セキュリティエンジニアの仕事内容とは|平均年収・資格・スキルなど


セキュリティエンジニアの仕事内容

「セキュリティエンジニア」とは、IIエンジニアの中でも、特に情報セキュリティに対するアプローチをするエンジニアです。セキュリティを意識したシステムの設計から構築、実際に運用するところまで、安定した遂行を担っています。

サイバー攻撃への防止策を提案したり、万が一の際のスムーズな改善もまた、セキュリティエンジニアの仕事です。サイバートラブルへの調査業務も担当するため「セキュリティコンサルタント」と呼ばれることもあります。

セキュリティエンジニアの平均年収

セキュリティエンジニアの平均年収は、勤務している企業や個人のスキルによって大きく異なって来ます。経験が豊富で、高いスキルを持っている人、プログラミングはもちろん、上流工程をよりスムーズにこなせる人ほど、高い収入を得やすいでしょう。

国内企業でも、安定した大手企業で出世すれば、高い収入を目指しやすいですが、特に外資健のIT企業などは、実力次第でより高い収入を獲得しやすくなっています。中には、1000万円を超える年収を稼いでいるエンジニアもいます。

基本的なセキュリティエンジニアとしてのスキルがあれば、大体年収300万円程度からスタートするでしょう。30歳前後で、大体600万円が平均年収です。

セキュリティエンジニアに資格は必要?

資格がなくても働けるけれど役立つ資格はある

セキュリティエンジニアは、決して特定の資格を持っていないと、仕事が出来ないというわけではありません。しかし、知識やスキルの証明に利用できる資格は色々なものがあり、企業によっては、資格を持っていることで採用されやすくなったり、入社後に任せてもらえる仕事内容が変わってきたりすることがあります。

キャリアアップのために、資格取得が有利に働くこともありますし、業務で身に着けたスキルを資格として取得しておくことで、より自らの実力を底上げできることもあるでしょう。

セキュリティエンジニアが取得していると役立つ資格一覧

シスコ技術者認定

シスコシステム社が運営している認定資格で、「セキュリティ」分野の資格を取得しておくと、セキュリティエンジニアとしての業務に活かすことができます。ただし、シスコ技術者検定には四つのクラス分けがあり、難易度の低いクラスに合格しないと、その上の試験を受けることは出来ないので気を付けてください。

最高難易度の「CCIEセキュリティ」は、グローバルなシーンでも通用する、非常に認知度の高い資格です。

CompTIAセキュリティ+

CompTIAが実施しているセキュリティ技術者向けの資格です。こちらもグローバルな認知度を誇るため、海外で活躍したいと考えている人や、外資系企業で働きたいと思っている人に向いています。

ネットワークセキュリティをはじめとして、システムの暗号化や、コンプライアンス、データ保持など幅広いジャンルが試験が構成されています。

情報セキュリティスペシャリスト試験

ITエンジニアの国家資格である「情報処理技術者試験」の中にあるクラスのひとつです。

この試験の中では、トップクラスの難易度を誇り、資格を取得しておくことで、セキュリティエンジニアとしての非常に高い知識やスキルを証明することができます。プログラミングはもちろん、ネットワークにおける様々な知識を問われることになり、合格率もかなり低くなっています。

ネットワーク情報セキュリティマネージャー

セキュリティエンジニアに欠かせない、サイバー攻撃への対処スキルを証明できるのが、このネットワーク情報セキュリティマネージャーです。

ベンダーフリーの資格試験で、所定の講習を受けることで取得できます。ネットワーク上の安定したセキュリティ保持を目指すため、幅広いIT企業で優遇されやすいでしょう。

セキュリティエンジニアに求められるスキル

セキュリティに関する深い知識

セキュリティエンジニアは、企画や提案の段階から、クライアントと相談をすることも多いです。

ネットワークはもちろん、機器類やシステムの運用形態までを詳しく把握した上で、セキュリティを実践していく必要があるため、幅広く、かつ深い知識がなければ、セキュリティエンジニアとして働くことは難しいでしょう。セキュリティを鑑みた、システム設計のノウハウを、正しく取得している必要があります。

セキュリティに特化したシステム開発力

セキュリティを考慮したシステムの開発には、設計から実装まで、幅広い知識や経験が必要になっています。セキュリティ用のプログラミングスキルや、アーキテクチャなどについても、専門的な理解を持っていなければいけません。

システムのセキュリティをチェックする能力

セキュリティエンジニアには、開発したシステムが正確に運用されるために、検査を正しく進めるスキルが必要です。疑似攻撃やソースコードの確認など、より多角的な視点から、システムを確認し、セキュリティに抜けがないか、思いがけないミスから、セキュリティが崩壊してしまわないかなどを、綿密にチェックできなければいけません。

システム運用における対応力

セキュリティエンジニアは、ただシステムを開発すれば良いだけではなく、設計されたシステムが正しく運用するための保守業務も担当します。

システム障害を未然に防げるように、常にシステムをチェックするのはもちろんのこと、各種エラーやサイバー攻撃など、万が一のトラブルに対し、スピーディーかつ的確に対処が必要になっています。臨機応変かつ正しい判断力が無ければ、緊急トラブルに対応できず、折角のシステムがあっても、セキュリティを守れなくなってしまうでしょう。

セキュリティエンジニアがスキルアップしたい時の勉強法とは

サイトで勉強する

セキュリティエンジニアを目指す人向けの、様々な勉強サイトが存在しています。無料で利用できるものも多く、プログラムに実際に触れることが出来るようになっているため、実務が未経験の人が、セキュリティエンジニアとしての就職を目指すときに使用することもあります。

より難易度が高いプログラムに触れられるサイトほど、スキルアップには適しています。解説も細かいところを利用すれば、分からないところも解消しやすいでしょう。

プログラミングスクールに通う

より高いエンジニアとしてのスキルを取得するためには、社会人向けのスクールに通う方法もあります。現役で高いスキルを持っているスタッフの指導が受けられるため、独学で勉強をするよりも、効率良くトラブルを改善していきやすいでしょう。他のエンジニアも参加しているので、刺激も受け取りやすいです。

セキュリティエンジニアの現状

現在に決して欠かせない仕事

「セキュリティエンジニア」は、個人情報の保護が求められる現代において、決して欠かせない非常に重要な仕事です。

企業としても、ISMSやプライバシーマークの取得を目指す場合が増えているため、取得サポートが出来るセキュリティエンジニアは、決して欠かせない存在なのです。

また、クライアントからも、セキュリティシステムの徹底を求められることが増えているため、企画や提案の段階から、セキュリティエンジニアが携わるケースも非常に多くなって来ています。

セキュリティエンジニアの将来性

セキュリティエンジニアは、将来的にも需要が高まっていくと考えられています。情報のセキュリティはより重要度を増していくため、どの企業も、自社のネットワークやシステムにおいて、より高い秘匿性を求めるようになるためです。

ITの専門企業はもちろん、一般企業の運用エンジニアにも、セキュリティ力の高さが求められるようになっています。システム提案の時点から、セキュリティに働きかけることが出来るセキュリティエンジニアのニーズは、依然として高いと言えるのです。

ポイントを理解し「セキュリティエンジニア」に転職しましょう

いかがでしたか?セキュリティエンジニアの仕事は、非常に重要であり、現在の高いニーズは、今後も高まっていくと考えられています。

決して簡単にこなせる仕事ではありませんが、興味を持った人は、是非チャレンジしてみましょう。独学から社会人スクールまで、様々なシーンで勉強することができます。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。