ネットワークエンジニアの案件内容|平均単価・高単価の案件を取るコツ


フリーランスのネットワークエンジニアの案件内容とは?

フリーランスでネットワークエンジニアを担当している人はたくさんいます。しかし、実際にはどのような仕事内容を担当することになるのでしょうか?もちろん、勤務先や個人によっても異なって来ますが、主な業務内容についてチェックしてみましょう。

ネットワークの設計

ネットワークエンジニアにとって、まず重要な仕事は、顧客ニーズに応じたネットワークを設計することです。クライアントがどのようなシステムが欲しいと思っているのかをヒアリングして、要望に合わせたシステムを作り上げていきます。

基本的には、一からすべての内容を構築していくことになるため、ネットワークのインフラ事情を正しく、かつ深く理解している必要があります。

ネットワークの構築と保守

ただシステムを設計するだけではなく、実際に構築や保守を担当するネットワークエンジニアもとても多いです。特に常駐のフリーランスで働いている場合は、設計したシステムを構築し、保守を続けていくところまでを、一括で任されることも多いでしょう。

構築とは、大まかに言うと、通信回線や機器、サーバーなどを用意し、設置して、問題なくシステムを稼働させ、確認をすることです。

保守はこうして構築されたネットワークが、トラブルに見舞われないかを定期的に確認し、トラブル発生時は対処をすることです。機器の故障や不具合に対し、スムーズな対処を行います。サーバーエンジニアの仕事に近い業務を担当するケースも多くなっています。

ネットワークの監視と運用

正しくネットワークが運用されているかどうか、監視ツールを活用して、都度確認しておくのも、ネットワークエンジニアの仕事です。

勤務先によりますが、open viewやSNMPマネージャーを用いて、監視や運用をしているフリーランスのネットワークエンジニアは多いですね。システムトラブルや、ネットワーク機器のダウンなどが発生してしまっていたら、業務にとって大きなダメージになってしまいます。

勤務先の収入に直結にするトラブルになりかねないため、スピーディーな対応が求められます。

システムの設計や構築よりは、やや難易度が低い仕事内容になってくるため、ネットワークエンジニアとしての経験が浅かったり、初めてクライアントと仕事をするフリーランスであっても、任されやすい仕事になる傾向です。

ネットワークエンジニアのフリーランス案件の平均報酬単価と相場

フリーランスのネットワークエンジニアの収入は、個人のスキルや経験値、クライアントによって異なって来ます。常駐案件を担当するネットワークエンジニアが多いため、勤務先によって金額に差も出やすいでしょう。

大体、一人前のネットワークエンジニアで、月収が60万円前後が平均となっています。年収だと、650万円から700万円前後が相場です。スキルが高かったり、複数のクライアントを掛け持ちしていたりすると、収入も高くなりやすく、月収100万円、年収は1000万円をこえるフリーランスのネットワークエンジニアも少なくないでしょう。

フリーランスのネットワークエンジニアとして安定して高単価で働くコツ

フリーランスで働くメリットとは、やはり裁量次第で高い収入も目指しやすいところにあります。ネットワークエンジニアが、フリーランスでより高単価の案件を受注するためには、どんなポイントを意識すれば良いのでしょうか?

信頼される実績を増やす

フリーランスで働いている場合、これまでの実績によって、より高単価の案件が取りやすいです。初めて仕事をするクライアントにとっては、やはりこれまでの実績がより充実しているエンジニアほど、信頼もしやすいですし、高単価の重要な案件でも、安心して任せやすいでしょう。

どんなに実際は高いスキルがあったとしても、実績がまったくないエンジニアに対し、高単価を支払うような、重要度の高い案件は任せるリスクもまた上がってしまいやすいからです。実際の単価交渉のフェーズに移ったときも、実績がしっかりしているほど、高額に交渉しやすいでしょう。

有名なクライアントの仕事を受注することや、難易度の高い仕事をこなしておくことも重要ですし、誠実な仕事を実現することも大切です。

投げやりな仕事をしていたり、クオリティの低い仕事をやりっぱなしで業界を渡り歩いていると、どうしても評判はついてきてしまいますし、実績としても弱くなりがちです。

短い案件を、短期スパンで繰り返すよりは、安定した長期案件をこなしている人の方が、ネットワークエンジニアとしての実績は上がりやすいでしょう。

資格を取得する

ネットワークエンジニアは、資格がなくても果たせる仕事ばかりです。特にフリーランスの場合、実力によって報酬も変わって来ます。

しかし、難易度の高い資格を取得しているネットワークエンジニアは、やはり信頼されやすいです。それだけの知識とスキルを証明できるわけですから、重要な案件も、クライアントが任せてくれやすいのです。

派遣会社をはじめとして、IT業界に特化した仲介業者を利用する場合は、やはり資格の有無によって、より条件の良い案件を紹介してもらいやすくなるのです。

フリーランスのネットワークエンジニアが仕事をとる方法

実際に、フリーランスのネットワークエンジニアとして働き始めるためには、どのようにして仕事を取れば良いのでしょうか?主な案件の取り方について、チェックしていきましょう。

これまで働いていた会社の案件をこなす

正社員や契約社員として、ネットワークエンジニアをしていた企業から独立し、今度はフリーランスとして働き始める人は少なくありません。

勤務スタイルも自由度が増しやすいですし、業務内容によって色々な働き方がしやすくなりますから、これまでと同じ仕事を担当していても、フリーランスの方がメリットが大きいと感じるパターンは、決して少なくないのです。

フリーランスになった方が報酬が高くなることもありますし、その他の業務も、会社の仕事と並行して行うことも出来ます。会社員だと、どうしてもネットワークエンジニアの仕事以外の業務が発生してしまうこともありますが、より自分の得意な業務に集中できるというメリットもあります。

クラウドサービスを利用する

クラウドサービスによって発注されている案件に応募して、仕事を取っていく方法もあります。単発の案件から、長期的な常駐の仕事まで、様々な選択肢が取れます。IT業界は、特にオンラインを活用した採用事業ら積極的な企業が多いため、クライアントの獲得はしやすい傾向にあるでしょう。

クラウドサービスも種類が豊富で、利用しているクライアントやエンジニアも、サービスによって様々です。報酬はもちろんのこと、仕事内容やクライアントの傾向にも差があります。

ネットワークエンジニアに特化しているところもあれば、IT業界以外の仕事を募集しているところもあるため、自分のタイプと、キャリアビジョンに合わせたサービスを利用するようにしたり、複数のサービスを同時にチェックできるようにしておくと良いでしょう。

マッチングサービスを利用しよう

自分のネットワークエンジニアとしての情報を登録しておくことで、案件やクライアントを紹介してもらえるマッチングサービスもあります。

IT業界に特化した紹介サービスも豊富ですし、より細かく実績やスキルを登録できるところも多いです。

良質な案件のみに絞って紹介してくれるところも多いですし、面接やレジュメの作成をサポートしてれくるところもありますから、クライアントとの交渉が苦手な人でも、よりスムーズにフリーランスとして働き始められる可能性があります。

マッチングサービスによって、登録にお金がかかるところもあれば、交渉や修業後のサポートまで、一切無料で利用できるところまで様々です。実際に使い始める前に、サービスごとの比較検討は徹底するようにしてください。

フリーランスネットワークエンジニアの現在の動向と将来

ネットワークエンジニアがフリーランスになると、どのような現状に突入することになるのでしょうか。また、将来的には、フリーランスのネットワークエンジニアを取り巻く状況は、どのように変わっていく可能性があるのでしょうか?

人材は不足気味の傾向にある

フリーランスで働いているネットワークエンジニアは、現在はどこも不足気味になってします。

すべてのシステムの土台を支えているエンジニアであるため、非常に重要な存在ですが、ネットワークやサーバー全般に対する、深い知識とスキルが必要とされるため、フリーランスで安定した稼働が出来るまで、実力を高められている人が少ないのです。

そのため、フリーランスの人材を欲しているクライアントは多く、常に人員不足気味という状況が生まれてしまいます。

今後ニーズはより高まっていく

既に、スマートフォンやタブレットなどを使い、社内外から様々な方法でネットワークを駆使する時代に突入しています。今後は更に、安定したネットワーク環境が求められる傾向になるでしょう。

また、サイバー攻撃の激化に伴い、個人から企業としてまで、セキュリティ対策がより重要になって来ます。大小様々な規模のクライアントから、セキュリティに対する業務も発生してきます。

そのためには、ネットワークエンジニアとしての高い知識とスキルはもちろんのこと、時代に即した新たな技術も求められて来るでしょう。今までに確立された技術だけでなはく、攻撃をしかけてくる敵の状態を研究し、迅速かつ的確な対処方法を提案できるようにならなければいけません。

また、将来的には、現在よりも更にクラウド化が進むと考えられています。利用者への負担が少なく、どこからでも重要なやり取りが可能になるからです。そのため、クラウド技術に対する適応も、ネットワークエンジニアに求められる将来像だと言えるでしょう。

ネットワークエンジニアとしてフリーランスで働くために必要なスキル

ネットワークエンジニアが、フリーランスのスタイルに繰り替えるためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか?

ネットワークやサーバーに関する深い知識とスキル

フリーランスの業務では、既にある程度のスキルがなければいけません。ネットワークはもちろんのこと、サーバーやインターネットに関する知識とスキルは、一定のものが求められると考えましょう。

ネットワークエンジニアとしては、既にITUで規格かされたWAN系の知識は必須です。ADSLや広域イーサ、IP-VPNやATM、CATVもそうですね。

更に、主にIEEEで規格化されている、LAM系の知識も欠かせません。無線PANやルーティング、イーサネットやスイッチ、TCP/IPなどです。

その上で、インターネット系の知識も重要になって来ます。IETF生まれで、もう業界基準となっている知識を持っていないと、最新のネットワークに対応できないからです。DNSやメール、WWWサーバーはもちろんのこと、アプリケーションサーバーやアクティブディレクトリに関する知識も求められます。

コミュニケーション力

ネットワークエンジニアは、他のセクションのスタッフと関わることが非常に多くなっています。システム設計ひとつとっても、クライアントとのやり取りから、その他の開発エンジニアとのやり取りまで、相手のニーズをくみ取り、自分の意見やオーダーを的確に伝えるスキルが欠かせません。

直接のやり取りはもちろんのこと、オンライン会議や電話、メールなどを通したとき、お互いのやり取りをスムーズに行えなければ、納期までに業務を完了させることが出来ず、フリーランスとしての信頼を失ってしまうこともあり得ます。

また、ネットワークエンジニアは、フリーランスのエンジニアの中でも、圧倒的に常駐案件が多い仕事になっています。

そのため、同じ職場内の人とのコミュニケーションがきちんとできる人ほど、重宝されやすい傾向にあるのです。大規模な人数とのプロジェクトチームになることは少ない傾向にありますが、それでも、連携力が高い人ほど、その他のスタッフとの調整がしやすく、クライアントとしては評価しやすいのです。

コミュニケーション力だけで仕事が決まってしまうことはあまり多くないかもしれませんが、一方で、同程度の経験値とスキルのネットワークエンジニアがいた場合、どちらかを取るときにコミュニケーション力が決め手になる可能性も低くありません。

論理的かつマクロ的な思考力

ネットワークの設計から、運用のトラブルに際してまで、ネットワークエンジニアは常に論理的な思考力がないと務まらない仕事です。

正常に稼働しているときのシステムと、トラブルが発生したときの流れを、正しくスピーディーに把握し、比較検討やトラブルの種類の確定、ポイントの把握が出来なければ、フリーランスで働くことは難しいでしょう。

また、ネットワークエンジニアの活躍現場がグローバル化され、海外拠点とのネットワークを担当することも増えてきた時代なので、マクロ的に全体をきちんと把握できる人ほど、活躍しやすい傾向にもなってきています。

ネットワークのリーダーやプロジェクトのマネージャーなどと業務の調整を行うこともあるため、全体的な観察力も重要になってきているのです。

フリーランスのネットワークエンジニアは在宅ワーク可能?

クライアント先に常駐で働くフリーランスのネットワークエンジニアもいますが、在宅で仕事をこなしているエンジニアもたくさんいます。

特に、システムの設計セクションに関わるネットワークエンジニアの場合は、発注やチェックなどのフェーズ以外では、基本的に在宅での開発作業というケースも珍しくありません。

また、監視ツールの仕様によっては、出社はあまり多くなく、半在宅で仕事をすることもあります。どのセクションの業務に、メインで携わって来るかによって、フリーランスのネットワークエンジニアが、在宅業務が可能かどうかが変わって来ます。

ネットワークエンジニアがフリーランスとして働くときの請求書の作り方

フリーランスで働くとき、請求書がきちんと作れることはとても重要です。これが出来ないと、フリーランスとしての収入を得ることが出来ません。

納品物は、開発したシステムです。あるいは、品目が「システム構築」や「システム保守」になることもあります。契約した単価を記載してください。

また、合計額は消費税を含んだ金額にしましょう。クライアントによって、外税と内税が異なってくるため、発注書を確認してください。

また、振込に発生する手数料についても、前もって確認しておきましょう。

独立という働き方ってどうなの?

  • 独立すると年収が上がる?
  • 安定して仕事はある?
  • 独立は保険等の自己負担が大きそう
会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

Midworksなら…

  • 年収が上がる
  • 安定した仕事の受注
  • 正社員同等の保障
独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。