サービスエンジニアの業務内容・平均年収とは|役立つ資格一覧


サービスエンジニアとは

サービスエンジニアとは、日々生活の中でユーザーが抱えている機械製品の問題やトラブル等を解決に向けて対応をするエンジニアの事です。

代表的なものは以下の3つです。

・機械や製品の設置
・機械や製品の障害対策
・機械や製品のメンテナンス

まず1つ目の「機械や製品の設置」ですが、やはり初期導入のような場合、配線のトラブルや起動のトラブルが起こりうります。こういったトラブルが発生した場合、サービスエンジニアが解決に導きます。

2つ目の「機械や製品の障害対策」これは機器や、製品等を導入後のシステム上のフリーズや、操作ミス等、稼働時に起こりうるトラブルの対応にあたり、解決に導きます。

3つ目の「機械や製品のメンテナンス」はシステムやソフトが何らかの不都合な事象が起こる前に未然に防ぐ役割を果たすのもサービスエンジニアの職務です。

サービスエンジニアの平均年収

年代によっても異なりますが、20代~40代までの総合平均としては、約440万円前後になります。

しかし、企業によってはその役割と責務が違う為、最高4000万円~最低150万円のふり幅もあるようです。サービスエンジニアと一言でいっても、企業に求められるスキルは各々違う事が多い職種だといえます。

サービスエンジニアの業務はきつい?

仕事の性質上機械・システム等のトラブルが起こる事象は、不特定です。その為、休日や、深夜など問わず365日24時間体制で顧客やユーザー等に呼び出される場合があります。

それに対応するための出張も多く、肉体的な苦しさがあります。30代から50代までが限界ともいわれ、40代後半から50代以上になると、社内での売り上げや経営活動に仕事をシフトチェンジして視野を広げていく方が多いです。そういった意味では、技術面よりも肉体的な辛さがあるようです。

サービスエンジニアに資格は必要?

サービスエンジニアには資格はいりません。

しかし、IT・技術関連の卒業者や、実務で専門技術のスキルがある経験則が必要とされる場合はあります。未経験者や初心者ではやはり顧客が言いたい事を技術的に解釈をし、トラブルへの早期解決に導くのは少し困難を催します。

ある程度の専門技術ば身に付けておくと、問題に対する解決もスムーズにいくと思います。未経験者や初心者でも、実戦を通して、スキルを上げる事はできるので、経験を積む事をお勧めします。

サービスエンジニアが取得していると役立つ資格一覧

国家試験になると以下の試験を取得しているとサービスエンジニアとして、より専門的な領域に踏み込むことができるようになります。

・ITサービスマネージャー試験
・基本情報技術者試験
・応用情報技術者試験
・情報セキュリティスペシャリスト試験
・ITパスポート試験

サービスエンジニアの現状

IT技術が目まぐるしく進化している現代社会で、専門的に扱える人達はとても重宝されます。サービスエンジニアは広い知識を必要とし、ユーザーが困難に直面した時一番近くに寄り添う事が出来るポジションにあるといえます。

その為、ユーザーが機械やシステム等に不信感や不満を抱いた時、ユーザーがその不満をサービスエンジニアにぶつけてくる場合がよくあります。未経験者がサービスエンジニアになった場合、「理想とちがっていた」という現実とのギャップを感じる方が多いようです。

しかし、こうした顧客の不満や機械のトラブルの一つ一つの積み重ねが、サービスエンジニアとして成長させてくれる意見でもあり、レベルの高いサービスエンジニアへの近道であるともいえます。

サービスエンジニアの将来性

IT技術は今後急速に進化や技術的発展を進めていくと思われます。それにともない、それを使用するユーザー側も知識やスキルも高まってきています

しかし、中途半端な知識ゆえに、障害対応に時間を催す事があります。それをサービスエンジニアが迅速に正しく対応するという状況は今後増えてくるでしょう。その際に、サービスエンジニアのコミュニケーション力が問われる事になるります。

どのような状況でその問題が起きたかなど、ヒアリングの能力が必要です。具体的な知識や操作スキルよりも、どれだけ顧客やユーザーに寄り添えるかが今後の重要なポイントになってくるでしょう。

サービスエンジニアのやりがい

サービスエンジニアは常にユーザーと寄り添って機械のトラブルを解決に導いています。

やはり、ユーザーが抱えるトラブルを自分の立場で考え、何度もあきらめずに挑戦し、調べ、問題点が解決した時。顧客に「ありがとう」と言われる一言は何よりも嬉しい瞬間でしょう。

どれだけ技術や時代が進んでも、顧客との信頼関係はサービスエンジニアにとっても、とてもやりがいを感じる職業だといえます。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。