Pythonエンジニアの魅力とは?|平均年収・仕事内容・案件事情


Pythonエンジニアの平均年収

Pythonエンジニアの平均年収は651万円

求人検索エンジン「スタンバイ」を運営するビズリーチが2016年に発表した「プログラミング言語別平均年収ランキング」によると、Pythonエンジニアの平均年収は651万円で、数あるプログラミング言語を抑えて堂々の1位に輝きました。

このランキングはネットを中心に話題になったのでご存知の方も多いのではないでしょうか。エンジニアの平均年収は企業の規模に応じて350万円〜500万円となっていますので(出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」)、651万円という年収は十分に高いものであると言うことができます。

ちなみにランキングですが、
平均給与額
1位がPython:651万円
2位がPerl:633万円
3位がRuby:606万円
4位がC言語:597万円
5位がJavaScript:555万円
となっています。

では次に、具体的な求人案件から単価をみてみましょう。

レバテックフリーランスでの求人例

ここでは、一番求人案件数が多いと思われるレバテックフリーランスを例にみてみます。

レバテックには、PHPやJavaほどではありませんが、いくつかのPython案件が掲載されています。Webアプリ開発、人工知能、データ分析など職務内容の幅が広いのもPython案件の特徴です。

・データ分析案件
職務内容:Webサービスのデータ分析作業
言語:Python、SQL
DB:Access
その他ツール:Tableau
時間:140時間〜180時間
単価:〜750,000円/月

・人工知能案件
職務内容:人工知能、機械学習の技術を利用したサービスの開発
言語:Python
時間:140時間〜180時間
単価:〜800,000円/月

・Webアプリ開発案件
職務内容:Webサービスメディアおよび管理システム開発
言語:Python
DB:MySQL
フレームワーク:Django
その他ツール:GitHub
時間:140時間〜180時間
単価:〜900,000円/月

3件ほど案件をピックアップしてみました。共通しているのはどれも高単価ということです。最高額の90万円/月というのはIT業界の中でもトップクラスに分類されるのではないでしょうか。

もちろん高単価のものだけを選んだわけではありません。ほとんどの案件が65万円〜90万円/月でしたので、選びようがなかったというのが正直なところです。実際の求人案件の単価も高いわけですから、プログラミング言語別平均年収ランキングのデータも信憑性のあるものと言えるかもしれません。

Pythonエンジニアの仕事内容

上記の平均年収の項目で求人案件をいくつか取り上げましたが、今度はPythonエンジニアの仕事内容がどのようなものであるのかみてみましょう。

Pythonは1991年に開発された汎用的プログラミング言語で、その開発以来オープンソースとして配布され、現在では「2.x」系と「3.x」系という2つのバージョンが併用されています。Pythonの特徴は読みやすく、また書きやすいというところです。そのためプログラマーの作業性とコードの信頼性が高まるというメリットがあり、現在では非常に幅広い分野で使われています。

では具体的にどのような分野で使われているのかみてみます。Pythonで作られているものは大きく3つに分類することが可能です。

・Webアプリ
・人工知能
・データ分析

ではこの3つを一つずつご紹介します。

Webアプリ

Pythonが最も利用されているのがこのWebアプリです。有名なものとしては以下のものが挙げられます。

・Youtube
・Instagram
・Dropbox

どれもメジャーなもので皆さんもよくお使いになられると思いますが、これらのサービスがWebアプリになります。インターネットさえあればPC、スマートフォン、タブレットと様々な端末で利用することができるのがその魅力で、エンターテイメント、SNS、仕事効率化といったアプリでとくにPythonが使われています。またPythonはメンテナンスが容易であることから、大規模なWebアプリ開発にも対応できるというメリットもあります。

データ分析

次はデータ分析です。Pythonはデータ分析という分野でも利用されています。これはWebサービスやシステムで得られたデータを統計学を用いて分析するというものです。

代表的なサービスには「Tableau」があります。Tableauはデータ視覚化ツールとも呼ばれ、様々なデータソースに対応しながらも簡単操作でデータをビジュアル化できるというソフトウェアです。

ではなぜPythonがデータ分析という分野で利用されるのかというと、C言語やJavaといったプログラムと比べて「簡単」だからです。統計分析は複雑な条件処理や繰り返し処理を行うことが多いため、簡単な言語の方が向いているということです。

またPythonは世界中の有志で開発・提供されているため、統計分析用のツールやライブラリも揃っているという点もPythonがデータ分析に使われる理由となっています。

人工知能

最後に人工知能を紹介しましょう。Pythonが今注目を集めている理由は、この人工知能にあります。シンプルな言語なので人工知能も作りやすいということですね。機械学習やディープラーニングという技術がその一例です。

ソフトバンクが開発したロボット「Pepper」には、ディープラーニングを使った感情エンジンが採用され、ロボット自ら学ぶことができるようになっています。機械学習やディープラーニング用のライブラリもあるので、人工知能を作りやすい環境が整っていることもPythonの強みと言えるでしょう。

Pythonエンジニアに資格は必要?

Pythonエンジニアに限らずすべてのエンジニアに共通して言えることですが、エンジニアの仕事で必要とされるものはまず実務経験です。資格がないとエンジニアの仕事に就けないということはまずありません。

たくさんの資格を取得しているエンジニアもいますが、その目的は実務に必要なスキルを学ぶためという理由が多いようです。ですので実務経験にウェイトを置きながら、空いた時間で資格の勉強をして新しい技術を学んでいくという方法がキャリアアップするための1つの手段と言えるかもしれません。

ただ、資格がその技術についての知識があることを証明するのは事実です。企業によっては資格手当制度や一時金が支給される合格報奨金制度を導入しているところもありますので、そういったポイントもしっかりと踏まえた上で、資格取得について考えてみるといいでしょう。

また、2016年には「一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会」が発足し、翌年からPythonエンジニアとしてのスキルを認定する試験を実施するとの発表がされています。オライリー・ジャパンの書籍を学習の主教材として使用し、Python 3系の基礎文法が問われるとのことなので、これからPythonを習得しようと思っている方にはちょうどいい資格と言えるかもしれませんね。

Pythonエンジニアの現状

現在、市場のニーズに対してPythonエンジニアが少ないという状況になっています。日本で人気のある言語と言えばJavaやPHPで、さらにはRubyに注目が集まっていたこともあり、Pythonは影に隠れた存在でした。しかし近年、人工知能や機械学習を扱う企業が増加し、Pythonを使うメリットが認知されるようになったことで、Pythonエンジニア需要が増加傾向にあるのです。

Pythonはオープンソースで、誰でもダウンロードさえすればすぐ勉強をはじめることができるのが特徴です。しかし、現実的にはPythonに関する書籍や情報は少ないままです。ですから情報が少ないという状況の中でPythonエンジニアはこの需要増に対応していかなければならないのです。

以下のオンライン学習サイトでPythonを学ぶことができるようになっています。情報源として大変貴重ですので、積極的な利用をおすすめします。

Python-izm

Pythonの習得を目的としたPython特化型サイト。初心者から上級者までに対応した幅広いコンテンツが揃っています。

ドットインストール

日本最大級のプログラミング学習サイト。3分動画で学ぶことができるのが初心者にも人気に理由で、「Python 2入門」と「Python 3入門」の2つの講座があります。

プロスタ

初心者向けプログラミング情報サイト。様々なプログラミング言語を学習することができますが、その中の1つにPython入門講座があります。

Pythonエンジニアの将来性

今、日本におけるPython人気は高まりつつあります。求人案件数でJavaやRubyを上回ることはできていませんが、ここ数年で約2倍の求人案件数になっていることは事実です。YoutubeのようなWebアプリやInstagramといったSNSが日本人の生活に浸透していることもあり、国内でもさらにPythonが普及するものと考えられています。

そしてPythonエンジニアにとって追い風となっているのがソーシャルゲームアプリです。スマホの普及によりソーシャルゲームアプリはゲーム業界の主流となりはじめています。このソーシャルゲームアプリの開発でもPythonが使われることが多くなっているのです。

現時点でPythonは爆発的な人気とまではなっていません。ただWebアプリや機械学習、データ分析の分野を中心に少しずつ実績を積み上げている段階にあります。実績が増えればPythonエンジニアが活躍する場も増加し、Python市場はさらに拡大するものと思われます。

Pythonは誰でも学びはじめることができる言語ですので、今から知識を身につけても十分に間に合います。シンプルであるがゆえにPythonの奥は深く、様々なジャンルの案件に対応することができるため、Pythonに習熟すれば刺激のあるエンジニアライフを送ることができるかもしれません。

Pythonエンジニアの魅力

Pythonエンジニアについてみてきましたが、簡単にまとめるとPythonエンジニアの魅力は3点になります。

人工知能、機械学習が流行っている

今は第三次AIブームと言われています。Pythonが人工知能や機械学習に向いているとされていることもあって、Python自体のニーズが高くなっています。

シンプルであるがゆえに強い

コードがシンプルということは、保守もしやすいということです。保守がしやすくなれば当然効率が上がります。複数人で開発することを想定してもメンテナンス性の高さは大きなアドバンテージになりますし、企業にとっても少ない投資での開発が可能となります。つまり人工知能や機械学習以外でもPythonが使用される場が多くなるということです。

Pythonエンジニアは希少品種

JavaやPHP、Rubyを主流としてきた日本だからこそPythonが狙い目です。言うなればビッグウェーブといったところでしょうか。今後はビッグデータ案件が増加し、IoTに関係するプロジェクトも増えていきます。Pythonエンジニアは希少品種で引っ張りだこになる可能性が高いですから、今のうちから携わることができればビッグウェーブに乗ることも可能となるでしょう。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。