Webエンジニアはどんな仕事なのか|平均年収・必要なスキル


Webエンジニアとは

Webエンジニアはどんな仕事?

Webエンジニアの仕事とは、簡単に言うとインターネットを扱う利用者が様々なサービスを快適に利用するためのシステムやアプリケーションを作ると言うものです。もちろん、パソコンを介して利用するアプリケーションだけではなく、スマートフォンやタブレットで利用するアプリケーションなどを開発も行います。

Webエンジニアは基本的にシステムエンジニアが設計士作った仕様書をもとに、Webシステムの開発に携わって行きます。Webアプリケーションと言っても、一体何のことなのか分からないという人もいらっしゃるでしょう。

例えば、皆さんが快適にネットショッピングを楽しんでいる大手ECサイトや、メールをやり取りするメーラーサイト、オンライン上で文書を編集できるオンラインソフトウェア、直接出向かなくても銀行口座の残高照会ができるネットバンキングなど、ネット上で行う様々なサービスは全てWebアプリケーションというシステムによって運用されています。

これらの基礎となるシステムを開発し、時にはWebサイト構成そのものにも携わるのがWebエンジニアなのです。

フロントサイドとバッグエンドとは?

さて、ウェブ上で使われるアプリケーション開発にたずさわるウェブエンジニアと言う職業ですがその仕事内容は大きく分けて2つの役割が存在します。

まず1つ目は、利用者のメニュー映る部分を担当し開発にたずさわるフロントエンドエンジニアと呼ばれる役割です。フロントエンドエンジニアは、例えば私たちが普段目にしているオンラインショップのページの構成やレイアウト、実際にユーザが情報を入力する部分等、利用者が直接関わる部分を受け持っています。そのため、フロントエンドエンジニアはシステム開発だけではなく、デザインなどセンスやデザイン力が重視される部分まで担当することも多い仕事です。

一方で、ユーザが認識しないサーバーやOS、データベースなどの登録情報を管理するシステム開発をしているのがバッグエンドエンジニアです。普段目にしないがしないけれどそのアプリケーションに必要不可欠なネットワーク上で行われている情報操作などを管理しているシステムの開発を受け持っています。

例を出して説明すると、便利なオンラインショップにアクセスして買い物するには、まずそのページにログインし、様々なページを眺め自分の買いたい商品を詰めます。そして会員登録を行いクレジットカード情報などを入力し購入の手続きをとります。この買い物をするために見ているページや、クレジット情報やメールアドレスを入力するページなどを開発しているのがフロントサイドエンジニアです。

しかし、これだけでは実際にショップに送られた個人情報を管理し、データを紐付けたり求められたデータを返送したりといった送信を行うなどの管理は行えません。そういった、情報が送られた後の管理システムを開発するのがバックエンドエンジニアです。バックエンドエンジニアがシステムを開発することで、住所と購入を申請した商品、クレジットカードの申請状況等が結びつけられスムーズに買い物行うことができているのです。

ちなみに、役割で分かれていると言っても、ウェブエンジニアはどちらか特定の仕事しかしないと言うような場合はほとんどありがありません。時にはフロントエンド、バッグエンドの両仕事を担うこともあるため、双方の知識を一通り理解しておく必要があります。

Webエンジニアの平均年収

Webエンジニアの平均年収は450万円

FindJob!調べによると、Webエンジニアの平均年収は約450万円と言われています。また、調査したエンジニアの年収分布データを見ると、約4割が平均年収400〜500万円という分布になっているため、同じWebエンジニア内での年収の差はそこまで大きくは無いようです。

ちなみに、Webエンジニアで最も高額の平均年収は900万円以上で、この額の年収を得ているWebエンジニアは全体の約1%です。

IT業界内での水準と比較すると?

まず、Web系業種で比較した時にはどのような水準になるのでしょうか。
DODAの調べによると、Webサイトのデザインや構成を行うWebデザイナーやグラフィックデザイナーは平均年収が約330円前後、Webサイトの編集やコンテンツ企画の仕事は平均360万円といった結果が出ているため、同じWeb系業種の中でも高い水準と言えるでしょう。

また、同じエンジニアであるSEやプログラマを総合した平均年収は約460万円なので、エンジニアとしての水準と比較しても、ほぼ平均的な年収を得られるようです。

一般企業の平均年収に比べると高い?低い?

それでは、一般企業のサラリーマンと比べるとWebエンジニアの平均年収は高いのでしょうか、低いのでしょうか。

まず、国税庁が行っている「民間給与実態統計調査」によると、民間企業で働くサラリーマンの平均年収は約420万円と言われています。この値から見るとWebエンジニアの平均年収はけして低いとは言えません。

しかし、一般企業のサラリーマンとWebエンジニアは勤務体制も大きく異なり、多忙期には激務にもなりやすい為、一般企業のサラリーマンに比べると仕事量と収入の比重は偏りやすいでしょう。

Webエンジニアに必要なスキル

プログラミングスキル

Webエンジニアは、上流工程を行うSEと下流工程を行うプログラマーといった明確な区別をがなく、1人のエンジニアがサービス開発の全工程に携わることが多い業種です。そのため、Webエンジニアにはある程度のプログラミングスキルが必須となります。

特に、SEから転職してWebエンジニアになったような場合、人を管理する立場に立ち、スケジュール調節やマネジメントしか行っていなかった時期が長いと、現場において十分な仕事が行えないと言う恐れがあります。

長くプログラミングの工程から離れ技術やスキルに不安がある場合は、オンラインスクールに通ったり、コードを書いてノウハウを学習したりするなど、プログラミングスキルを磨くことをが重要となります。

データベースに関するスキル

データベースとは、いわゆる情報の保管庫のような存在です。データベースは膨大な情報を登録されしすることによって、不貞の文字を入力したときに関連するデータを抽出することができます。

例えば、ユーザIDとパスワードを入力するとログインできるシステムや、商品名を記入すると該当する商品のページが表示されるシステムなどは、このデータベースを利用することによって作られています。データベースがあると、ショッピングサイトはもちろん様々なアプリケーション開発やつながります。データベースを操作するには、SQLと言う言語の習得が不可欠です。ウェブエンジニアを目指してる場合には、このSQ悪言語のスキルを高めるようにしましょう。

セキュリティに関するスキル

ウェブアプリケーションにおける個人情報の漏洩は大問題につながることもあり、ウェブエンジニアのセキュリティー対策に対する意識は年々上昇しています。

特に、ウェブアプリアプリケーションはクレジット万58住所、口座番号など様々な個人情報を1つのサーバーに膨大に保管している場合があるため、少しでも昔ルティーに漏れがあると悪質な侵入者にデータを盗まれてしまうといった危険性があるのです。このため、ウェブエンジニアとしてアプリケーションを開発する際には、どのような攻撃をされてもデータが外に漏洩せず、個人情報を守る強固なプログラミングを意識し開発を行わなければなりません。

もちろん、エンジニアが上が防御強くすればするほど、侵入者側も様々な技術を用意てサーバーに侵入しようと試みるでしょう。年々高度な技術を生み出し、個人情報抜き取るとする侵入者に対して常にその技術に対抗で9流プログラムを開発するスキルが上ベンチには欠かせないのです。

LAMP環境に関するスキル

LAMPとは、Webサイトをネット上に公開したり、アプリケーションを開発するために使用するオープンソースソフト4つの頭文字を合わせた略語です。
Web開発はこの4つのソフトがあればできる、と言われており、Webエンジニアにとっても必要不可欠なスキルとなっています。

まず、Lはサーバーで使われるOS「Linux」の頭文字。Aは、世界で最も多く使われているwebサーバー「Apache」のA。Mは先述したSQL言語を用いて管理するデータベース「MySQL」。そしてPは主にバッグエンドで利用するプログラミング言語「PHP」のことを指します。

この4種類は、もう10年以上もの間Web開発の最前線に留まり、必須と言われて続けているソフトです。Webエンジニアを志すなら、まずはLAMP環境を学ぶところから始めてみましょう。

Webエンジニアに資格は必要?

Webは資格が無くてもなれる

Webエンジニアになるには、絶対に取得しなければならない国家資格や試験は存在しません。独学で勉強し、未経験で会社に入ってもWebエンジニアとして活躍している人は沢山存在します。

そもそも、エンジニアの業界では未経験なのに資格をたくさん持っていてもさして転職や就職、キャリアアップ等に有利に働く事はありません。これは、IT業界が知識だけでは仕事を行えず、実際に現場に出て積んだ経験がキャリアを左右する傾向にある世界だからだといえます。

webエンジニアとして活躍するには、まずは現場でたくさんの経験を積み実際に今求められているスキルや技術を学んだ後、それに付随する資格を取得していくと言う方法が1番確実と言えるでしょう。

スキルを証明するためには資格取得が効果的

資格を取らなくても働けると言っても、絶対に近くが役に立たないと言うわけではありません。未経験の時に知識だけで資格をとってしまっても何の意味もありませんが、キャリアがあり実績を積んだ人物が資格を取得する場合、その後の仕事や転職活動に有利に働くことがあります。

ウェブエンジニアと言う仕事は、自分の功績や技術をわかりやすく表現することが難しい仕事でもありありますそのため、自分の技術に見合った資格を取得することで、持っているスキルや知識、技術をクライアントや企業にアピールするために有力な武器として使えるようになるのです。

特に、独立して起業する場合や、フリーランスとして活動する場合は初めて契約するクライアントになどに安心して仕事を依頼してもらえるよう、わかりやすい指針として出資格を取得すると言う方法は非常に有利だといえます。

Webエンジニアが取得すると役立つ資格一覧

それでは、ウェブエンジニアとして活躍するため武器になる、取っておいた方が良い資格とはどんなものなのでしょうか。IT技術系のスキルは沢山ありますが、その中でも特にWebエンジニアが持っていて役立つ資格を3つご紹介します。

Oracle認定JAVAプログラマ

Webエンジニアが覚えておいた方が良い言語の1つJavaですが、その総合的な知識を身に付けることができる資格がOracle認定JAVAプログラマ の資格です。この資格は多くの企業で義務づけていることが多い定番とも言える資格で、比較的取得しやすいのも特徴となっています。

特にフロントサイドをメインで行うWebエンジニアはJavaを利用することが非常に多いので、その技術力を証明するためにも取得しておくことをおすすめします。

Webクリエイター能力認定試験

さらに、フロントサイドを主に扱うWebエンジニアにおすすめな資格が、Webクリエイター能力認定試験という試験です。この資格では、Webサイトを作成するにあたって必要な一定のスキルと構成力やレイアウト、デザイン力を証明することができます。

試験はスタンダードやエキスパートなど様々な種類があり、難易度もそこまで高くないのでWebエンジニアとして働き始めたら、最初に取得しておきましょう。
また、もうすでにWebエンジニアとして活動を行っており、さらなるキャリアアップや技術力の証明に使いたい場合はエキスパートを取得するようにしましょう。

Webクリエイター能力認定試験のエキスパートでは、実際にHTMLやCSS、JavaScriptを利用し、指定されたWebサイトを1つ作成すると言う実技試験があります。実技を行う資格であるため、その技術力により高い信憑性を持たせることができるのです。

基本情報処理技術者試験

経済産業省が主催する国家資格「基本情報処理技術者試験」は、WebエンジニアだけではなくSEやプログラマーといったITエンジニア全般の業種に適している資格です。この資格ではシステム開発全般に関わる知識を得ることができるため、学ぶと言う面においても取得が推奨されています。

ただし、「基本情報処理技術者」と言う資格は厳密には正式名称ではありません。「情報処理技術者試験」のレベル2に合格することによりその量能力が認められると言う扱いになっているため、目指す時にはレベル2の取得を目標にしましょう。

「情報処理技術者試験」はレベル4まであり、数値が大きいほど高度なIT知識やスキルを持っているいう照明になります。しかし、システム開発以外にも様々な業務を行うウェブエンジニアにはとしては、とりあえずレベル2まで合格しておけば問題ないでしょう。その後、必要に応じて態度が高い知識試験に挑戦してみましょう。

Webエンジニアの現状

IT業界ではWebエンジニアの需要が高まり、多くの人材を必要としている現状が見受けられます。その背景には、日々進歩していくWebアプリケーションの開発に多くの人員が必要であるということが挙げられます。

これからも、WebサービスやWebアプリケーションが人の社会から衰退していくことはあり得ないと言っても過言ではありません。その為、Webアプリケーション開発に携わるWebエンジニアが必要なくなると言うケースはほとんど無いでしょう。

一方で、Webエンジニアは日々変化するネットワークやアプリケーションに対して、常に新しい提案をし、人々が便利だと思うサービスを提供し続けなければなりません。

そのため、需要が高まり求められる技術が上がっていくIT業界においてWebエンジニアとして活躍し続けるために、求められているスキルや技術を磨き、それを仕事につなげていくと言う意欲的な姿勢が求められていくでしょう。

Webエンジニアの将来性

安定した需要が見込まれるWebエンジニアと言う職業は、今後も将来性が高い状態が続くと見て問題はないでしょう。

しかし、Webエンジニアは常に新しい技術と、ニーズに対応したサービス作り出すことが求められる職業です。その為、誰でもできる仕事を惰性で続けているだけではいずれ必要とされず淘汰されてしまう恐れもあります。

Webエンジニアとしての将来性を確立するためには、誰にもできない独創的な発想力や、真似できないほど高度な技術を手に入れる為に、常に自分自信を最新にアップデートし続け、必要とされる人材であり続けることが重要なのです。

Webエンジニアがスキルアップしたい時におすすめの本

それでは最後に、Webエンジニアとして働くにあたってスキルアップが望める本を2冊ご紹介したいと思います。スキルアップというと、プログラミング技術を高めたり、LAMP環境の知識を深めると言った方向に考える方も多いかもしれませんが、そういった技術はどうしてもある程度の勉強をしたあとには、実践でスキルアップしていくものです。

今回は、デザイン面とセキュリティ面という、Webアプリケーション開発に不可欠な2方向において参考になる2冊の書籍をご紹介します。

XHTML&CSSデザイン |基本原則、これだけ。

特に、SEなどからWebエンジニアに転職した場合に言えるのですが、プログラミング技術には自信があっても、WebサイトのデザインやUIを決めることが苦手という人は非常に多く存在します。

プログラミングと違い、サイトのデザインを決めるといった作業は芸術的なセンスが必要となり、全く触れてこなかった人にとっては思いつきもしないといった事態にも陥るでしょう。そんな時に役立つのがこの本です。デザイナーが監修しているだけあって、中身は非常にシンプルで美しい構成になっており、見ているだけでデザインというものがどのような思考で行われるべきなのかを理解することができます。

美しいながらもシンプルで、情報を的確に提供できるサイト作りのスキルを磨くのにぴったりの1冊です。

体系的に学ぶ安全なWebアプリケーションの作り方

アプリケーションの脆弱性というものは、時に利用者の大切なデーターを漏えいしてしまい取り返しのつかない問題に繋がることがある恐ろしい問題です。

そんなアプリケーションの脆弱性について、解消するためのプログラミングや、脆弱性が起こる原理、対処法をまとめた書籍がこの1冊です。累計4万部突破というベストセラーから、セキュリティについての知識を吸収し今後のスキルアップに結び付けましょう。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。