セールスエンジニアの平均年収・求められるスキル|役立つ資格一覧


セールスエンジニアとは

セールスエンジニアとは、技術者としての「エンジニア」を担当しながら、自社のサービスやシステムの「セールス」も担当するSEのことを言います。営業職を担当しながら、システムの開発や運用も行っていくポジションです。

クライアントに対し、自社製品の売り込みを行いつつ、具体的な導入のハウツーを提案したり、システム導入後の様々な運用サポートを進めていきます。

システムはもちろん、IT技術に対する深い知識と技術を持っており、なおかつ営業スキルも高いため、幅広いジャンルのスキルを持っていないと、セールスエンジニアとして働くことは出来ません。

セールスエンジニアの平均年収

セールスエンジニアは、一般的なエンジニアよりは、年収はやや高めとなっています。技術者としての側面に、営業マンとしての側面もプラスで必要になって来るからです。

平均年収は大体661万円で、男性の場合は668万円、女性だと545万円程度が平均となっています。個人のスキルや、勤務先の規模、年齢や経験によっても、具体的な年収の金額は変動してきます。

セールスエンジニアに資格は必要?

資格よりもスキルが重要

セールスエンジニアは、決して特定のスキルがないといけない職種ではありません。まったく資格を持っていなくても、セールスエンジニアとして華々しい活躍をしている人はたくさんいます。

むしろ、営業職と技術職という二つの側面を持っているため、資格よりもスキルや経験の方が重要視されやすい傾向にあります。

セールスエンジニアが取得していると役立つ資格一覧

もちろん、セールスエンジニアにとって、資格もまったく意味がないわけではありません。むしろ、持っていることでスキルの高さや、知識の深さを証明できるものもたくさんありますから、良い条件での雇用や、キャリアアップへの後押しになることもあり得ます。

基本情報技術者試験・応用情報技術者試験

IT業界では、多くの人材が取得するこの資格。認知度も高く、IT業界で働こうというモチベーションの高さをアピールする材料にもなるでしょう。

この二つの資格は、技術だけではなく、経営や管理のジャンルにおける知識力も証明することが出来るため、セールスエンジニアにぴったりというわけです。

ITストラテジスト試験

経済産業省が認定している国家資格のひとつで、エンジニアとして非常に高いスキルや知識を持っていることを証明できます。

企業が経営戦略をするために必要な知識はもちろん、ビジネスモデルにIT技術を取り入れるための方法なども、この資格なら証明することが可能です。

クライアントに対する、業務の改善提案をすることにも役立ちますから、セールスエンジニアから、将来はコンサルタントとしてのキャリアパスを考えている人から人気があります。

セールススキル検定

こちらは国家資格ではありませんが、営業マンのセールススキルをチェックできる検定であることから、幅広い業界の営業職の人が受けています。IT業界における認知度も高く、セールスエンジニアを目指しているエンジニアが、ここから営業スキルを養っていくというケースもあります。

基本的な営業におけるマナーはもちろんのこと、相手との関係性を構築する方法や、スケジュールの提案方法など、知識とスキル、判断力まで、幅広く測定することが出来るでしょう。初心者は三級からスタートし、より高い実力を身に着けるときは、一級にステップアップしていくのがおすすめです。

セールスエンジニアに求められるスキル

コミュニケーション力

エンジニアとしても、セールスマンとしても、他者とのコミュニケーション力は無くてはならないものと言えます。同じ職場内のスタッフ同士でのコミュニケーションはもちろん、クライアントや営業相手と、円満な人間関係を構築していくことは、セールスエンジニアとしての要です。

セールス力

セールスエンジニアにとって、営業力の高さは決して欠かせません。エンジニアとしての実力だけではなく、開発したシステムを提案し、売り込む能力がなければ、セールスエンジニアとしての仕事を完遂することは出来ません。

セールスエンジニアの現状

セールスエンジニアのニーズは、とても高い水準にあります。IT業界の発展と、エンジニアのニーズが高まっていることで、システムの売り込みが出来る人材はとても重要なのです。折角開発したシステムも、提案しているサービスも、買ってくれる相手がいなければ話になりません。

導入後のメンテナンスをはじめとして、トータルの管理が出来るセールスエンジニアは、クライアントからの信頼を勝ち取る面でも、重要な役割を果たしてくれるのです。

セールスエンジニアの将来性

セールスエンジニアのニーズは、今後も高まっていくと考えられます。

高いIT技術と知識を持っているセールスエンジニアが、売り込みまでをトータルで担当し、サービスの提案から、システム運用後のメンテナンスまで担当する、という一貫した流れを希望する企業は、IT技術が重要になって来る今後は、更に多くなって来ると考えられるからです。

セールスエンジニアになりたい人へ

いかがでしたでしょうか。

セールスエンジニアは、より多方面のスキルを養わなければいけないため、簡単な仕事ではありません。その分やりがいもあり、待遇が良いところも多いです。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。