Webプログラマーになるためには?|仕事内容・平均年収・将来性


Webプログラマーの仕事内容

Webプログラマーの仕事内容はWebサイトに関連したプログラミングです。近年ではクラウドサービスが注目を集めていますが、そういったクラウド上で稼働するソフトウェアに関連したサイト構築もWebプログラマーが活躍する領域の一つです。

Webプログラマーはスキルが蓄積されてキャリアが長くなると、実力に合わせて仕事の幅を広げることができるという特徴があります。たとえば一般的なWebプログラマーは基本的には仕様書に沿ってプログラミングを行うことがメインの業務です。しかしリーダー業務やマネジメントにも携わるようになると、設計やメンバー管理などを任されることもありあす。

Webプログラマーの仕事の成果物として最も分かりやすいものの一つは、検索システムです。検索システムは検索サイトだけでなく、ショッピングサイトや企業のコーポレートサイトにもありますよね。これがあることでユーザーはキーワード検索でサイト内の閲覧したい情報にダイレクトにアクセスすることができます。こういった検索システムやSNSなどのWebサービスにはWebプログラマーの仕事が役に立っているのです。

Webプログラマーの平均年収

Webプログラマーの平均年収は400~500万円程度です。厚生労働省の「平成28年賃金構造基本統計調査 結果の概況」によると情報通信の平均賃金は300.0千円(30万円)です。これは月額の給与なので、年収ではありませんがここから年間2~4ヶ月の賞与が追加されるとしたら、年主は400万円~450万円程度となります。

この金額を高いと感じるかとどうかは、人によって異なりますが、Webプログラマーを含む情報通信産業の賃金は、金融・保険業の466.4千円(約46万円)に比べれば低くなります。しかし一般的なサービス業の196.7千円(約19万円)に比べると賃金は高く安定した年収を得ることができる職種ともいえます。

Webプログラマーに資格は必要か?

Web プログラマーになるために必要なことは、資格ではなく、Web プログラミングに関する興味と技術です。資格がなくても技術があれば、優良企業に採用される可能性がありますが、技術がなければ企業からWeb プログラマーとして求められることはありません。システムエンジニアと同じように、Web プログラマーになるために必須となる資格はなく、それよりも技術の方が大切なのです。

しかし資格が無駄なわけではありません。企業によっては取得している資格に合わせた手当てを用意している場合もあります。手当ての月額は数千円程度の場合が多いですが、年間で考えればそれなりにまとまった金額となります。そのため資格取得は転職で必ず必要なわけではありませんが、年収アップには役立つ可能性があるといえるでしょう。

Webプログラマーが取得していると役立つ資格一覧

Webプログラマーを目指す際におすすめの資格は、基本情報処理技術者試験です。基本情報処理技術者試験とは、IPAの資格であり、情報処理技術者として初歩的なスキルを証明できる資格です。

コンピューター系の専門学校に進学すれば、取得を進められることが多い基礎的な資格です。この資格があるから凄い、ということにはなりませんが情報技術に関する基本的な知識があることを伝えることに役立ちます。他には以下のような資格もあります。

PHP技術者認定試験

Web プログラマーを目指すなら取得を検討すべき資格があります。それはPHP技術者認定試験です。PHP技術者認定試験とは、PHPの技術の証明となる資格です。Webプログラマーとして活躍するためには、PHPの最低限の理解は欠かせません。経験が浅い場合は取得することで、書類選考が有利になる可能性があります。

TOEICや英検一級などの英語系資格

TOEICで高得点を取得していることや英検一級を取得していれば英語力の証明となります。グローバルに活躍するIT企業への転職に役立つことは説明するまでもありませんが、プログラミングの世界は基本が英語です。そのため英語の理解が深まることでプログラミングに関してもより深い理解ができる可能性もあります。

また、開発の現場によっては外国人のエンジニアとのやりとりが発生することもあります。そうなると英語ができるのとできないのでは、コミュニケーションの質が全く異なります。英語関連の資格は、Webプログラマーとしてグローバルな環境で働きたい場合は取得を検討すべきだといえるでしょう。

・システム監査技術者試験
・情報セキュリティスペシャリスト試験
・ITパスポート試験
・プロジェクトマネージャ試験
・ネットワークスペシャリスト試験

これらの資格はIT 系の資格としては一部ですが、取得しておくことで勉強する姿勢と行動力があることを伝えることができます。この中ではIT パスポート試験が比較的難易度が低いので、手始めにまずは簡単な資格からと考えている場合にはおすすめです。

またシステム監査技術者試験は、企業の情報システムを監視して評価するような、情報システム部門でも重要な役割を果たす際に役立つ資格です。キャリアがゼロで取得を目指す資格ではありませんが、ある程度の経験と技術を持ち、Web プログラマーとしてさらなるキャリアアップを目指す際には取得を検討する価値があるといえるでしょう。

Webプログラマーに人気のプログラミング言語

Webプログラマーに人気のプログラミング言語としては、JavaScriptがあります。JavaScriptとは、普及してる各ブラウザとの相性が良いため、頻繁に使用されるプログラミング言語の一つです。IEをブラウザにしていると、JavaScriptの許可を求めるwebサイトが頻繁にあるように、多くの場面で用いられています。またJavaScriptはサーバー側のプログラミング言語として使用されることもあります。

しかしJavaScriptは初心者には扱いが難しい側面があるため、初心者向きとはいえません。では初心者向きのプログラミング言語にはどのようなものがあるのでしょうか。それは以下の二つです。

・PHP
・Pyton

PHPはクライアント側ではなく、サーバー側のスクリプト言語です。PHPはJavaScriptと比較すると概念化が簡単な言語のため、初心者が習得するハードルは他の言語に比べると低くなります。またPHPはWebサイト構築に適した言語なのでWebプログラマーには欠かせない言語ともいえるでしょう。

Pytonは検索サイト最大手のGoogleやファイル保管のクラウドサービスDropboxを構築している言語です。こういった有名サイトの構築に活用される言語でありながら、習得の難易度は他の言語に比べると低いため、初心者向けの言語でもあります。

Webプログラマーの将来性

Webプログラマーの将来性はまだまだ有望です。その理由の一つはIOTの推進です。IOTとはインターネットオブシングスの略語で、全てのものがインターネットに繋がる社会を意味しています。近年ではスマートハウスが話題となり、ドアの施錠や電気のオンオフ、冷房のオンオフなどあらゆることがネットを介してできるようになっています。この動きがどんどん加速することで、インターネットはより人々の生活に身近なものとなります。

そうなると必然的にネットにアクセスする人が増え、Webプログラマーの活躍の場面も広がる可能性が高くなります。ソーシャルゲームなどブームに乗ったサービスを展開する企業に転職することができれば、高い年収を提示されることもあるため、他の職種に比べれば報酬的にも満足できる傾向もあります。しかしその一方でWebプログラマーの業界は実力勝負の厳しい世界でもあります。

常に自分自身のスキルを磨くことが欠かせません。またプロジェクトや現場によってはハードワークとなるケースもあり、そうなると心身のメンテナンスも必要となります。長く働き続けるためには、プロフェッショナルとしての意識を持ち続ける必要がある職種でもあります。

Webプログラマーに必要なスキル

Webプログラマーにとって絶対に必要な資格はありません。しかしWebプログラマーにとって絶対に必要なスキルはあります。それはプログラミングスキルです。未経験から転職を目指す場合は、資格取得よりもまずはスキルを身につけることをおすすめします。

近年ではオンライン講座が充実しているので、そこから学ぶのも一つです。もしくは未経験者を募集している企業にアルバイトや契約社員で入社してスキルアップをはかる人も少なくありません。Webプログラマーを目指す場合は、最初にある一定以上のプログラミングスキルを身につけることが欠かせません。この最初のハードルを越えることで、Webプログラマーとしてのキャリアを歩み始めることができます。

Webプログラマーになるには?

未経験からWebプログラマーになるためにすべきことは簡単です。一つ目は未経験者歓迎の求人を探すことです。未経験からWebプログラマーを目指す場合、スクールや専門学校に通うことを考える人もいますが、スキルが身についたとしても、それだとどうしても現場の感覚を身につけることができません。

しかし、未経験で給与などの条件があまり良くなくても、まず現場に携わることができれば、学習意欲も高まり、言語の習得にも積極的になることができます。そのため未経験からプログラマーを目指すなら、まずは会社に所属することから考えることをおすすめします。そしてある程度の経験を積んでから転職する、もしくは専門性を磨くなどのスキルアップを図ることで、Webプログラマーとしての市場価値を高めていくことができます。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。