新卒がすぐに辞めるのはアリ?第二新卒・フリーランスという選択肢


第二新卒の需要は高い

第二新卒の採用が増えている

企業では、様々な人を採用する事がありますが、その中でも第二新卒の採用を積極的に行っている企業も増えてきています。第二新卒の定義は様々ですが、入社から3年以内に辞めた職務経験が3年未満の人を指します。

ある程度の職務経験は必要になりますが、企業側からすると少しは社会人としての経験がある事が評価の対象になります。求人サイトでも第二新卒を歓迎している企業も多く、常に採用を実施しています。

第二新卒の需要が高い理由は、定員割れの発生にあります。新卒採用の募集の場合、予定人数の募集をかけようと思っていても、優秀な学生を求めるあまり、予定人数に達さないことがあります。

しかし、第二新卒では、本来採用する事が出来なかった優秀な人材を改めて募集する機会になることもあって、企業も積極的に行っているのです。

転職者よりも第二新卒の方が入社意欲が高い!

・第二新卒は、前職が合わなかっただけで、優秀な人材が多い
・第二新卒は前職で研修を受けていることが多い

第二新卒は、普通の転職者よりも年齢的な若さもあり、ある程度職務経験を積んでいる分、企業側も安心して採用します。

しかし、第二新卒を積極的に採用している企業は、職務経験を積んでいるかどうかや、仕事ができるかどうかを重要視しているわけではありません。それは第二新卒であれば、経験が浅いことは想定できるので、スキル要件は高くないためです。

研修制度を利用している企業であれば、第二新卒は基本的なマナーを守った上で入社するので、研修を実施する必要もありません。その他にも、通常の新卒に対してかける時間を少なく出来ますし、社内教育の面でも時間を割かずに済みます。

新卒がすぐ仕事を辞めた後再就職できるのか

新卒ですぐ仕事を辞めて、再就職出来るのかどうかの疑問がありますが、企業によって変わってきます。企業側が第二新卒を採用するとなった時は、各企業の最低限の募集要項があります。

一般的には第二新卒でも、職務経歴が1年以上3年未満の人を募集する傾向にあります。この期間は、他社の企業風土に染まっていないため、新卒同様に社風に合わせやすい期間になります。これ以上の期間働いている場合、新卒同様に扱うことは難しく、スキルを重視されていくようになります。

専門職かつスキルがあれば再就職しやすい

第二新卒が再就職をするとなった時に、専門職で、その専門のスキルを持っていればさらに再就職しやすいです。理由は、普通の新卒に比べると即戦力になるからです。

例えば、ITエンジニアとして就職し、半年程で会社の意向と自分の意向に食い違いがあり退職したとします。しかし、学生時代からインターンやバイトなどで、すでに技術やスキルがある場合、研修などのコストがなく、すぐに現場で仕事に就くことになります。

新卒の再就職先の例

再就職先1:成長意欲の強いベンチャー企業

第二新卒が再就職する上で、多いとされているのがベンチャー企業です。ベンチャー企業は、常に成長を続けており、新規事業等にも積極的に取り組む姿勢が他の会社とは違ってきます。

しかし、ある程度基盤が出来ているような大企業に比べると、リスクが高い会社と言えますが、その分自分自身を成長させる事が出来るメリットも大きいです。

何故、ベンチャーで第二新卒が採用されやすいかと言うと、人出が不足しているから。ベンチャー企業は、常に躍進を続けると言うこともあって、上場している会社は少なく、福利厚生も整っていない事も多い。

離職率が目立つと言う事もあって、第二新卒でもある程度スキルがある人なら、積極的に採用しているのです。そもそも、新卒や第二新卒、中途といった分け方をする考えはそんなになく、一緒に働けるか・スキルが十分かなど、ポテンシャルではなく現時点のスキルを求めます。

再就職先2:人手不足が激化している中小企業

ベンチャー企業同様に、中小企業も人出不足が激化し始めています。離職率の問題もありますが、一番は採用の定員割れが理由です。

優秀な人材を採る意欲が高過ぎて、結果として最後まで採用出来ずに、4月を迎えてしまうこともあります。そのような企業の人事は、企業に対して少しでも利益になるような人材を募集するので、第二新卒という選択肢を使います。

しかし、入社意欲があるだけで入社出来るかと言ったらそうではなく、ある程度職務経験を積んでいる事が必要である場合や、ポテンシャルを示せるかといった点が重要になってきます。

新卒が仕事をすぐ辞めて再就職する時の注意点

慎重に職場選びを行う

新卒が再就職するとなると、焦る人が多いでしょう。新卒で貯金のない中、仕事をすぐに辞めてしまうと、生活する事が出来ませんし、早く転職先を決めたいと考えます。しかし、そういった時こそ冷静になって職場選びをする事が重要です。

第二新卒を積極的に募集している企業の中にはブラック企業も存在します。離職率には様々な理由が考えられますが、やはり会社の意向に不満を持って離職することが殆どです。第二新卒であっても、手広く企業を見渡して、企業分析を行い、自分に合った企業を見つけ出すことが大切です。

新卒が再就職を成功させるためにするべきこと

入社意欲の熱を伝える

再就職を成功させたい場合、入社意欲を伝えることが重要になります。第二新卒を採用するための基準は様々ですが、その中でも入社意欲はかなり重要視されます。

第二新卒の時点で、すぐに仕事を辞めてしまうのではないかという不安を人事は持つので、払拭する意味でも入社意欲を見せることが重要です。前職の退職理由をきちんと説明し、どうしてその会社を選んだのか、どんな仕事で活躍をしたいのか、新卒以上に熱弁することが大切です。

内面重視の採用も多い

第二新卒を採用する時は、それなりにスキルを重要視することもありますが、内面重視の採用も同時に多いです。企業の人事が求めている人材の特徴に、多くの共通点として「素直さ」があります。

これは、一緒に仕事をしながら、相手の意見を素直に聞き、もし自分が間違いなら、相手の意見を飲んで、自分の学びにできるかどうかに関わってきます。なので、退職理由が自分勝手にならないようにすることも大切です。

再就職だけでなく、独立という選択肢も。

第二新卒として就職することに縛られがちですが、ほかの選択肢として「独立」があります。一般的には新卒で就職後、人との関係ネットワークを構築した上で、独立することが仕事と収入の安定性を高めるのに必須。新卒入社ですぐ辞めて独立をすることを考えると、次のような疑問が出てくるでしょう。

・どうやって案件を手に入れる?
・保険や税金はどうしたらいい?
・今後のキャリアはどうなる?

ITエンジニアの独立を支援する、「MidWorks」での独立なら、サポーターが着きますし、案件も安定的に獲得することができます。もちろん、一般的な正社員よりも時間のしばりが緩く、自由な働き方ができます。

もし、再就職することに拘りがないようなら、あなたも「MidWorker」という働き方も考えてみてくださいね。

公式サイト:「Midworks