【職種別】「ITフリーランス」の年収とは|魅力や特徴など


ITフリーランスになると年収は上がるのか?

IT関係は、フリーランスで働く人が多い業界のひとつです。特にエンジニアやプログラマーは、会社から独立し、フリーランスで生計を立てるキャリアプランを構築している人が多い傾向にあります。

一般的に、フリーランスになることで、収入が上がるケースは少なくありません。それはどうしてなのでしょうか?

実力に見合った報酬を受け取りやすくなる

会社員として、企業に所属して働いていると、個人の報酬を支払うのは会社です。そのため、高いスキルを持ったITエンジニアであっても、規定内の報酬しか受け取れないことがあります。

フリーランスとして独立することによって、実力次第でどんどん難しい案件をこなすことができますし、働きに見合った報酬を、案件ごとの単価で受け取ることができます。

年収が上がるのは、月収制ではなく、単位制になるため、案件ごとに実力に見合った支払いを受け取りやすくなるからです。

やる気次第で仕事を増やすことが出来る

ITフリーランスになることで、やる気次第でどんどん仕事を増やすことができます。常駐先を持って働きながら、単発の仕事を受注することも可能です。

完全在宅で働くプログラマーやエンジニアであれば、更に自由度の高い仕事が可能になるでしょう。年収アップのためのアプローチが、会社員時代よりもより幅広くなるため、年収を上げるチャンスが増やしやすいとも言えます。

自分が得意な仕事に集中しやすくなる

会社に所属していると、どうしても得意ではない仕事をこなさなくてはいけないことも多いです。社内の人間関係を構築したり、教育をはじめとした様々なポジションを担当しなければならず、効率良く収入に結びつかないこともあるでしょう。

フリーランスになることで、自分の得意な仕事に集中して取り組みやすくなります。会社という所属がない以上、個人の責任に関わる案件をこなせば良いのが基本なので、より効率よく稼ぎやすい仕事に的を絞れるため、結果として年収も上がりやすくなるのです。

ITフリーランスの年収一覧

システムエンジニア

フリーランスのシステムエンジニアの年収は、平均で700万円から1000万円程度となっています。月収が大体60万円から90万円程度のシステムエンジニアが多くなっています。

参考として、会社に所属しているシステムエンジニアの年収平均が、大体600万円程度です。所属している企業や個人のスキル、年齢や役職によっても異なって来ますが、フリーランスの方が稼いでいる金額が圧倒的に高いと言えるでしょう。

プログラマー

フリーランスのプログラマーの平均年収は、およそ600万円程度となっています。会社員のプログラマーの場合は、大体500万円前後となっているため、やはりフリーランスの方が年収は高い傾向にあると言えるでしょう。

ただし、プログラマーは個人の実力と、案件の難易度によって、更に年収に幅が出やすい仕事でもあります。プログラミングに特化して、より高い実力を持っている人は、更に高い年収を誇るパターンもあります。

一方で、プログラミングのみを担当していることで、担当案件によっては、年収が100万円前後になってしまうフリーランスの人も少なくありません。

ネットワークエンジニア

フリーランスのネットワークエンジニアの平均年収は、600万円から700万円程度となっています。常駐案件が多く、更に長期の案件に及びやすいため、実力や経験に信頼を持ってもらえると、より高い年収を取得しやすいと言えるでしょう。

フリーランスであっても、長期案件が多い傾向にあるネットワークエンジニアは、ITエンジニアの中でも、フリーランスに安定があり、メリットを得やすいと言われています。

データベースエンジニア

フリーランスのデータベースエンジニアの年収は、大体500万円から600万円程度となっています。会社員のデータベースエンジニアで、大体400万円から600万円程度なので、やはりフリーランスの方が年収はやや高めだと言えるでしょう。

データベースエンジニアの場合、資格の有無によって、より高額の案件や常駐先を見つけやすい傾向にもあります。汎用的なデータベースの操作スキルと、製品に関する知識を持っている人ほど、高い年収を目指しやすい仕事だと言えます。

webエンジニア

フリーランスのwebエンジニアの年収は、平均でおよそ500万円から700万円程度となっています。オンラインメディアをはじめとして、様々なwebシステムが登場するようになった現代において、webエンジニアは非常にニーズの高い仕事です。

そのため、常に人材不足が起きている現場も少なくなく、フリーランスになった場合でも、高単価の仕事を探しやすいと言えるでしょう。

未経験からwebエンジニアにチャレンジする人も多く、副業としてプログラミングからスタートする方法もあります。

フリーランスマークアップ/フロントエンドエンジニア

前述したweb制作に携わるエンジニアのひとつが、「マークアップエンジニア」や「フロントエンドエンジニア」です。

HTMLやCSS、JavaScriptなどを用いて、web制作を行うのがメインの仕事であり、フリーランスで働いている人が多い仕事のひとつでもあります。未経験からチャレンジする人が多い傾向にあるのも、この「マークアップエンジニア」や「フロントエンドエンジニア」ですね。

フリーランスマークアップやフロントエンドエンジニアの平均年収は、フリーランスで大体500万円前後となっています。マネージャーやディレクターとして働くことが出来ると、更に年収が高くなり、フリーランスで年収1000万円を超える人もいます。

制御・組み込みエンジニア

フリーランスの制御・組み込みエンジニアの平均年収は、およそ600万円前後となっています。取扱いの言語によって、フリーランスでも年収に差が出やすく、C言語を取り扱っているエンジニアで、大体660万円前後が平均年収です。

アセンブラのみの場合は、C言語よりもやや低くなり、およそ570万円くらいだと言えるでしょう。

制御・組み込みエンジニアは、案件自体は多く、仕事は多い一方で、若手のエンジニアが少なく、年々エンジニア数が減っていると言われています。

開発の言語では、若手スタッフの不足に悩むシーンが多いため、経験が浅く、スキルにやや不足が残っても、思い切ってフリーランスになりやすい仕事のひとつだとも言えるでしょう。

テストエンジニア

フリーランスのテストエンジニアの平均年収は、大体400万円から500万円程度となっています。

テストエンジニアの場合、現場によって求められる仕事の内容やスキルが大きく異なって来るため、平均年収にも幅があり、800万円以上の年収を得ているエンジニアもいれば、200万円程度のテストエンジニアも少なくありません。

また、テストエンジニアは、システムエンジニア業務と兼業されていることも多いです。専門にテストエンジニアを担当しているのではなく、システム開発のエンジニアと並行して働いている場合、平均年収は前述した金額よりも、やや高くなる傾向にあります。

また、テストエンジニアは外資系の企業や、海外企業の方が、より高い年収を得やすいでしょう。

ブリッジSE

フリーランスのブリッジSEの平均年収は、およそ500万円から800万円程度となっています。フリーランスのITエンジニアの中では、ブリッジSEは年収が高い傾向にあります。

これは、一般的にシステム開発を行うエンジニアに加えて、外国企業と日本企業の橋渡しを務める役割があり、語学力や現地文化の理解、異文化コミュニケーションなど、より多彩なスキルや資質が求められるためでしょう。

また、ブリッジSEが活躍することが多い外資系の企業や、海外との連携案件は、平均して報酬が高く設定されていることも多いため、これも平均年収の高さに関係して来ています。常駐先や個人のスキル、経験によっては、年収が1000万円を超えるフリーランスのブリッジSEも少なくありません。

プロジェクトマネージャー

「PM」と略されることも多いプロジェクトマネージャーは、フリーランスの平均年収が大体550万円から650万円程度となっています。ITフリーランスの中では、リーダーや管理を務めるポジションであるため、やや高めと言えるでしょう。

現場やスキル、経験によっては、年収が1000万円を超えているフリーランスのプロジェクトマネージャーも少なくありません。プロジェクトを重ねていくごとに、経験によってスキルが高まっていくため、年齢による年収差も大きいと言えるでしょう。

マネージメントスキルが身に着くため、フリーランスでプロジェクトマネージャーを経験したあと、会社を立ち上げるという人もいます。

IT業界のフリーランスとして働くために

いかがでしたか?IT業界は、フリーランスとして働く人も多く、自分次第で様々なワークスタイルを選択できるのが特徴です。

フリーランスには、メリットもデメリットもありますが、やはり自分の実力次第で、キャリアアップを目指しやすいという魅力は大きいでしょう。実力を活かし、より高い年収を目指したい人にとっては、フリーランスはうってつけの働き方とも言えます。

ただし、年収をアップさせる方法は、人によって適しているものが様々です。資格を取得したり、より安定した常駐先を探したり、高単価の案件をたくさん取るようにしたり、方法やアプローチも変わって来ます。

重要なのは、あなたにぴったりのルートを模索し、より効率良く稼ぐ方法を知ることかもしれません。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。