フルスタックエンジニアの仕事内容・平均年収・必要なスキルとは


フルスタックエンジニアとは

何でもできるITエンジニア

フルスタックエンジニアとは、一言で言えば「何でもできるITエンジニア」のことです。

多くのプロジェクトではシステムエンジニア、サーバエンジニア、データベースエンジニア、ネットワークエンジニアなどの専門の技術者が分業体制を取ることが一般的ですが、フルスタックエンジニアは開発をすべて一人で行うことができるという特徴があります。

ただソフトウェア・ハードウェアの両面においてIT技術は高度化しており、エンジニアがカバーしなければいけない領域は拡大しています。例えばサーバエンジニアという職業を一通りこなせるようになるだけでも相当の努力と経験が必要になります。1つの分野を極めるだけでも大変なわけですので、すべての分野をこなすのは無理という声が挙がるのも無理はありません。

ですので、実際には2つ以上のスキルを持っているマルチプレイヤーがフルスタックエンジニアとされています。

では次にどのような場面でフルスタックエンジニアが必要とされるのか見ていきましょう。

フルスタックエンジニアが求められる理由

現在、IT業界ではエンジニアをはじめとした技術者が大きく不足しています。その要因は様々ですが、大きく分けると以下の3つの理由に集約することが可能です。

・きつい、給料が安い、帰れないというネガティブイメージがある
・実際に賃金が低い
・IT技術の進化が早すぎる(スピードについていくだけで大変)

ですのでフルスタックエンジニアでなくとも、何か1つの専門分野があれば仕事を受注できる可能性は高くなります。

ただ新たに事業を始める少人数のベンチャー企業や、とにかくスピードが求められる開発現場ではフルスタックエンジニアの需要が高くなっているのも事実で、その理由は以下の通りです。

人件費の削減が可能

開発のために3人のエンジニアを雇うよりも1人のフルスタックエンジニアを雇った方が安く上がるケースが多いので、結果として人件費を抑えることが可能になります。人件費を多く捻出できない企業からの依頼が増えるのもその特徴です。

迅速な開発が可能

複数のエンジニアが協働して開発を行うよりも、フルスタックエンジニアが1人で開発を行った方が早く開発を終えることができます。連携や引継ぎなどをしなくていいためです。

どこまでの領域を極めればフルスタックエンジニアとなれるのかという疑問には様々な答えがあり、その定義自体定まっていませんがあらゆるスキルに精通していたほうがエンジニアとして有利に働くということは間違いないです。

フルスタックエンジニアの平均年収

さてそんなフルスタックエンジニアですが、ご覧いただいている皆さんが気になるのはやはり給料ではないでしょうか。ただ、残念なことにフルスタックエンジニアという職種での年収データは存在していません。

ちなみにITエンジニア全体での平均年収は502万円で、平均年齢は38.3歳となっています。これはNPO法人「ITスキル研究フォーラム(iSRF)」が2016年に国内で就業するITエンジニア9,091人を対象に平均年収を調査したものになります。

職種別に平均年収を見ると、最も高かったのはマーケティングで710万円、次にコンサルタントの673万円、プロジェクトマネジメントの607万円と続きます。

低い順では、アプリケーションスペシャリストの451万円を筆頭に、ソフトウェアデベロップメントの452万円、ITサービスマネジメントの478万円と続きました。

職種別に見れば、各エンジニアの年収はおおむね450万円〜700万円の範疇内に分布しているという結果になっていますので、フルスタックエンジニアの年収もこの範囲内に収まっている可能性が高いです。

では、実際の求人案件がどうなっているのか見てみましょう。今回は「レバテックキャリア」「クラウドテック」という2つの求人検索サイトを使ってみます。

レバテックキャリアでの求人例

レバテックキャリアで「フルスタックエンジニア」で検索したところ、該当件数は69件でした。

自社サイト運営案件

業務内容:自社サイトの運営(改良、新機能追加、メンバーマネジメント)
言語:PHP、JavaScript、CSS、HTML
OS:Linux
DB:MySQL
フレームワーク:CakePHP
年収:350万円〜600万円

自社サイト開発案件

業務内容:自社サイトの開発(企画、開発、運用保守、ユーザーフィードバック)
言語:Java、Objective-C、Swift
年収:400万円〜700万円

新規サービス開発案件

業務内容:自社サービスの開発・運用(要件定義、設計、プログラミング、テスト、運用、保守)
言語:PHP、JavaScript、HTML5
OS:Linux
DB:MySQL、SQL Server
WEBサーバ:Apache
開発ツール:Redmine、GitHub
年収:400万円〜700万円

フルスタックエンジニアで検索して該当した69件のうち、推定年収で最も低かったのが300万円で、最も高かったのは1,100万円でした。総体的には400万円〜700万円クラスの案件が多く、ITエンジニア全体での平均年収とそこまで大きな違いはないという結果になりました。

クラウドテックでの求人例

クラウドテックで「フルスタックエンジニア」で検索したところ、該当件数は38件でした。

新規自社サービス開発・運用案件

業務内容:Webサイトの開発・運用(サービス開発、ツール開発、自動テスト、コード管理)
言語:PHP、HTML、CSS、JavaScript
開発ツール:GitHub、Slack
年収:600万円〜800万円

アプリ開発・運用案件

業務内容:iPhoneアプリの開発・運用(設計、開発、運用)
言語:Objective-C、Swift
開発ツール:Git、Agile、AWS
年収:600万円〜850万円

大手企業ネットワーク開発案件

業務内容:ネットワーク開発および自社サービス開発(企画、設計、構築、運用まで一気通貫)
言語:Java、Go
OS:Linux
開発ツール:GitHub、Agile、AWS
年収:700万円〜950万円

フルスタックエンジニアで検索して該当した38件のうち、推定年収で最も低かったのが550万円、最も高かったのは1,300万円でした。平均的に500万円〜800万円クラスの案件が多く、レバテックキャリアよりも若干高額になったのは、クラウドテックの求人案件がフリーランス向けの業務委託案件だったことが考えられるでしょう。

フルスタックエンジニアになるためにするべきこと

2つ以上のスキルを持っているマルチプレイヤーがフルスタックエンジニアとされていると書きましたが、フルスタックエンジニアになるための近道はありません。自分のスキルをしっかりと認識した上でやるべきことを明確にし、そのためのスキルを地道に積み上げていくことが大切になります。

ただフルスタックであろうがなかろうがエンジニアとして習得しておくと有利な技術は存在しますので、まとめていきます。

Amazon Web Services(AWS)

やはりこれからの時代はクラウドが大前提になります。AWS以外にもクラウド基盤は存在しますし、AWSでなければならないというわけでもありませんが、近年においてはAWSがスタンダードとなりつつありますので、クラウドを習得するのであればまずAWSから始めるといいでしょう。AWSをある程度使えるようになったら、それ以外のクラウドサービスに手を出すというやり方も有効となります。

また、AWSを完全に操れるようになればそれだけでフルスタックエンジニアとしてやっていけるという声もあります。すべてをAWSサービスで実装してしまうというやり方です。ただAWSは決して簡単ではありませんので、まずは基礎知識の習得を目指して一通り使えるという段階にすることをおすすめします。

最低1つのミドルウェア

ミドルウェアとはOS(オペレーティングシステム)と、アプリケーションソフトとの仲立ちをするソフトウェアのことになりますが、このミドルウェアの中の最低1つは習熟するようにしましょう。

Oracle Database、SQL Server、DB2といったデータベース管理システムも重要ですが、おすすめは何かと問われたらやはりまずはApacheになります。ApacheはWebサーバのスタンダードです。

では何故Apacheなのかと言えば、ReverseProxy機能があるからとなります。ReverseProxyはリクエストを他のWebサーバーに中継する機能で、Webサイトを柔軟に構築するために必須のものとなりますが、この機能がクラウドサービスの基盤技術になりますので覚えておいて損はないでしょう。

最低1つの言語

またミドルウェアだけなく言語も何かしらマスターしておきましょう。1つ使うことができれば、それだけで仕事を受注できる可能性が上がりますし、他の言語にも応用が利くようになります。

オープンソースの中身を見て、どのような意図で設計されているかということが分かるようになれば、エンジニアとしてさらなるステップアップが可能となるでしょう。

以上、とりあえずいくつか列挙してみましたが、当然ながらこの3点だけでフルスタックエンジニアにはなれません。あくまでそのための布石というところです。上記の3点を習得した上で、ネットワークやセキュリティの知識を深めることがフルスタックへの最短距離となります。

そして諸々のスキルが中途半端にならないようにも気をつけてください。ITの世界は日進月歩で進化しています。常に新しいものに目を向けて、何事にも向上心を持って取り組むことが大切です。

フルスタックエンジニアに資格は必要か?

フルスタックエンジニアに限らず、エンジニアの仕事において資格が必須とされることはありません。どのような現場でも重要視されるのはまず実務経験になります。ただ資格を持つことで以下のようなメリットが生まれることも事実です。

・資格を取得するために学ぶことで新しい知識を身につけることができ、スキルアップすることができる
・企業によっては資格手当などが付く場合がある

つまり実務経験を積みながら資格取得にチャレンジすることもキャリアアップのためには有用な手段となるということです。そこで、フルスタックエンジニアが取得しておくと有利になる資格をまとめてみました。スキルアップを考えている方は参考にしてください。

ITストロラテジスト試験

経済産業省が主催する国家試験「情報処理技術者試験」の1つです。企業の経営戦略を前提に情報技術を活用してビジネスを成功に導くCIOやCTO、ITコンサルタントを目指す人に最適です。

情報処理技術者試験の最高峰とされるだけあってそのハードルは極めて高いものとなっていますが、この資格があればITエンジニアの枠を飛び越えてキャリアを形成することが可能となりますので、この資格の取得を検討しすることをおすすめします。

シスコ系資格

CCENT(エントリー)、CCNA(アソシエイト)、CCNP(プロフェッショナル)、CCIE(エキスパート)、CCAR(アーキテクト)と5つのレベルがあります。

どれか1つでも取得すれば様々なシステムで利用されているシスコのネットワーク機器を取り扱うスキルの証明になりますし、またネットワーク技術のスキルがあるという証明にもなります。ネットワーク技術を武器にしたいエンジニアには必須の資格と言えるかもしれません。

オラクルマスター

これはデータベースに関わるすべてのエンジニアに必須とも言える資格です。これを取得すればオラクル製品の知識があるというだけでなく、データベースの設計・運用スキルがあるという証明にもなりますので、データベース分野を取り扱うエンジニアは是非取得を目指してください。

オラクルマスターは現在「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4つのコースで構成されています。最初は「ブロンズ」からのチャレンジとなり、その道のりは長いようにも見えますが、「シルバー」以上の難易度は世界共通基準となっており、世界的にも評価される資格となっています。

フルスタックエンジニアの現状

フルスタックエンジニアは現在も、WEBサイト制作やシステム開発において、さまざまな業務に対応できるオールラウンドなエンジニアとして活躍しています。その大きな特徴はやはり企画、設計、構築、運用と業務のすべてを一気通貫で行えるところにあります。

1つの案件ではHTMLのコーディングを行い、別の案件ではソフトウェアの設計をして、さらに違う案件ではデータベースの構築をするという複数の案件で別々の業務を行うのではありません。

つまり、フルスタックエンジニアはWEBサイト制作やシステム開発の現場において、その案件全体の業務を見渡すことのできるポジションにいるということです。

システム開発の現場の多くでは分業制が採用されています。プログラマー、サーバーエンジニア、ネットワークエンジニアなどその役割に応じて専任者が存在します。もちろんそれぞれのエンジニアたちはそれぞれの分野でスペシャリストとなるはずですが、残念ながら案件全体の業務を見渡すことは難しいでしょう。

案件全体の最適化を図ろうとしても、最適化はあくまでそれぞれの専門分野の領域から外に出ることはないはずです。それがスペシャリストたちの弱みであり、案件全体を最適化できることはフルスタックエンジニアの大きな強みになります。

しかし、近年ではフルスタックエンジニアを募集する求人数自体が減少しているという状況になっています。理由は大きく分けて3点あります。

仕事がハードすぎる

これはその業務範囲が案件全体に及ぶためです。システム開発の単純な工程だけで見ても要件定義、設計、開発、テスト、稼働、運用と工程数が多く、それをすべて1人でこなさなくてはならないので、決して簡単なものでないことは明らかです。

オフショアの影響

オフショアとは海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることです。近年では特に東南アジアでオフショア開発をする日本企業が目立っています。フルスタックエンジニアは開発のスピードと人件費の面で優位に立つ存在でしたが、東南アジアを中心としたオフショアでその優位性が崩れ始めています。

定義が曖昧

フルスタックの定義は今に至っても曖昧なままです。使う側にしてみれば、曖昧なものはどうしても使いにくかったりするものです。他に該当するような職種もなく、人材市場において流動性がないというデメリットもあって少し分が悪いです。

ただ多くのスキルを持っているということが有利であることに違いはありません。広い範囲のスキルがあればそれだけ受けられる仕事の範囲も広くなるということなので、先にも述べました通り、中途半端にならないように気をつけて何事にも向上心を持って取り組みたいものです。

フルスタックエンジニアの将来性

フルスタックエンジニアの要点をまとめながら、その将来性について見ていきましょう。

フルスタックエンジニアはマルチエンジニアのことであり、要件定義から運用まで一気通貫して行うことができるというメリットがあります。そして最近の傾向として新しいIT技術が普及し、WEBサイト制作やシステム開発が以前よりも効率的かつ低コストで実行できるようになったことも大きなポイントです。

WEBサイトのコンテンツ管理や更新作業を効率化する「CMS」、インターネットさえあればシステムの提供・利用ができる「クラウド」など、以前よりもWEBサイト制作やシステム開発の期間、コストなどが削減できるようになり、エンジニアのスキルも重視されるポイントが専門性から対応できる分野の幅にシフトしつつあります。

フルスタックエンジニアの求人案件自体は減っていますが、それはあくまで求人案件に限った話であり、潜在的なニーズが減っているわけではありません。少人数のベンチャー企業や、とにかくスピードが求められる開発現場でフルスタックエンジニアの需要が高くなっているのがその表れでしょう。

もちろん資金やリソースが潤沢ではないという理由もありますが、WEBサイト制作やシステム開発の敷居が低くなった分、今後ますますITサービスに新規参入するベンチャー企業が増えるものと考えられ、それは同時にフルスタックエンジニアのニーズがさらに上昇することを意味しています。

フルスタックエンジニアの未来は、できることの多いフルスタックエンジニアと新たにサービスを始めるベンチャー企業とが的確にマッチできるかどうかにかかっています。

近年におけるエンジニア不足もあり、エンジニア需要は依然として高い状態です。例えば昨今のアプリ開発現場においてiOSアプリとAndroidアプリの双方向へ移植するニーズは常に一定量あります。フルスタックエンジニアの仕事領域をObjective-CやSwift、AndroidやJavaといった案件にまで拡大し、HTML5やJavaScriptまでを含めるのであれば、フルスタックエンジニアは現在最もニーズのあるエンジニアとなります。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。