリーランスの方は誰かがあれこれ書類を用意してくれるわけではないため、確定申告書にて自身で「社会保険料を支払いました!」と申告する必要があるという事です。

よって次に、配偶者のいる給与所得者とフリーランスの方の別で、社会保険料控除の記入例をご紹介させていただきます。

1:給料から社会保険料が引かれている場合の記入例

前述のとおり、単身者で誰も扶養していないという場合は記入不要ですので、扶養しているのは社会保険の扶養に入れていない配偶者と、子供一人という前提で「給与所得者の保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書」の記入例をご紹介させていただきます。

社会保険料控除

1.
社会保険料の種類:国民年金
保険料支払先の名称:国民年金機構
保険料を負担する事になっている人(名前):○○ 恵子
保険料を負担する事になっている人(あなたとの続柄):妻
あなたが本年中に支払った保険料の金額:197,800

2.
社会保険料の種類:国民健康保険
保険料支払先の名称:新宿区
保険料を負担する事になっている人(名前):○○ 太郎
保険料を負担する事になっている人(あなたとの続柄):長男
あなたが本年中に支払った保険料の金額:36,600

合計(控除額):234,400

2:自分で社会保険料を支払っている場合の記入例

続いて、フリーランスとして働き、確定申告をしなければいけない方の社会保険料の記入の仕方です。フリーランスの方は言い換えるなら個人事業主となりますので、確定申告書での社会保険料控除の記入が必要になります。

尚、既述のとおりですが、「申告書B(一表)」「同(二表)」への記載と提出が必要となり、ここでは分かりやすくするために自身のみの社会保険料控除の記入例をご紹介します。

平成28年分の所得税及び復興所得税の申告書B(第一表)

社会保険料控除:234400

平成28年分の所得税及び復興所得税の申告書B(第二表)

・社会保険料控除
社会保険の種類:国民健康保険
支払保険料:197,800
合計:197,800

記入する社会保険料の種類

さて、年末調整や確定申告における社会保険料控除の書き方などを覚えたところですが、社会保険料と一口に言っても、そもそも、どのような保険料を指すのかご存じない方もいらっしゃるかもしれません。控除される保険料は主に以下のとおりです。

・健康保険
・国民健康保険の保険料
・国民年金、厚生年金保険などの保険料
・後期高齢者医療保険料
・介護保険料
・労働保険料、雇用保険料
・国民年金基金や厚生年金基金の掛金

他にも共済年金や船員保険などがありますが、ここではフリーランスや一般の方向けのお話としてそれらは省略いたします。

また、上記一覧ですぐに気づかれたかと思いますが、「健康保険」と「国民健康保険」という違いがありますが、会社員の加入する社会保険と、主に自営業やフリーランスの方が加入する国民健康保険という違いと考えていただいて差し支えありません。

社会保険料控除の対象となる保険料

社会保険料控除の種類がわかれば、あとは各書類にそれらを書き足していけば済む話かと思いきや、人によっては家族の保険税等の分も考えなければいけません。

もちろん、ご自身にかかる各種の社会保険料は控除対象として認められますが、妻や子供の分まで支払った場合についても、控除対象となります。ただ気になるのが、国民健康保険や国民年金の仕組みには「扶養」という考え方がないことです。その事実があるからには、配偶者である妻や扶養の子供の保険料は控除されないのではないかと思えてきますが、そんな事はありません。

「居住者が自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族の負担すべき社会保険料を支払った場合には、その支払った金額をその居住者の社会保険料控除の対象とすることができます。」

引用:国税庁「社会保険料控除」

上記のとおり、国税庁も生活を共にする妻や子供の分も保険料を支払った場合は、控除対象にしていいですよと言っています。まとめるなら、社会保険料控除の対象となるのは自分の保険料だけではなく、扶養している家族の分も対象であるという事です。

社会保険料の計算方法

冒頭でも申し上げましたが、会社員の方ですと実際の社会保険料額を意識したことがある方は少ないかと思います。

また、確定申告が必要なフリーランスや自営業の方であっても、納付書どおりにそのまま保険料を支払っていたら、保険料がどのように決まったのか知る機会はあまりないでしょう。

そこで、フリーランスの方に直接関係する国民健康保険や国民年金、そして会社員の方に関係する社会保険料と厚生年金について、保険料がどう決まるのか見てみましょう。

国民健康保険

基準額=年間の収入額(※)-33万円(基礎控除)
※会社員の方であれば、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」に記載の金額

医療分(所得割)=基準額×税率・・・1
医療分(均等割)=均等割額×世帯人数・・・2
支援分(所得割)=基準額×税率・・・3
支援分(均等割)=均等割額×世帯人数・・・4
介護分(所得割)=基準額×税率・・・5
介護分(均等割)=均等割額×世帯人数・・・6

1+2+3+4+5+6=国民健康保険料(年額)

国民年金

[国民年金保険料=国で定める保険料×保険料改定率]

各保険協会健康保険料

[健康保険料=標準報酬月額×各等級の保険料率÷2]

厚生年金保険料

[厚生年金保険料=標準報酬月額×各等級の保険料率÷2]

国民保険については分かりにくいかと思いますが、3つの要素から成り立っており「医療保険分」「高齢者支援分」「介護保険料分(40歳以上の方のみ)」となっているため、このような計算方法となっています。

他はさほど難しいものではありませんが、社会保険に関しては各健康保険協会によって料率が違いますので、会社へ確認されると良いでしょう。

社会保険料を年末調整の書類にどう書くのか

ここまでくると、だいぶ社会保険料控除についても理解が深まった頃かと思いますが、年末調整の際には家族の保険料についても控除対象として記入できると申しましたが、実はこの社会保険料控除の記入欄ですが、3段くらいしかありません。つまり、妻、長男、長女、次女、母などの家族の人数が多い世帯に関しては、書ききれないという事になります。

では、この時はどうしたら良いのかといった事は年末調整の時に悩む方が多いのですが、結論としては「枠を分割して記入する」「別紙に記載して提出する」という方法をとれば問題ありません。

恐らく、年末調整の書類を渡されるときに、こういったケースのために別紙を用意してくれる会社もありますし、用意がなければ自身で作成して会社に確認するのでも良いでしょう。

また、人によっては、「家族の国保を一纏めにして合算額を書けばよい」という方もいらっしゃるほどですので、書き方に決まりはなく、確認できれば良いという事になります。尚、嘘を書いたところで、市区町村に書類が回った時にバレますので悪い事は出来ないようになっています。

確定申告で社会保険料控除を受ける方法

さて、フリーランスの方で確定申告による社会保険料控除を受ける場合、納めすぎた税金を取り戻せる、所謂「還付金」を受け取れる可能性があるのはご存じかと思いますが、実際に社会保険料控除を受けて、還付金を手に入れる方法も覚えておきましょう。

ただ、覚えるとは言っても難しい手続きをするわけではなく、確定申告書にある「還付される税金の受取場所」という記入欄に銀行口座の情報や、郵便局の口座番号などを記入するのみです。

これらを記入した確定申告が終わると、おおよそ1~2か月以内に「国税還付金振込通知書」というものが届きますので、そのタイミングで指定口座に振り込まれます。

社会保険料だけでなく、公的な手続きとなると複雑な手続きや、一般的にはあまり認知されていない考え方などを覚えていく必要がありますが、逆に言うと「慣れてしまえば簡単」とも言えます。

フリーランスの方であれば特に、基本となる部分を今回ご紹介させていただきましたので、上手く活用して節税をしてみると意外と大きな金額が節約できる可能性もありますので、是非一度試してみてください。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。