データベースエンジニアの仕事内容・平均年収とは|役立つ資格一覧


データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアは、データベースの設計や開発から、運用、管理までを担当するITエンジニアです。

勤務先は非常に様々な企業となっており、データベース管理を専門に扱っている企業のみならず、重要なデータ管理を行いながら、必要に応じてデータの保存や取り出しも担当しています。

「ビッグデータ」という言葉がある通り、事業を進めていく上で、データベースの管理は決して欠かせない重要な業務です。こういったデータベースの管理をするためのシステムを構築し、運用して管理するまでが、データベースエンジニアの仕事です。

データベースエンジニアの平均年収

データベースエンジニアが勤務する企業やポジション、個人のスキルや経験年数によって、具体的な年収は異なっています。30代のデータベースエンジニアで、平均年収は大体500万円前後と言われています。

データベースエンジニアは、その他のITエンジニアと比較すると、早い段階から年収が高くなりやすい傾向にあります。20代で450万円程度、40代では650万円程度になります。専門性の高い仕事だからこそ、実現しやすいと言えるかもしれません。

データベースエンジニアに資格は必要?

資格がなくても活躍することができる

データベースエンジニアになるために、絶対に必要な資格というものはありません。スキルさえあれば、まったくの無資格でも活躍することができます。データベースエンジニアとしての適性と、システムの構築や運用に関するノウハウを持ってさえいれば、高い年収を目指すことも十分可能です。

資格があると活躍しやすいこともある

一方で、データベースエンジニアがシステム運用や管理における資格を取得しておくことで、採用されやすくなったり、雇用条件が優遇されやすくなったりすることも少なくありません。特に、国家資格を所有していると、条件の良い契約も結びやすい傾向にあると言えるでしょう。

データベースエンジニアが取得していると役立つ資格一覧

基本情報技術者

国家資格のひとつで、データベースエンジニアをはじめとして、ITエンジニアとして働く人は、是非取得しておきたい資格のひとつです。技術者としての基本的な知識やスキルを証明することができますが、データベースエンジニアに特化した資格ではないので気を付けてください。

CCNA

正式名称は「Cisco Certified Network Associate」。データベースエンジニアが取り扱うことが多い、Oracleの製品に関する技術者認定制度です。難易度ごとに四つのクラスに分類されており、最難関の「platinum」コースは、国際的な認知度も高く、グローバルな活躍をしたいデータベースエンジニアにも向いています。

OSS-DB

こちらは、データベースエンジニアに限らず、オープンソースデータベースに関する様々な知識やスキルをチェックできる試験です。データベース管理において必要な問題がかなり出題されるため、取得しておくことで、就職やキャリアアップをぐっと有利に出来る場合も少なくありません。

MCP

正式名称は「マイクロソフト認定プロプロフェッショナル」です。マイクロソフトの製品もまた、データベースエンジニアとして働く上で、頻繁に取り扱うものです。

そのため、データベースエンジニアとして働くためには是非取得しておきたいスキルの試験です。こちらも世界的な知名度がありますし、情報システム全般に対する理解度を深めるきっかけにもなるでしょう。

データベースエンジニアの需要は?

データベースエンジニアの需要の現状

データベースの管理は、どの企業においても、事業を展開する上で決して欠かすことが出来ません。特に、ビッグデータを取り扱う事業になるほど、データベースエンジニアの重要度は高まるため、求人件数も多く、待遇もITエンジニアの中では良い方だと言えるでしょう。

データベースエンジニアをすることで、専門性を高めると共に、その他のIT分野でも活躍できる実力を培うことが出来るため、高い需要を保っています。

データベースエンジニアの需要の将来性

データベースの重要度は、今後益々上昇する可能性があります。そのため、データベースエンジニアのニーズも高く、実力次第で様々なキャリアを叶えていくことが出来るでしょう。

一方で、データベースエンジニアとしての実力だけではなく、その他のIT分野における幅広い知識やスキルも求められる傾向になっています。どんな企業にとってもデータベースが必要になってくる都合上、システム開発やデーダベース運用以外のスキルを持っている方が、働き口の選択肢が豊富になっていく可能性もあります。

データベースエンジニアに求められるスキル

コミュニケーション能力

データベースエンジニアは、ITエンジニアの中でも、特に他部門との連携が多いエンジニアとなっています。そのため、コミュニケーション力に長けている方が、活躍しやすく、より良質な仕事を展開しやすいと言えるのです。

システムの設計から携わる場合、クライアントからニーズを引き出したり、スケジュールや予算の調整を行ったりすることもありますから、交渉をよりスムーズに行うためにも、コミュニケーション力か欠かせないでしょう。

論理的な思考力

データベースエンジニアには、物事を客観的かつ論理的にチェックできる能力も必要です。リーダーとしてのポジションが確立されていけば、経営的な視点を持って、プロジェクトを遂行していく能力も求められるでしょう。

ビッグデータの的確な運用と、システムの安定した管理のためには、データ戦略における冷静な視点も必要です。プロジェクトをトータルで俯瞰的にチェックできる人ほど、データベースエンジニアとしての適性が高いとも言われています。

データベースエンジニアの一般的なキャリアパス

プロジェクトマネージャー

データベースエンジニアとしての経験を活かし、培ったスキルをフル活用として、プロジェクト全体のマネージメントを担当することができます。

プロジェクトマネージャーには、プロジェクト全体的を俯瞰的にチェックするスキルと、コミュニケーションによって人員配置を的確に行い、スケジュールに沿ったシステム開発を進めていくスキルが求められるからです。

データベースの運用を経験することによって、多くの情報を分析し、必要な取り出し方を学ぶことも出来るため、このキャリアパスを考える人は少なくありません。

ITコンサルタント

ITエンジニアとしての経験を活かし、コンサルタントを目指す人も少なくありません。データベースエンジニアから、まずはプロジェクトマネージャーを担当し、マネージメントスキルをより高めてから、コンサルティングに携わっていく人もたくさんいます。

独立してコンサルタント会社を立ち上げる人もいます。高いコミュニケーション能力と、データベースシステムの管理能力を活用することができます。

データベーススペシャリスト

もちろん、マネージメントやコンサルティングの方面に転向せず、より技術力を高め、データベースエンジニアとしてのスペシャリストを目指す人はたくさんいます。データベースエンジニアは、そもそもが豊富な知識と、高い技術力がなければ、務められない貴重な仕事です。

そのため、エンジニアとしての需要はとても高く、実力が高まるほど、働き口は豊富になりますし、待遇も良くなりやすいです。フリーランスでデータベースエンジニアを続ける人もいます。

データベースエンジニアして働くために

いかがでしたでしょうか。

データベースエンジニアの仕事は、専門的な知識や技術が必要とされる分、重要度も高く、やりがいを感じる人もとても多いです。経験を積み、実力を養っていくことで、様々なキャリアパスも可能になっていきます。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。